【貴州省駐京弁餐廳】花江狗肉

【貴州省駐京弁餐廳】花江狗肉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

犬肉鍋
花江狗肉(hua1jiang1 gou3rou4)
P1180781.jpg
【データ】とき:11月4日/ところ:和平西橋・貴州省駐京弁餐廳/ねだん:96元(1斤)+タレ1つ5元

この日のターゲット料理は、花江狗肉(hua1jiang1 gou3rou4)
貴州省関嶺布依族苗族自治県の花江鎮というところの料理が起源なので、
この名がある。

花椒(中国山椒)、生姜、陳皮、八角、山奈(さんな)、砂仁、ミント、
それから犬肉の臭みを取るための薬草などと一緒に
犬肉をとろ火で煮込む。
濃厚なスープに仕上げるために、途中で水を足すことはせずに煮詰めていく。
八九割がた火が通ったら肉を取り出して薄くスライス。

P1180776.jpg

ここまでが下準備。

花江狗肉を頼むと、
このスライスした犬の肉とスープが一緒にテーブルに並ぶ。

スライス肉を薬味の入ったスープに入れ、
肉に完全に火が通ってあたたまったらもう食べごろだ。

P1180779.jpg P1180780.jpg

糊辣椒やら葱やら胡椒やらの調味料とたっぷりのおろしニンニクが入った
複雑にして豊かな味わいのタレをスープで溶き、
犬肉をつけて食べる。

スープで犬肉を煮る(実際にはあっためる程度だけど)時には、
他に野菜を入れてもいい。
特にオススメなのが、この野菜。

狗肉香(gou3rou4xiang1):22元
ミントの葉

P1180791.jpg

ミントは中国語では薄荷(bo4he2)と言うけれども、
貴州では狗肉香(gou3rou4xiang1)と呼ばれているそうだ。
これを入れると、「狗肉香(gou3rou4xiang1)」、
つまり犬の肉がよりいっそうおいしくなるのだ。

ミントの葉っぱといっしょに犬肉をくつくつ。
P1180796.jpg

お鍋にミントを入れるなんて、
日本人の食の常識からは大きく逸脱しているけど、
地元の人がおいしいって言うんならそれが正解なのだろう。
「正解」というと語弊があるかもしれないが、
それはその土地で長いこと食べられていたものの現時点での一応の完成形なのだから、
よそ者がとやかく言う筋合いはないのだ。
受け入れられる、受け入れられないはもちろんあるとはしても。

私は食の許容範囲がかなり広いタイプというか、
「おいしい」の幅が広いというか、
基本的に「まずは受け入れてみる」タイプなので、
未知の食べ物、もしくは未知の組み合わせに出合った時に
まずは「そういうものか」と思って素直に食べる。
「ふーん、これもありだね。」が基本スタンスだ。
正直なところ「こ、これはちょっと・・・」と思うことはあっても、
「もしかしてほんとはおいしいのかも?」と思って向き合っていると
二度三度と食べるうちに「おいしい」と思えるようになることもある。

もちろん、味付けがしょっぱすぎるとか、
油が悪いとか、
化学調味料が山ほど入っているとか、
素材が新鮮じゃないとか、
そういうのは何度試しても「おいしい」とは思えないけど。

で、肝心の犬肉のお味はおいしいのか?
それが、おいしいのです。
別に何度も「慣れ」の過程を経なくても、
最初から普通においしいです。

皮もついているにも関わらず、嫌な臭みなし。
脂っこくもなく、実にあっさり。
じっくり煮込まれたスープの味も濃厚でいながら、
ふんだんに使われた生薬のおかげなのかしつこさがない。

一言で言うならば、大変上品な味。

もちろん、
「どうしてもダメ!」という方には無理にオススメはしないけれども、
もし、以前に一度犬肉の煮込みを食べたことがあって、
「臭くて食べられなかった」と思っていらっしゃる方がいたら、
もう一度、この貴州大廈の花江狗肉を試してみてほしい。
犬肉に対するイメージがきっと変わると思う。


▼この日の食事については、ともこさんがすでに詳細をレポートしてくださっています!
貴州大廈で狗肉鍋(其の壱)@北京
貴州大廈で狗肉鍋(其の弐)@北京


▼これまでの「貴州省駐京弁餐廳」関連記事
【貴州省駐京弁餐廳】水豆[豆支]蕨菜
【貴州省駐京弁餐廳】黄果樹双凍
【貴州省駐京弁餐廳】紅油米豆腐
【貴州省駐京弁餐廳】酸湯蹄花
【貴州省駐京弁餐廳】清炒血皮菜
【貴州省駐京弁餐廳】塩酸干焼魚
【貴州省駐京弁餐廳】花渓牛肉粉
【貴州省駐京弁餐廳】香茜拌水豆[豆支]
【貴州省駐京弁餐廳】糊辣椒拌折耳根
【貴州省駐京弁餐廳】拌蕨粉
【貴州省駐京弁餐廳】高原胡桃花
【貴州省駐京弁餐廳】苗嶺双絶
【貴州省駐京弁餐廳】跳水烏江魚
【貴州省駐京弁餐廳】酸湯魚
【貴州省駐京弁餐廳】水城酥肉
【貴州省駐京弁餐廳】貴州菜~涼菜
【貴州省駐京弁餐廳】貴州菜~熱菜


■お店情報■
貴州省駐京弁餐廳(牡丹廳)
P1100404.jpg

朝陽区和平西橋桜花西街18号 貴州大厦2階
010-6444-4466(フロント)
*「請転餐廳(Qing3 zhuan3 can1ting1)」と言うと、
  レストランにつないでくれます。
*北三環路を和平西橋で北方向に曲がり、すぐ右手(東側)。
  貴州大厦の二階です。
*地下鉄で行く場合は5号線「和平西橋」で下車し、
  B(東北)出口を出て、北環東路を渡るとすぐ右手にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
狗肉
こんにちは、山西料理の時出てきてしまったものです。
またおじゃまします。

狗肉は長春に行った時、韓国料理店で食べました。
ayaziさんもご存知かと思いますが、わりとリアルスタイルのものです。
中国の友人の先生主催の食事会で私が手をつけなければ宴が始まらない
という状況で当時犬を飼っていた私は狗肉に向かって『いただきます』
ではなく『合掌』してからいただきました。
食べてみると見た目に反してやわらかくて味のある鶏肉のようで美味しかったです。
花江狗肉のようなスタイルであればパクパクいってしまうと思います。
ミントも美味しそうです♪

北京はとても寒いでしょうからカラダの温まるものを食べて寒さを乗り切ってください!
また遊びにきます!
2009/12/01(火) 01:54 | URL | pengjia #wcCJ0k.Q[ 編集]
犬とミント!
そりゃ旨そう!!
身体を温める食材(狗肉)なので
今の時期にぴったりですねぇ。

そういや、わしも貴州だったかその辺の市場で食べました、犬。
上品な方向だとこうやって食べるのね…。
2009/12/01(火) 14:58 | URL | あたおコロイノナ #-[ 編集]
pengjiaさんへ
おー、リアルスタイル。
それはどんな感じなのでしょう。
私が食べたことのある犬肉は、割と大きめのぶつ切りにしたものを醤油ベースで煮込んだものと、韓国料理屋で食べたニラを敷いて蒸したものです。
ニラ蒸しはそうでもなかったのですが、煮込みのほうは皮際の感じが確かにリアルな状態を想像させるものでした。

貴州大廈の犬肉は、下ごしらえでしっかり煮てあるせいか、それともさばいてからの血抜きがしっかりしているのか、臭みもなくて上品です。
ミントとの組み合わせも爽やかですよ!

コメントありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいね!
2009/12/01(火) 18:01 | URL | ayazi #-[ 編集]
あたおさんへ
そうなの、今まさに犬肉の季節です。
そのうちまた行こうかな。

貴州でひとり犬肉かあ。
相変わらず「什me都敢吃」ですねえ!!
上品でない方向って、どうやって食べたの??
2009/12/01(火) 18:04 | URL | ayazi #-[ 編集]
貴州大厦
次の出張(1月中旬)で、貴州大厦に宿泊予定です。近くの北京の役所に行きます。
前々回は、向いの咸亨酒店(文字が違っているかも)で食事をしました。
今回はこちらにするかもしれません。狗肉はちょっと抵抗があります。
大阪の中国料理店で狗肉スープをいただいたとき、とても温まったのを覚えています。
天気予報をみて、厳寒の北京を楽しみにしています。ウソです。
2009/12/08(火) 17:46 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
なんと、貴州大厦にご宿泊ですか!
私なら貴州料理オンパレードにするところですが、確かに狗肉は抵抗のある人もいるでしょうから・・・
ああでも、もったいないですねえ。
寒い時には狗肉がぴったりですが、咸亨酒店で紹興酒を燗で、というのもまたよさそうですね。

2009/12/09(水) 18:38 | URL | ayazi #-[ 編集]
貴州料理
貴州料理オンパレード、楽しそうですね。それにトライしてみましょう。
今回はお客様を含めて4名の食事会、ホストが私です。
ayaziさんの記事を参考にさせていただきます。

どうやら1月11日になりそうです。
前日に北京入りして、前門あたりを散策してみたいです。海碗居も行ってみたいです。

今回のお仕事は、設計がメイン、私はおまけ?。かつてないパターンです。
2009/12/10(木) 08:12 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
「普通の料理」がお好きな方には向きませんので、念のため。
辛いものも多いので、メンバーの好みも聞いたほうがいいかもしれません。
いずれにしても、冬の北京、満喫できるといいですね。
2009/12/13(日) 02:05 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。