【北京郊区某柿子園】柿子

【北京郊区某柿子園】柿子
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


柿子(shi4zi)
P1180755.jpg
【データ】とき:11月4日/ところ:昌平・/ねだん:?

実は採摘はリンゴだけで終わりではなかった。
帰りがけにさらに柿園にも寄って、柿狩りも楽しんだ。

まるで新年飾りみたいな柿の木。
P1180749.jpg

雪が残る柿園。
P1180753.jpg

こちらの柿は日本のようにシャクッと食べられる硬いものではなくて、
ジュクジュクに熟させてとろとろになってから食べるタイプ。
「大柿子(da4shi4zi)」とか、「盆柿(pen2shi4)」と呼ばれている。

黒板には、「大柿子」。

P1180768.jpg

ダンボール箱には、「北京盆柿」の文字。

P1180769.jpg

日本にも「盆柿」と呼ばれるものがあるようだけど、
これは筆先のような形をした「筆柿」がお盆の頃に出来ることから
つけられたものとのこと。
お盆の習慣のない北京に、同じ由来の柿があるとは考えにくい。

というか、そもそも形がぜんぜん違う。
ぽってりと丸いとか、細長いとかそういう次元の違いではなくて、
かなり大きく違う。

こちらの柿には、ウェストがあるのだ。

P1180770.jpg

こんなふうに、
ヘタに近い部分がぷっくりとふくれていて、
そこからいったんきゅっとすぼまり、
再びふくれて二段になっている。

P1180830.jpg

こんな形の柿、日本では見ないよね。

さて、柿園へと足を踏み入れた私は、
リンゴ園に続いておおはしゃぎの人になってしまった。

p1000984.jpg

妙にハイテンションで柿を頭に載せる女一名。

もぎとった柿は、またしてもその場でがぶり。

P1180761.jpg

もっと渋いかと思っていたら、意外に甘くてびっくり。
こっちの柿はしばらく置いておかないと食べられないとばかり思っていた。

でもやっぱり種のところまで食べ進むと、
まだちょっと渋みが残っている。

「しばらく置いておいて、やわらかくなってから食べるといいですよ。」
「日の当たる窓辺に置いておくと、早くやわらかくなるよ。」

それをスプーンで食べる。
さらに熟熟にしてストローで吸って食べる人もいるんだそうだ。

ふむふむ。
なるほどね。
そのアドバイス通り、
部屋に置いておいてやわらかくなるのを待って食べてみた。

P1180930.jpg

うん。
いい感じにとろとろになっている。

P1180931.jpg

スプーンですくって口にすると、凝縮したとろりとした甘みが広がった。
ちょっとぬめりのあるような舌触りも
日本人の私には一風変わっていて面白く、
これはこれで、おいしい。

この味を一言で表現すると・・・フレッシュな干し柿?

P1180932.jpg

矛盾してる?

ただ、シャクッと歯ざわりのいい日本の柿もやっぱり懐かしい。
考えてみれば、ずいぶん長いこと日本の柿を食べていない。

この柿、熟させてそのまま食べてもおいしいが、
干し柿にしても美味。

P1180715.jpg

これは、リンゴ園で干してあった柿。
日本みたいにヒモでつなげて軒先にぶら下げたりはしないらしい。
干し柿一つとっても、
似ているようで違う日本と中国。

ところで、干し柿って、中国語で何って言うか知ってます?

干柿子?
いえいえ。

答えは、柿餅(shi4bing3)。

柿で作ったお餅ではない。
こっちの干し柿は、
ある程度干して水分が飛んだ時に手でむぎゅっと押し付けて
円盤みたいにつぶしたような形に仕上げるので、
それで、餅(bing3)。

なるほど、平べったくて丸いもんな。
穀物の粉で作ったものでなくても、
平べったくて丸ければ「餅(bing3)」の範疇に入ってくるんだ!

柿餅の横には、かぼちゃの種も干してあった。

P1180717.jpg

あ、かぼちゃの種の下にあるの、
餃子を作るときに使う盖联儿(gai4lianr2)だ。

干しイモも作成中。

P1180716.jpg
(以上写真3点はリンゴ園にて撮影。)

柿園の置くでは、ガチョウや鶏が飼育されていた。

P1180764.jpg

何かに興奮したらしいガチョウが鶏を追いかける。

P1180767.jpg

「こんなに追いかけられたら、おいしい卵も生めないわよねえ。」
確かに、心の平安は卵の味にも影響するかも。

リンゴ園、柿園をはしごしてフルーツ狩りを楽しみ、
リンゴと柿を山ほど手に入れて、
放し飼いのガチョウや鶏をひやかして気持ちよく笑って、
実に楽しい一日だった。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
この柿は面白い形をしてますね。ひょうたんのようにくびれているのが特長。干し柿もつぶれたあんぱんの形で一度食べてみたいです。誰か、日本に輸出してくれませんかねえ。
2009/11/28(土) 21:11 | URL | hero #-[ 編集]
heroさんへ
面白い形ですよね!
上から見た形も、まん丸というよりはやや四角いような感じもします。
中華食材のお店に行ったら、ドライフルーツコーナーにあったりしませんかねえ。
2009/11/28(土) 22:29 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。