【宝源餃子屋】杏仁拌芥蘭

【宝源餃子屋】杏仁拌芥蘭
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

杏仁と芥蘭菜の和えもの
杏仁拌芥蘭(xing4ren2 ban4 jie4lan2)
P1180242.jpg
【データ】とき:10月11日/ところ:麦子店・宝源餃子屋/ねだん:12元

杏仁は、アンズの種のさね。
仁(ren2)は種の中身、さねという意味。
だから核桃仁(he2taoren2)はクルミの種のさねで、
花生仁(hua1sheng1ren2)は落花生のさね、つまりピーナッツのことだ。

こっくりとしたミルクのような凝縮感があり、
ほんのり酸っぱいというかほろ苦いというか、独特のエグミがある。
まあ要するに、杏仁豆腐のあの味なんだけどね。

その杏仁豆腐のほうはそれほど好きでもないが、杏仁は好物だ。
だから杏仁を使った前菜があると、つい頼みたくなってしまう。

今までも、杏仁や人参、キュウリを和えた鮮やかな前菜や、
茴香と和えたもの(はじめて食べたのがこれで、その後鶏鍋屋さんで食べたのがこれ)、
キュウリと和えたもの
ブロッコリーの茎と和えたものなどをご紹介済み。

と、ここまで書いて自分のブログを検索してみたら、
なんとここのお店のこのメニューもすでにアップ済みだった!

まあでもいいや。
内容も若干違うし、も一回アップしちゃおっと。

今回は、芥蘭菜と一緒に和えた前菜。
芥蘭菜が割りとしっかりめの青っぽさのある野菜なので、
杏仁のクセとよく合う。
芥蘭菜のコリコリとした歯ごたえも、食事全体の食感に変化を生む。

お酒のつまみや箸安めの一品としてどうぞ。


■お店情報■
宝源餃子屋
朝陽区麦子店街6号
010-6507-4538

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。