【宝源餃子屋】我的経典水餃

【宝源餃子屋】我的経典水餃
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私の定番水餃子
我的経典水餃(wo3 de jing1dian3 shui3jiao3)
P1180250.jpg
P1180246.jpg P1180253.jpg
【データ】とき:10月11日/ところ:麦子店・宝源餃子屋/ねだん:一斤3~4元

宝源餃子屋に来るのはかなり久しぶりだ。
ものすごく近所にあるんだけど、逆にそのせいであんまり行かないのかな。

今回久しぶりに足を運んだのは、大学の同級生Fさんが訪燕したから。
彼女が北京に来ると、なんだかんだ言って毎回ここに来ている。

▼Fさんと行く宝源餃子屋ツアーの記録
【宝源餃子屋】水餃
【宝源餃子屋】北京風味餃子

せっかくだからと同じく同窓生(先輩)の茶旅人Sさんにもお声がけして、
昼から餃子。

P1180244.jpg

点菜権はFさんに全権移譲。
久しぶりに訪れた北京で、食べたい餡を4種類選んでもらった。

赤や緑、さらには赤と緑がマーブル模様になった変わり皮のものもあるけど、
「これはなしだな。」
と即刻却下。
私、全面的に同感。
このお店の餃子はシンプルなものほどおいしいし、
久しぶりに訪ねた北京でわざわざ外人向けの客寄せメニューを頼む気にもならない。
あ、私らも外人か。

量はどれも2両ずつで、全部で8両。
(1両は粉500g50g分。個数になおすと5~6個分に相当。)
(↑大変!うっかりして大きな間違いを書いてました!両=50gです。
お詫びして訂正いたします!!2009/11/3訂正)

お腹いっぱいになるには1人3両が目安だから、
「一人3両×3人=9両」という計算になるけれど、
他にちょこちょこつまんでいるし、
私以外は割合小食なお二人だったので、量的には8両で十分だった。

猪肉白菜(zhu1rou4 bai2cai4)
豚肉×白菜

P1180247.jpg

ザ・定番。
やっぱりここの餃子は猪肉白菜だろう。
シャキシャキした白菜の歯ごたえが出色。

素三鮮(su4san1xian1)
シイタケ×キクラゲ×あともう一つ不明

P1180248.jpg

これが抜群に美味!
シイタケの味が濃厚で、実においしかった。

P1180249.jpg

西紅柿鶏蛋香菜(xi1hong2shi4 ji1dan4 xiang1cai4)
トマト×卵×香菜

P1180251.jpg

この組み合わせに香菜が入るパターンは初めてだったけど、
これもまたよかった。
香菜が入ると、全体的に味がピシッと引き締まる。

茴香蝦皮(hui2xiang1xia1pi2)
茴香×干しエビ

P1180252.jpg

前回食べた時は蝦皮の塩気がきつかったのが残念だったのだけれど、
今回はちょうどいい塩加減。
しかも身がふっくらしたぽってり干し蝦で、食感もよし。
前回よりかなり満足の味だった。

・・・って、前回?
そうなのだ。

Fさんが訪燕した時に頼む餃子って、実はほぼ同じなのだ。

前回頼んだものは、
・四宝韮菜(ニラ×干しエビ×卵×春雨)
・猪肉白菜
・西紅柿鶏蛋
・茴香蝦皮

前々回頼んだのは、
・猪肉白菜
・西紅柿鶏蛋
・茴香蝦皮

そして今回が上記のラインナップである。
一部に動きはあるものの、
・猪肉白菜
・西紅柿鶏蛋
・茴香蝦皮
という基本ラインは不動だ。

なるほど、Fさんにとっての北京必食の餃子は、
この3種類ってことで間違いなさそう。

それにしても、ほんと、見事に一緒で驚くやら感心するやら。
Fさん、北京に来たら、またこの3種類を食べにいこうね!


■お店情報■
宝源餃子屋
朝陽区麦子店街6号
010-6507-4538

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
餃子
餃子もおいしそうですね。西葫芦、香菜ものなど御地で行けそうなものはやはり関心があります。今月も渡燕できることを念じております。
2009/11/03(火) 07:53 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
美味しそう
どれもおいしそうですね
寒くなってきたのよけいに餃子が美味しく感じる季節ですよね。
皮の量で計るのがまた北方らしくていいですよね。
南方だと水餃子はいかにも冷凍ものが出てきてがっかりします。
1両は50gは皮の量でしょうかね?それとも小麦粉の量?まあ小麦粉の量ってことないか(笑)

2009/11/03(火) 09:59 | URL | w #mQop/nM.[ 編集]
定番
僕が行ったらやっぱり、猪肉白菜と、西紅柿鶏蛋にしますね。北京では珍しくない餡かもしれないけど、日本の店ではそんなに簡単に食べられるものじゃないんです。
2009/11/03(火) 17:11 | URL | ジミー荒川 #-[ 編集]
龍心さんへ
西葫芦もいいですね!
ただ、私は西葫芦なら餡餅のほうが好きかなあ。
ちなみに北京っ子に聞いたら、マストアイテムは「ニラ」だそうです。
2009/11/03(火) 17:27 | URL | ayazi #-[ 編集]
wさんへ
重さは皮、正確に言うと使われている小麦粉の量です。
50gの小麦粉で餃子5~6個が目安です。
今はもう両単位で注文するのもなれましたが、昔出来上がりの重さと間違えてえらい目にあったことがありました。

2009/11/03(火) 17:33 | URL | ayazi #-[ 編集]
ジミー荒川さんへ
そうですね、確かに日本では食べられない味かもしれませんね。
この二種類が食べたくなる気持ち、私もよく分かります。
私はセロリやインゲン入りのも結構好きです。
酸菜なんかもいいですね。
2009/11/03(火) 17:37 | URL | ayazi #-[ 編集]
懐かしい
北京に長期出張行ってたとき週1ぐらいで食べに行っていました。懐かしいです。

最後出張は嫁さんを日本から呼んで観光旅行したときも昼食はここで食べました。

東京でも食べられるお店があればなぁっと

2009/11/04(水) 13:28 | URL | せんべう #mQop/nM.[ 編集]
せんべうさんへ
週1とはなかなかのヘビーローテーションですね。
ここは1両から頼めるので、少ない人数でも気軽に行けるのがいいですね。
東京でも本場中国の味が楽しめるお店が増えたようですが、水餃子メインの店はあまりないのでしょうか。
食べられるところができるといいですね。
2009/11/06(金) 15:53 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。