【BHG超市】肉夾[食莫]

【BHG超市】肉夾[食莫]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中華バーガー
肉夾[食莫](rou4jia1mo2)
P1180936.jpg
【データ】とき:11月12日/ところ:SOLANA・BHG超市(BHGマーケットプレイス)/ねだん:?元(一桁でした)

久しぶりに外食の予定のなかったある日、
会社帰りに立ち寄ったBHGマーケットプレイスで
こんなのを見かけてしまった。

西安名物、肉夾[食莫](rou4jia1mo2)。
ほろほろになるまで煮込んだお肉と尖椒と香菜を
まな板の上でダカダカダカッと粗みじんにして、
それをイングリッシュマフィンのような無発酵パン、[食莫](mo2)にはさんだもの。
中華風のハンバーガーである。

これがね、最近食べたいと思っていたのだ。
なぜかというと、
毎朝地下鉄の駅前で
「肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!」
と連呼する肉夾[食莫]売りの自転車屋台が店を出しているから。
それも一つや二つではない。
肉夾[食莫]売りは五六人はいるだろうか。

どの売り子もみな一様に
ドラム缶を改造した保温容器の上に肉夾[食莫]を並べている。
じっくり見たことがないので断言は出来ないが、
どの肉夾[食莫]売りが売っている肉夾[食莫]もまったく同じ品物。
自分が作っているのではなくて、
売り子が同じところから仕入れてるんだろうなあ。

それをまた同じ場所でみんなして雁首そろえて売ってるっていうところが
また不思議だ。
中国の人って、どうしてこう誰もかれもが
同じところで同じものを売ろうとするんだろう。
別のものを売るとか、
別の場所で売るとかいう発想にならないところが面白い。

話がそれた。
この朝の肉夾[食莫]は、
魚肉ソーセージのような
見るからに不健康そうな色の物体が[食莫]にはさまれていて
さすがに食指が動かない。

ただ、売り子たちの
「肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!」
がすっかり頭にこびりついていたのだろう。
BHGマーケットプレイスで肉夾[食莫]を見かけたら、
素通りできなくなってしまった。

それでお買上げ。

P1180935.jpg

無発酵パンの[食莫]はポソポソ、カスカスというと聞こえは悪いが、
私はそのスポンジみたいな軽さが意外に好きだ。

中に挟まれた具は、
本来ならほろほろと崩れるくらいによく煮込まれたお肉で、
甘辛醤油の味がよくしみている。
尖椒の辛さと香菜の風味がアクセントになって食べあきない。

中戯留学時代
帽児胡同の実験話劇院(今の国家話劇院)より少し東寄りに生えている木の下に
肉夾[食莫]の屋台が出ていて、
そこの肉夾[食莫]を食べた。
例によって記憶の美化作用かもしれないけど、
あの屋台の肉夾[食莫]はおいしかったなあ。

が、このスーパー版肉夾[食莫]は、
おいしくないとは言わないけれど帽児胡同の屋台のには及ばなかった。
だって、そもそも煮込み肉じゃなくてハムなんだもの。
あのほろほろと崩れるくらいによーく煮込まれたお肉じゃないと
やっぱり気分が出ない。

ショッピングモールの地下スーパーで
あの愛すべき野暮ったさを求めるのは所詮無理な話?

ああでも、毎朝毎朝、
「肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!肉夾[食莫]!」
の連呼を聞いていると妙に刷り込まれてしまっていけない。
さすがに屋台はコシが引けるので、
今度はローカルスーパーの横にあるテークアウト店で買って食べるとしよう。

***

ところで、この「肉夾[食莫]」という名前、
文法的には間違っているんだそうな。
この名前を素直に解釈すると、
肉がバンズを挟むことになってしまう。

もちろんその逆だから、
ホントは「[食莫]夾肉」になるはず。
ネット情報によると、
なんでも古代中国語の「肉夾于[食莫]」から来ているらしい。
西安と言えば、唐代の都、長安。
古代中国語が庶民の食べ物の名前に残っていても、
まあ不思議ではないか・・・と納得してガブリ。


■お店情報■
BHGマーケットプレイス
北京市朝陽区朝陽公園路6号SOLANA(藍色港湾)地下1階
010-5905-6808

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
肉夾莫(ろぅじゃぁもぅ)
肉夾莫(ろぅじゃぁもぅ)、大阪の中国料理店で、お店の方の勧めで食べました。
中国風ハンバーガーですね。
私が食べたのは、猪肉たっぷりのものでした。
但し、メニューには「肉夾膜(肉のフィルムクリップ)」という、意味不明?の記述がありました。
URLに写真を載せています。
2個で、700円でした。
2009/12/12(土) 04:55 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
日本でも売ってるんですね。
肉のフィルムクリップは、「膜」の字を入力ミスし、その上に自動変換?というミスの二連続という哀しい結果ですね。
しかし、2個で700円ですか!
日本の物価を考えるとそうなるのでしょうが、こちらでの値段を考えるとやはり高い!
2009/12/13(日) 02:08 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。