【貴州籮籮酸湯魚】酸湯魚

【貴州籮籮酸湯魚】酸湯魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

魚の酸っぱいスープ鍋
酸湯魚(suan1tang1yu2)
P1170599.jpg
【データ】とき:9月11日/ところ:朝陽公園西門・貴州籮籮酸湯魚/ねだん:記事参照

茶話会の後の流れで開催していたグルメ会。
今回から茶話会をスピンオフして、独立単独開催になった。

で、名前を「北京満福グルメ会」にマイナーチェンジ。
記念すべき第1回は、貴州の苗族料理、酸湯魚にした。
いえね、しばらく食べてないので自分が食べたくなっちゃったのだ。

酸湯魚(suan1tang1yu2)
P1170589.jpg

お魚はこのお店のイチオシ、遵義烏江魚。

P1170590.jpg

どーん。
あ、引きました?

この日ご参加いただいたともこさんの相棒氏は初食時
「何の罰ゲームだ!」
「こんなグロい料理は勘弁してくれ!」
と強烈な拒絶反応を示したそうだ。
そんな彼も今では進んでナマズを注文する猛者に成長したというのだから、
人の適応能力というのはたいしたものだ。

一斤58元。
この魚は3.2斤あったので、185.6元。
これに鍋底代が20元。

烏江魚は、ナマズと雷魚を足して二で割ったみたいななりをした、
淡泊でふっくらした身がとてもおいしいお魚だ。

これが烏江魚。
P1170606.jpg

タレは、糊辣椒(hu2la4jiao1)たっぷりのこれ。

酸湯魚本料(suan1tang1yu2 ben3laio4):2元
P1170591.jpg

スープでといて具をつけながら食べる。
P1170598.jpg

糊辣椒(hu2la4jiao1)は、貴州独特の唐辛子を使った調味料。
貴州特産の長くて大きな唐辛子を炒ってから細かく砕く。
すると不思議なことに、鰹節に似た旨味と風味が生まれる。
貴州料理では和えものや鍋物のタレに多用されている。

先日、苗族の刺繍家Lさんからお手製の糊辣椒をいただいた。
ビニール袋の外側からでも、例の鰹節の香り。
どんな料理に使おうか。
楽しみ・・・!

具は、
・香菜(xiang1cai4):8元
・油皮(you2pi2)=揚げ湯葉:8元
・貴州魔芋(gui4zhou1 mo2yu4)=貴州こんにゃく:8元
・金針(jin1zhen1gu1)=エノキ:12元
・蔬菜拼盤(shu1cai4 pin1pan2)=野菜盛り合わせ:18元
・藕片(ou3pian4)=レンコン薄切り:8元
・土豆片(tu3dou4pian4)=ジャガイモ:6元

P1170594.jpg

サイドディッシュには、貴州らしいものを二つ。

苗家米豆腐(miao2jia1 mi3dou4fu):16元
ミャオ族風米豆腐

P1170592.jpg

緑色のものは珍しい。
ここにも糊辣椒が調味料として使われている。
実に風味豊か。

涼拌薄荷(liang2ban4 bo4he2):16元
ミントの葉の和えもの

P1170593.jpg

ミントの葉は雲南でも食べるが、貴州でもとてもポピュラーな食材だそうだ。
こうして和えものにしたり、
お鍋の具として入れたりもする。
特に狗肉(gou3rou4)=犬肉に合うので、
貴州ではミントのことを「狗肉香(gou3rou4xiang1)」と呼ぶそうだ。
この場合の「香(xiang1)」は、おいしいってこと。
ミントと一緒に食べると、犬肉がさらにおいしく感じるという意味だ。
犬肉のにおいがする訳じゃないよ。

せっかくだから、とチャーハンも注文。

鶏蛋辣椒炒飯(ji1dan4 la4jiao1 cha3fan4):10元
卵唐辛子チャーハン

P1170597.jpg

ここのチャーハン、酸羅卜炒飯(大根の漬け物入りチャーハン)もおいしいのだけれど、
この日頼んだ鶏蛋辣椒炒飯もかなりいけた。
唐辛子と言いつつ漬けてあってピクルスみたいになっているので
辛さはそれほどでもない。

そうこうしているうちに、お鍋が煮えてきた。
P1170600.jpg

すっぱいトマト発酵スープは、初めて食べた方いわく、
「ミネストローネみたい。」
発酵してるのでとろみがあるけれど、
赤=辛いというイメージを裏切る味のようだった。

湯葉を揚げたものと、香菜も投入。
P1170601.jpg

揚げ湯葉がしんなりしたところで一口。
酸湯魚には欠かせない具のひとつだ。

香菜も、薬味ではなく野菜として鍋に入れるのがオススメ。
酸湯魚のコクのある酸味によく合う。

このスープに魚や野菜のうま味がしみ出したところで、必殺技を。
チャーハンの酸湯魚スープがけ。
人数が多い時でないとたどり着けない、私的裏メニューだ。

P1170602.jpg

んまい。
チャーハンなので若干油っぽいけれど、かなりリゾット風でいい感じだった。

久しぶりに円卓を囲んでの賑やかな食事。
自炊もいいけど、こっちもいいなあ。


▼これまでの「貴州籮籮酸湯魚」関連記事:
【貴州籮籮酸湯魚】麻辣小龍蝦
【貴州籮籮酸湯魚】酸湯魚


▼これまでの「酸湯魚」関連記事:
【天津・干鍋香】貴州菜
【貴州省駐京弁餐廳】酸湯蹄花
【貴州省駐京弁餐廳】酸湯魚


■お店情報■
貴州籮籮酸湯魚
朝陽区農展館南路1号(朝陽公園西門近く)
6594-0939

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。