【金孔雀徳宏[イ泰]味餐館】[イ泰]味菜

【金孔雀徳宏[イ泰]味餐館】[イ泰]味菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

タイ族料理
[イ泰]味菜(dai3wei4cai4)
P1180391.jpg P1180392.jpg
P1180398.jpg P1180403.jpg
P1180406.jpg P1180409.jpg
【データ】とき:10月22日/ところ:魏公村・金孔雀徳宏[イ泰]味餐館/ねだん:記事参照

エスニック会の下見で金孔雀徳宏[イ泰]味餐館へ。
金孔雀は1990年代から営業しているタイ族料理の人気店。
西側にあってなかなか行く機会がなかったのだが、
職場が西方面に変わって「西の人」になり、
俄然足を伸ばしやすくなった。

タイ族は中国南部を発祥とする
タイ語やラーオ語などタイ諸語を話す人々。
中国の少数民族の一つで、雲南省に多く住んでいる。

タイ族についてはこちらをどうぞ。

タイ族の料理は酸味と辛味が特徴的。
ナンプラーを使ったタレなどタイ料理との共通点も多いけれど、
辛さはタイ料理ほどではなく割合マイルド。
油も控えめ、野菜もたっぷりのヘルシーな料理だ。

この日試食した料理は以下の通り。

[イ泰]味涼拌絲(dai3wei4 liang2ban4si1):12元
春雨とキャベツの千切り、細切り肉の和えもの

P1180391.jpg

あっさりした酸味のある和えダレのタイ族風サラダ。
さっぱりとしていていくらでも食べられそう。

[イ泰]味蘸料薄荷(dai3wei4 zhan4liao4 bo4he2):16元
ミントのタイ族風つけダレ添え

P1180398.jpg

ミントの葉を、腐乳をきかせたタレにつけて食べる前菜。
爽やか!

[イ泰]味酸辣香拌螺旋藻(dai3wei4 suan1la4 xiang1ban4 luo2xuan2zao3):14元
螺旋形の藻のタイ族風和えもの

P1180395.jpg

螺旋藻はらせん状にくるくるっと巻いた形の藻類。
海藻のようなぬめりのある独特の食感だ。

お店の英語メニューにはスピルリナって書いてあったけど、
これはスピルリナじゃないよね。
スピルリナは単細胞だもんね。

▼ほんとのスピルリナを使ったものはこっち。
【基輔餐廳】烏克蘭菜

[イ泰]味巴菌韮菜花(dai3wei4 ba1jun1 jiu3cai4hua1):8元
韮菜花(ハナニラのつぼみ)とキノコのタイ族風冷菜

P1180408.jpg

韮菜花の漬物は雲南の特産。
かなりしっかり辛いけど、酒肴やちょっとした箸休めに最適。
ご飯や麺の上にのせてもおいしそう。

[イ泰]味鶏棕(dai3wei4ji1zong1 ):20元
雲南キノコの前菜

P1180390.jpg

鶏棕(ji1zong1)は、雲南でよく採れるキノコ。
鶏脚蘑(ji1jiao3 mo2gu1)とも言う。
雲南料理レストランでは前菜でよく出てくる。
以前、胡同にある四合院作りの雲南料理レストラン「大里」で食べた時に
すばらしくおいしかったのでここでも頼んだのだけれど、
ここのお店のものはちょっと脂っこかった。

*大里のエントリーでは「ヒラタケ」って書いてあるけど、
 「鶏棕」の間違いだった・・・

[イ泰]味香辣烤五花肉(dai3wei4 xiang1la4 kao3 wu3hua1rou4):32元
豚バラ肉のグリル・タイ族風

P1180406.jpg

甘辛く下味をつけてグリルした豚バラ肉を、
ナンプラー風味のつけダレで。
脂身はあるけど、それが旨い。

[イ泰]味竹筒鶏(dai3wei4 zhu2tong3ji1):26元
鶏肉の竹筒スープ蒸し

P1180399.jpg

太目の竹筒を容器代わりにして骨付き鶏肉を蒸したスープ仕立ての料理。
P1180396.jpg

鶏肉自体はとても滋味があっておいしかったのだけれど、
思ったよりも竹の風味がなくてそれが残念だった。

[イ泰]味清蒸竹筒肉(dai3wei4 qing1zheng1):15元
ひき肉の竹筒蒸し

P1180409.jpg

あっさりとしてとても食べやすい、いわば「ヘルシーミートローフ」。

[イ泰]味芭蕉花炒牛肉片(dai3wei4 ba1jiao1hua1 chao3 niu2rou4pian4):22元
バナナのつぼみと牛肉の炒めもの

P1180403.jpg

バナナのつぼみはタイ料理でもよく使われる食材。
やわらかめのタケノコ・・・「やわらぎ」(?)のような食感。
炒めものだけどとてもあっさりしていて美味。

[イ泰]味草梱魚(dai3wei4 cao3kun4yu2):36元
魚のレモングラス風味

P1180404.jpg

淡水魚をレモングラスで巻いて香りをつけた料理。
豆[豆支]風味のタレがかかっている。
味付けの方向性としてはとてもいいのだけれど、
惜しむらくは魚が泥臭かったこと。
残念。

[イ泰]味白参炒鶏蛋(dai3wei4 bai2shen1 chao3 ji1dan4):26元
白参(野生のキノコ)と卵の炒めもの

P1180407.jpg

しょりしょりとしたキノコがツボ。

[イ泰]味香辣土豆球(dai3wei4 xiang1la4 tu3dou4qiu2):10元
タイ族風ポテトボール

P1180392.jpg

タイ族料理といえばコレ!というくらいの看板料理。

P1180394.jpg

コロコロの揚げジャガボールを、タイ族風のタレにつけていただく。 
これは、とまらない!

[イ泰]味蒜茸瓜尖(dai3wei4 suan4rong2 gua1jian1):18元
ヘチマのつる先のニンニク炒め

P1180397.jpg

コリコリとした食感が面白いヘチマのつる先は、雲南直送。

過橋米線(guo4qiao2 mi3xian4):25元
タイ族風土鍋入りライスヌードル

P1180410.jpg

言わずと知れた雲南のライスヌードル。
金孔雀徳宏[イ泰]味餐館では、小さなテーブルに載せて持ってきて、
テーブルのそばで作ってくれる。

P1180411.jpg P1180412.jpg
P1180413.jpg P1180414.jpg
P1180415.jpg P1180416.jpg
P1180417.jpg P1180418.jpg

由来は以下の通り。

「雲南省南部蒙自県の南湖にある小さな島は、
 科挙の試験を受ける書生が集中して勉強をするには適した場所で、
 ある書生がこの小島で科挙に備えて勉強に取り組んでいた。
 書生の妻は食事を作って運ぶのだが、
 夫はすぐに食べないのでいつも冷めてしまう。
 ある時、鶏を土鍋で煮込み夫の元へ届けたところ鶏油が浮いていて、
 長い時間が経過しても料理は熱さを保っていた。
 そこで米線を入れたところ、夫はとても美味しいと喜んで食した。
 夫が喜んだので、妻は度々この料理を作り、
 小島への橋を渡って夫の元へ運んでいた。
 後に夫は科挙に合格し、
 妻が届けた米線のおかげで合格できたと語られるようになった。」

 *ウィキペディアの「過橋米線」より。 

P1180421.jpg

あ、ミントのせちゃった。
悪くなかったよ。

炸竹蚕(zha2 zhu2can2):46元
竹筒虫の揚げ物

P1180402.jpg

麗江料理のお店でもハチノコの揚げたのを食べたけど、
ここでもチャレンジ。
よく揚がっていてビールのお供にいい。

いやあ、一皿の量がそれほど多くはないとは言え、
よくもまあこれだけ食べたものだ・・・
でも「試食」という使命があるから仕方ないのだ。
(というのはもちろん言い訳。)

あ、もちろん一人で食べた訳じゃないですよー。
大人4人+子供1人。
それでも食べすぎか・・・


▼これまでの「金孔雀徳宏[イ泰]家風味餐館」関連記事:
【金孔雀徳宏[イ泰]家風味餐館】[イ泰]族菜
【金孔雀徳宏[イ泰]味餐館】過橋米線
【金孔雀徳宏[イ泰]味餐館】[イ泰]味香辣土豆球


■お店情報■
金孔雀徳宏[イ泰]味餐館
P1080858.jpg
海淀区魏公村民族大学北路16号(韋伯園西南門向かい)
010-6893-2030
*地下鉄4号線「魏公村」駅が最寄駅。
  中関村南大街を南下して中央民族大学北路(魏公村街)で曲がり、通りを西へ。
  孔雀のネオンサインのあるお店です。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。