【安徽省駐京弁餐廳】李鴻章雑[火会]

【安徽省駐京弁餐廳】李鴻章雑[火会]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

李鴻章風五目煮込み
李鴻章雑[火会](li3hong2zhang1 za2hui4)
P1170429.jpg
【データ】とき:8月30日/ところ:恵新西街・安徽省駐京弁餐廳/ねだん:68元

安徽省は数多くの偉人を輩出している。
安徽大廈にはロビーに安徽出身の偉人たちの肖像があって、それもなかなか面白い。
古くは荘子、老子から始まって、曹丕、曹植、華佗とか、
もちろん胡適一品鍋の胡適もいる。

胡適一品鍋(hu2shi4 yi4pin3guo1):88元
胡適風五目煮込み鍋

P1170436.jpg

胡適鍋、ピリ辛の五目煮込み鍋で、なかなかおいしい。
メニューの説明によると、胡適さんが客人にふるまった鍋ということのようだ。

ところで、李鴻章雑[火会]に名前の冠されている李鴻章も安徽省合肥の出身だ。
が、李鴻章は壁画に登場していない。

それはやっぱり、中国国内の評価のせいかなあ。
日清戦争の後、日本との間に屈辱的な条約を結んだ人物として、
「売国奴」と言われている。

▼そのあたりのことは、こちらでどうぞ。
ウィキペディアの李鴻章のページ

肖像では省かれちゃったけど、メニュー名ではひっそり登場。
この料理、前に来た時にはなかったと記憶しているので、
新メニューだろう。
近年、李鴻章の評価を見直す動きがあるようなので、
それも関係しているのかな?

(そういえば、メニュー自体がまたリニューアルされていた!
 安徽大廈はよくメニューを変えるなあ。
 せっかくおいしい料理を覚えておいても、メニュー落ちしてたりして涙・・・)

イカだの魚の浮き袋だのハムだの鶉卵だのタケノコだのチンゲンサイだのシイタケだのが
いろいろと入った五目煮込みだ。
素材のうまみはしっかり出ているが、ベースは塩味。
そこにやわらかくとろみがついていて、穏やかな味だ。

非常に乱暴な例えだが、八宝菜みたいな感じ。
すごく日本人が好む味付けだと思う。

事実、
「ベストはこれ!」
とY先生の評価も非常に高かった。

***

この日食べたお料理は以下の通り。

五香醤驢肉(wu3xiang1 jiang4lvrou4):28元
驢馬肉の醤油煮込み(冷菜)

P1170424.jpg

ロバ肉はあまり食べる機会がないかと思って頼んだもの。
割とあっさりした冷菜。

丁香魚拌蚕豆(ding1xiang1yu2 ban4 can2dou4):18元
空豆とじゃこの和えもの

P1170425.jpg

ソラマメのほっくりした味と小魚の塩気がマッチ。
これ、私、好きだ~。

野生核桃仁(ye3sheng1 he2taoren2):38元
クルミのロースト

P1170428.jpg

箸休めに最適。

馬蘭頭炒茶干(ma3lan2tou2 chao3 cha2gan1):32元
馬蘭頭と燻製豆腐の炒めもの

P1170433.jpg

前回よりも馬蘭頭がガシガシして硬かった。
ちょっと残念。

三河小炒(san1he2 xiao3chao3):38元
三河風野菜と豚肉の細切り炒め

P1170430.jpg

これも前回のほうが際立ったおいしさがあったような?
個人的には、レンコンが入っていなかったのが大幅マイナスポイント。

黄山炖鴿(huang2shan1 dun4 ge2):68元
ハトと山芋の煮込みスープ

P1170434.jpg

これは前回よりは濃厚でおいしかった。

漂香羅卜酥(piao1xiang1 luo2bosu1):18元(6個で)
細切り大根の揚げパイ


主食を食べなかったかわりに〆として頼んだもの。
写真を撮りそびれてしまった。

サクサクとした歯ざわりと香ばしさ、大根のしっとりした触感がよかった。
それほど油っぽくもなくて食べやすかった。

安徽大厦、やっぱりおいしい。
これでもう少しお安いと、もっとうれしいんだけどな。


▼過去の「安徽省駐京弁」関連記事:
【安徽省駐京弁餐廳】黄山[火屯]鴿
【安徽省駐京弁餐廳】馬蹄圓焼排骨
【安徽省駐京弁餐廳】安徽菜(一)
【安徽省駐京弁餐廳】安徽菜(二)
【安徽省駐京弁餐廳】安徽菜(三)
【安徽省駐京弁餐廳】八公山豆腐餃

▼旧ブログの「安徽省駐京弁」関連記事:
安徽省駐京弁でポンポコリン~その壱
安徽省駐京弁でポンポコリン~その貳

■お店情報■
安徽省駐京弁餐廳
朝陽区恵新西街1号安徽大厦1階
6496-5588(89)
*四環路と恵新西街がぶつかる交差点の西南角。
 イトーヨーカドーよりちょっと西に行ったところです。
 地下鉄「恵新西街北口」駅のすぐそばです。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ!
おぉ!
写真だけ見ると、「何だか、日本でよく見る」ような料理が多いですね。やはり、日本の料理も中国から伝わってきたのが多いということでしょうか?昨日の豆腐のお話もおもしろかったです。
個人的には「ハトと山芋のスープ」が食べたいです。ハト好きなので。
2009/10/07(水) 14:13 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
そうなんです、日本で食べる中華料理っぽいですよね。
味もちょっと油をきかせたお醤油味のものが多いし、すごく辛いものもないので、日本人はとてもとっつきやすいと思います。
豆腐、安徽省が発祥の地だなんて、この店で食べるまで(正確に言うとブログ書くまで)知りませんでした。
「食べる」でより深く知る中国。
私なりの中国理解法です(笑)。
2009/10/07(水) 19:12 | URL | ayazi #-[ 編集]
安徽省駐京辨
安徽省といえば学者を輩出した地域としても著名ですけど、これは一度食べに行きたくなりましたね!ヨーカ堂のあたりですか。外経貿よりも西北の方向ですか?
2009/10/07(水) 21:04 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
オススメです。
ヨーカ堂から亜運村(西)方向へちょっと行ったあたりです。
おっしゃるとおり、外経貿の西北方向ですよ。
地下鉄5号線「恵新西街北口」が便利ですよ。
2009/10/08(木) 09:43 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。