【萬菜】幻の(?)煮込みハンバーグ

【萬菜】幻の(?)煮込みハンバーグ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1180664.jpg
【データ】とき:11月2日/ところ:新源里・ほっこり料理 萬菜/ねだん:37元でしたっけ?

おいしいという評判なのだけれど、
私が行く日はいつも図ったように
「ごめんなさい、今日はないんです」
と言われてしまう萬菜の幻のメニュー。
それがハンバーグ。

ある日、食事会の待ち合わせ時間までぽっかり1時間空いたので
ふと思いついて寄ってみたら、
「今日はあります。」

ほ、ほんと!?

「食事の前に軽く一杯飲ませてもらって・・・」
なんて考えていたのに、
ひとりウェイティング・バー計画は、
いきなりおひとりさまビストロ計画へと大幅変更を余儀なくされた。

いや、別に変更しなきゃいけないわけじゃないんだけど、
めったに出会えない萬菜のハンバーグだ。
ここで食べなかったら今度いつありつけるか分からない。
限りある胃袋スペースを犠牲にするのもなんのその、
ここはもういっとくしかないでしょう!

P1180665.jpg

勢いあまって、
おひとりさまだってのに赤ワインをボトルでとって、
お通しに出していただいたゴボウとレンコンのきんぴらなどつまみながら、
ゆるゆるとハンバーグの出来上がりを待つ。

P1180663.jpg

そしてやってきたこのハンバーグ!

P1180669.jpg

どことなくイタリアン、
でもどことなく和風、
そしてやっぱり洋食風。

P1180670.jpg

「子供に食べてもらいたいので、週末に作ることが多いんです。」
と陽気なコックさんはおっしゃるけれど、
いやいや、これ、大人のハンバーグでしょう?

こんなの小さいうちから食べさせるなんて、もったいないわ。
私の小さい頃はハンバーグといえば、○シン・ハンバーグだったってのに。
(あ、年がばれ・・・てますよね、とうに・・・。)

会社からの帰り道になったので、
早い時間にまたふらっと寄り道しよう。
そしたらまたこのハンバーグとご対面できるかもしれない。

ちなみに、当然赤ワインは飲みきれず。
お持ち帰りしましたー。


▼これまでの「萬菜」関連記事
【萬菜】ほっこりおばんざい


■お店情報■
ほっこり料理 萬菜(VIN ZAI)
(「VINZAI」と書いて「ばんざい」と読むそうです。)
朝陽区新源南路8号
予約電話は130-3111-8170(長谷川さん、小野さんまで)
▼“陽気なコック”小野さんのブログ
陽気なコックが北京に行く!

<アクセス>
P1150447.jpg
*京城大廈から新東路方向(SOSのあるほう)へ。
  左手にあるローカルマンションに「MORO」と書かれた看板のお店を見つけたら、
  その3~4軒先です。
  看板の出ていない簾のかかったドアがあったら、そこが萬菜。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。