【秘苑】豆漿麺

【秘苑】豆漿麺
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

豆乳麺
豆漿麺(dou4jiang1mian4)
P1170348.jpg
【データ】とき:8月29日/ところ:麦子店・秘苑/ねだん:40元くらいだった?

夜にビッグイベントを控えていたので、昼は軽めに・・・
と考えていて思いついたのがこの麺。
豆乳にそうめんみたいな細い麺を入れた、冷たい麺料理。

P1170353.jpg

味付けは、豆乳とすりゴマだけ。
でも、仔細に味わえば、豆乳とすりゴマだけでも十分うまみ味がある。

物足りないと思えば、塩やキムチを入れて味を足してもいいだろう。
でも、まずは何も入れないまま、味わってみてほしい。
豆乳とすりゴマの風味が意外に豊かなのに気がつくと思う。

いろいろ重たいものを食べた後の仕上げには、
むしろこのくらい薄味のほうがさっぱりしていいんじゃないかな。

麺の他には、
韓国料理屋さんのおなじみ前菜いろいろを肴に、
P1170345.jpg

百歳酒をちょっとだけ。
P1170346.jpg

サイコロステーキなんてのも食べていた。
P1170351.jpg

さらにこんなのまで。

豆漿湯(dou4jiang1tang1)
豆腐おからチゲ

P1170349.jpg

大豆たっぷりで変わらず美味。

P1170355.jpg

あれ?軽めになんて言っていたのはどこの誰?
さすがにご飯は食べきれず、そのままお持ち帰りした。


▼過去の「秘苑」関連記事:
【秘苑】豆漿湯


■お店情報■
秘苑
朝陽区亮馬橋路44号海昌大厦1階
010-6465-2427
*福景苑(サマーセット)のある交差点を龍宝公寓のほうに曲がると、
  左手のちょっと奥まったところにあります。
  サマーセットに向かってすぐ右隣です。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
五十歳酒
かれこれ10年以上前、月に1,2回名古屋に出張の際
確か梅辰プロデュースのはずですが
秘苑(ピヨン)という焼肉屋に、お客さんとよく行ったことを思い出しました。

それとは無関係ですが、未だこの豆漿麺も豆漿湯も食べたことがありません。
東京でも食べられるところありますか?特に豆漿湯。

ところで、百歳酒ですが
他の酒と50/50で割って呑むのを韓国では五十歳酒と呼ぶそうです(最近!?)。
因みに、私もたまに眞露チャミスルと割って呑みます、ハイ。
2009/10/05(月) 16:29 | URL | 小胡子 #J3GSpdmA[ 編集]
小胡子さんへ
豆漿麺も豆漿湯も、大豆の栄養たっぷりでオススメ!なのですが、東京でどこで食べられるかは不明です。
ごめんなさい、日本を離れて長いもので東京グルメ情報には疎いのです。
こちらのブログ「韓食日記」http://koriume.blog43.fc2.com/や、八田さんの著作を読むともしかすると情報があるかもしれません。
五十歳酒のことも八田氏のコラムで読みました。
1:2で割ると「三十三歳酒」だそうです。
2009/10/07(水) 00:11 | URL | ayazi #-[ 編集]
八田氏
韓国のコングスについては、下記に八田氏が新宿の店を紹介した記事があります。

http://www.asahi.com/international/korea/TKY200706250100.html

しかし、八田氏もayaziさんのBLOGを読んでいれば、炸醤麺を念入りに混ぜてから食べるのが、韓国の変わった習慣だとは書かなかったでしょう。僕は前から、八田氏に中国もそうだよってコメントしているんですけどね・・・。
2009/10/07(水) 08:33 | URL | ジミー荒川 #BWgGc7Fk[ 編集]
ジミー荒川さんへ
おお、やっぱり紹介されていたのですね。
チャジャンミョンのルーツは炸醤麺なので、これについては中国が起源なのでしょうが、「混ぜて食べる」食文化が韓国により色濃いというのは確かなのではないでしょうか。
中国の人は、汁なし麺は混ぜて食べますが、カレーとか蓋飯系は混ぜないように思います。
カキ氷は・・・どうだったかな?
今度観察してみます。
2009/10/07(水) 19:09 | URL | ayazi #-[ 編集]
いえいえ
炸醤麺が好きなもので、以前に書かれた下記の記事で充分ですよ。

http://ayazi.blog75.fc2.com/blog-entry-234.html

八田氏にはこの記事を読んでもらおうと思います。
2009/10/08(木) 07:29 | URL | ジミー荒川 #-[ 編集]
ジミー荒川さんへ
そうでしたそうでした。
このブログに最初にコメントをいただいたのがこの記事でしたね。
炸醤麺の麺湯についてご指摘をいただいたのでしたね。

ただ、私も中国の人がカレーやかき氷を混ぜて食べるかどうかには興味があるので、機会があったら観察したり聞いてみたりしようと思います。
2009/10/08(木) 09:48 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。