【華盛楼湘根香】湖南菜

【華盛楼湘根香】湖南菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

湖南料理
湖南菜(hu2nan2cai4)
P1170820.jpg P1170812.jpg
P1170808.jpg P1170815.jpg
【データ】とき:9月27日/ところ:羊坊店西路・華盛楼湘根香/ねだん:記事参照

「北京西駅近くにうまい湖南料理レストランがある」
と友人が言う。

「西駅かあ。。。遠いぜ。。。」
と思ったまま数週間が過ぎた。
しかし、その友人は会う度ごとに
「北京西駅近くにうまい湖南料理レストランがある」
と繰り返す。

そのうち私もすり込まれた。
「西駅は遠いぜ。。。でもちょっくら行ってみるか!」

で、上海から北京に戻った翌日の昼、
地下鉄一号線に乗ってはるばる軍事博物館駅まで行ってきた。
軍事博物館から西方向へ行った先、羊坊店西路へと向かう。

目指すお店は、湘根香。

P1170807.jpg

噂の湖南料理屋だというからどんな店かと思ったら、えらく普通の店構えだった。
拍子抜け?
いやいや、この普通さが今となっては貴重。
どこもかしこもスタイリッシュでこざっぱりしてこぎれいになってしまった東方面の店に比べ、
この潔いまでの気取らなさ。
懐かしいなあ。
昔はどこの店もこんなんだったんだよなあ。

お洒落な店ばかりになった東エリアは、正直言ってつまらん。
最近新規の店の開拓に身が入らないのは、そのへんの事情もあるんだよな。

それに比べると、西はいい。
まだお上品スタイリッシュ熱に毒されていないところがいい。
これからは、西だな。

店内も実に気取りがないごくごく普通のインテリア。
ご飯時を少し外していたので満席ではなかったが、
通路にも二人がけのテーブルが置いてあって
この店の人気のほどがうかがえる。

まずは醤板鴨。
醤油味がしみしみの干したアヒル丸ごと一羽。
「べっちゃアヒル」とも「アヒルジャーキー」とも呼ばれている(私に)。
杭州など江南にもあるが、
湖南の醤板鴨はかなり強烈に辛いのが特徴だ。

醤板鴨(jiang4ban3ya1):20元
湖南風アヒルジャーキー1/2羽

P1170808.jpg

冷えたビールと一緒に。
ピリ辛がビールに合うんだ、これが!

・・・とニコニコしていた私たちは甘かった。
旨い。
旨いのだが、もうどうにもこうにも辛いのである。

P1170810.jpg

涙が出るほど辛いというのはこれを言うのか。
湖南料理は四川料理と違って山椒を使わないのでビリビリする刺激はないものの、
その分唐辛子の辛さがストレートに唇と舌を直撃する。
旨い旨いと油断して食べると、一瞬置いて唇と舌がカーッとほてるのだ。

ああ、旨い。
でも辛い。
これはとても全部は食べられない・・・
無念の途中ギブアップとあいなった。

そして湖南と言えば、やはり臭豆腐。

油炸臭豆腐(you2zha2 chou4dou4fu):18元
揚げ臭豆腐

P1170817.jpg

黄金色の江南地方の臭豆腐と違って、湖南のものはドドメ色。
いや、ドブ色と言ったほうが適切か。
でも匂いはこっちのほうがマイルド。
くしゃくしゅした食感の臭豆腐にタレがしみしみ。

小炒河魚(xiao3chao3 he2yu2):28元
小魚のフリッターのピリ辛炒め

P1170812.jpg

これが絶品!
サクサクのフリッターに唐辛子の利いたタレが軽くしみていて美味。
これがこの日のベスト。

韮菜炒笋子(jiu3cai4 chao3 sun3zi):28元
干しタケノコとニラの炒めもの

P1170815.jpg

友人からは鶏スープに入った干しタケノコを勧められたのだけれど、
どうしてもニラとの組み合わせに惹かれて私が押し切った。

タケノコ大好き。
特に干したの大好き。

しかもピリ辛醤油味で無性にご飯が恋しくなった。
思わず注文。

紫蘇煎黄瓜(zi3su1 jian1 huang2gua1):18元
キュウリと挽き肉の紫蘇風味炒め

P1170820.jpg

「紫蘇を入れるのが面白い」
と友人が追加した一品。

紫蘇の風味は思ったより控えめだったけど、これもまたなかなか。
くたっとなったキュウリの感触が面白い。

私はキュウリを炒めて食べるのがわりと好き。
シンプルに卵とキュウリだけで炒めても結構いける。
挽き肉もそれなりに入っているし、
やや濃い口の味付けなのでこれまたご飯が進んでしまった。

今回は「これぞ湖南料理!」的なものはほとんど頼まず、
こちょこちょとえらく家庭料理っぽいものばかりを食べたなあ。
でも、確かにおいしかった。
全然気取りのないところがとても新鮮で、なおかつ懐かしかった。

外人が沢山住む東エリアからは遠いのが難点だけど、
だからこそ庶民的な道ばたレストラン中華的な要素がまだ残っていて
なんだか妙にうれしかった。

こういう店、大事にしたい。


■お店情報■
華盛楼湘根香
P1170807.jpg
海淀区羊坊店西路(大自然大廈近く)
010-6686-6579
*地下鉄「軍事博物館」駅から復興路を西に進み、羊坊店西路にぶつかったら左折。
  道の左手にあります。
  北京西駅方向から行く場合は、
  西駅の向かいにある羊坊店西路を北上していくと右手にあります。
 
■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
初めまして!
太好了,可以从这里用日文了解中国菜!
宜しくお願いします。
2009/10/19(月) 04:23 | URL | London Caller #1XVD4MBo[ 編集]
London Callerさんへ
初めまして!
コメントありがとうございます。
まだまだ中華料理は勉強中です。
マレーシア料理のことなどもいろいろ教えてくださいね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2009/10/21(水) 13:55 | URL | ayazi #-[ 編集]
アヤジさん、你好!

私はマレーシア料理が下手ですよ。
英国の料理ができますけど、イギリスの食べ物はまずいです...

アヤジさん、一番好きな中華料理は何ですか。


2009/10/22(木) 21:26 | URL | London Caller #1XVD4MBo[ 編集]
London Callerさんへ
いえいえ、私も自分では作れないのにあれこれ中華料理のことを書いてますから!
イギリスの食べ物のまずさはよく聞いています。
残念なことにまだ行ったことがないので、まずさも未体験ですが・・・

一番好きな中華料理ですかあ。
これは難しい質問です。
(ありすぎて答えられない)
うーん・・・しばらく食べないと無性に食べたくなるという意味ですきなのが、水煮魚でしょうか。
でも炒土豆絲とか地三鮮とかいった、普通の家庭料理も大好きです。
2009/10/23(金) 17:19 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。