【三疊水麗江臘排骨火鍋】鑼鍋飯

【三疊水麗江臘排骨火鍋】鑼鍋飯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

銅鍋入りの揚げジャガイモご飯
鑼鍋飯(luo2guo1fan4)
P1180287.jpg
【データ】とき:10月17日/ところ:交道口・三疊水麗江臘排骨火鍋/ねだん:15元

かわいらしい銅製の打ち出し鍋に入った炊き込みご飯。
いや、炊き込んではいなくて、
軽く混ぜて蒸してあるだけかもしれないな。

ご飯の中には、揚げたジャガイモがゴロン、ゴロン。
これがとても香ばしい。
いったんカラリと揚げられた表面が
再びしんなりしたために生まれる独特の食感が新鮮だ。
ホクホクとしたジャガイモの食感と、
みずみずしいご飯粒との相性もまたなかなかのものだ。

味はほんのり塩味で、ゴマの風味が香る。
塩味の決め手はみじん切りにした雲南ハム。
このハムから深みのある塩気と旨みがご飯全体に広がっている。

ほんの一口食べておしまいにするはずだったのに、
もう一口、あともう一口・・・と、
結局お碗に二杯分くらいはペロリと平らげてしまった。

ところで、この鑼鍋(luo2guo1)は
雲南の馬幇(ma3bang1)が使う道具だそうだ。
雲南には雲南とチベットをつなぐ「もう一つのシルクロード」茶馬古道があるが、
そこで活躍した荷馬の一隊が隊商の旅で使ったものだ。
工業生産品ではなく手作業で打ち出して作られるそうで、
だから一つ一つ形が違っている。

P1180288.jpg

この店で使われているのは特注で作ってもらったもので、
おそらくミニチュア版。
本当はもっと大きいらしい。

馬幇は少ないものだと数十人、多いものだと百人以上のものもあるそうだ。
これだけ多くの人や馬を統率するために
馬幇をいくつかのグループに分けて管理をする。
その単位になるのがこの鑼鍋で、
同じグループに属する人は全員で一つの鑼鍋で作った食事を食べるという。
「同じ釜の飯を食べる」ならぬ「同じ鍋の飯を食べる」だ。

そいでもって同じ鑼鍋で食事をするグループの頭を、
「鍋頭」と呼ぶ。
馬幇全体の頭が「大鍋頭」で、各グループの頭が「二鍋頭」だそうだ。

ん?
二鍋頭?
北京っ子が大好きな白酒も「二鍋頭」だけど、それも馬幇と関係があるのか?

と思ったが、これはぜんぜん別の意味。
白酒の蒸留過程で、最初に流れ出てくるお酒を「鍋頭」と呼ぶ。
一回目の蒸留で最初に取れるものが「一鍋頭」、
二回目の蒸留で最初に取れるものが「二鍋頭」。
「一鍋頭」はアルコール度数が高すぎて刺激が強すぎるが、
「二鍋頭」になると濃度は高いものの刺激が弱まり、
厚みとこくのあるおいしいお酒になるのだそうだ。

いやいや、白酒ではなくて鍋、もとい、ジャガイモご飯の話だった。
だいぶ本題からそれてしまったが、
この銅鍋入りのジャガイモご飯ももちろんおいしいですよ!


■お店情報■
三疊水麗江臘排骨火鍋(三叠水丽江腊排骨火锅)
P1180274.jpg
東城区交道口東宮街25号
010-6404-1190
*交道口から鼓楼東大街を鼓楼に向かい、
  一つ目の小道を入っていくと左手すぐ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
わぁー、これ、馬幇が使っていた
ものだったのですね。
名前まで分かって、勉強になりました。
先日、昆明でそれを全く知らずに
打ち出しに一目ぼれして購入してしまいました!
(もちろん、ミニチュアでしょうが)
ここ数年、
雲南(たまに四川)の旅の
自分的裏テーマが密かに、
茶馬古道だったりするので、
由来を知れてびっくりしました、
嬉しいです。

あ、もちろん、ジャガイモご飯ももちろんおいしいかったです(笑)
2009/11/06(金) 02:13 | URL | もぱぐぅ。 #-[ 編集]
もぱぐぅ。さんへ
酒徒さんのブログで顛末は拝読しました!
私も「わぁー、これ馬幇のやつだー!」と思ったのですが、コメントしそびれておりました。
素朴でいい感じですよね。
一つ一つ手づくりなので、ある鍋の蓋を別の鍋に合わせようとしてもダメなんですって。
茶馬古道、私はNHKと韓国のテレビ局(KBSだった?)との合作ドキュメンタリーをDVDで見ました。
馬幇の旅はほんとに大変な道のりだっていうことが分かって面白かったですよ。
まだご覧になっていなければぜひ!
2009/11/06(金) 16:00 | URL | ayazi #-[ 編集]
はじめまして
大陸の食事に興味があり
いつも拝見させていただいています。ありがとうございます。

このご飯はどんな味ですか?
ゴマの風味とありましたがゴマ油ですか?油分はなさそうな感じしますが。
また、いろいろ質問させてください。
2010/03/18(木) 00:32 | URL | 吉祥 #JalddpaA[ 編集]
吉祥さんへ
ご愛読いただきありがとうございます。

ゴマの風味は、上にパラリと振りかけられた黒ゴマの風味です。
ゴマ油は入っていないと思いますが、素揚げしたジャガイモが混ぜ込んであるのでそこからちょっと油っけは出ています。
そこがおいしい!と思います。
2010/03/19(金) 12:15 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。