【高円寺ガード下飲み屋街】日本のインドで安酒はしご!

【高円寺ガード下飲み屋街】日本のインドで安酒はしご!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1170199.jpg P1170209.jpg
【データ】とき:8月17日/ところ:高円寺/ねだん:全部で3500円くらい

一時帰国で、北京留学時代の友人と飲み。
全員、中央戯劇学院(略して「中戯」)留学組だ。

「焼き鳥が食べたい」とリクエストを出したら、
場所が高円寺になった。

高円寺と言えば、ガード下飲み屋街。
「売れない芸人とミュージシャン(と演劇人)にやさしい街」。
元祖仲屋むげん堂をはじめアジア、エスニック雑貨店、
インドやタイ、ベトナムなどのアジア系飲食店も多い。
みうらじゅん氏曰く「日本のインド」。

ツアーガイドは、役者も演助もコーディネーターもOK!のe-runさん。
ツアー参加者は、みどさん、あたおコロイノナさん、そしてayazi。

高円寺経験豊富なe-runさんに導かれるままに、ガード下に潜入!

一軒め:「7時前に行くとビールが安い!」

最初のお店は、場巣亭。
P1170199.jpg

7時前だと、ジョッキ1杯200円だっけ?それとも半額だった?
とにかく安い!ってんで、まずココへ。

おお、まさにガード下だ。
テーブルがビールケースだあ~!
腰掛だあ~!
やや、学校の机と椅子もある~!

牛刺、枝豆、生ビール。
P1170201.jpg

焼き鳥いろいろ。
P1170203.jpg

この後はしごが予定されているので控えめに。

かぼちゃのチーズ焼き、ちくわの磯辺揚げ
P1170205.jpg

ビールは7時前にかけこみオーダーして、それを飲み終わったら終了。
この店で飲むこと1時間足らず。
もう次の店に移動!

二軒め:「餃子がタダの店がある!」

なんと、
「注文したドリンクの数だけ何人前でも餃子がタダに!」
という店があるという。

【餃子0円!】餃子が無料で食べられるお店!!
注文したドリンクの数だけ、餃子1人前(5コ入り)がタダになるというのだ。

そんなことが本当に!?
と期待に胸をふくらませて店に向かうと、確かにそう書いてある!
しかし、それと同時に目に飛び込んできたものは、定休日のお知らせ。
がーん・・・

ちなみに、この大胆かつ奇特なサービスをやっているお店は、
餃子処たちばな。
でした。


三軒め:「9時までなら生ビールが1杯100円の店がある!」

気を取り直して、三軒め。
というか実際は二軒めは、母の味(オムニマッ)。

高円寺飲みの先達たちが、
流浪の果てにたどり着いた最もコストパフォーマンスのいい店。

9時までは最初の生中が一杯100円!
思わず興奮して張り紙まで撮影。

P1170206.jpg

「わーほんとだー。」
「生中100円だってー!」
「1杯だけ飲んで出ちゃうとか?」

P1170207.jpg

いけない相談に余念のない中戯組のみなさん。

店内いっぱいだったので、お店の外にテーブルを出してもらって、
最初の1杯。
アテはキムチと海鮮チヂミ。
P1170208.jpg

「9時まで100円」につられたからか、お客さん引きも切らず。
場外の中戯組は放置状態だ。

「どうする?ホントにこれで店出ちゃう?」
「え~?それじゃああまりにも、じゃない?」
とはならず、
もともとが北京時代に神経太くなっている上に
いい具合に酔っ払いになって気が大きくなった4人は口々に
「いっか!」
「そうしよう、そうしよう!」
「マイダーン!」
じゃなくて、
「お勘定お願いしまーす。」

ここでのお勘定、1000円いかなかった・・・

「あれ、店の中で飲んでたらさすがにできなかったよ。」
「外だったから店員さんも手が回らなくて帰りやすかったよねー。」
「それにしても、普通はやらないよ。さすが北京組!」

「好様的!」(よくやった!)
と健闘をたたえつつ、上機嫌で店を後にしてガード下をさらに進む。

四軒め:「焼きトンの安い店がある!」
(だったっけか?もうこの頃になると浮かれポンチでキャッチフレーズ不明。)

無銭飲食食い逃げ気分で飛び込んだ四軒めは、四文屋。
P1170209.jpg

いや、連れて行かれただけでほとんどお店の名前は意識していなかったけど、
後から調べたらここだったらしい。

e-runさんは何度も来ておなじみの店らしく、
後からお知り合いさんが来ていて「あーっ!」なんてことになっていた。

日本でブームだというマッコリ。
P1170210.jpg
黒豆の。

そして北京では食べられない(食べる勇気のない)レバ刺し。
P1170211.jpg
左はガツのキムチ(確か)。

キャベツ。
P1170212.jpg
奥にあるのはエシャレット。

そして生生シリーズで鳥。
P1170213.jpg
これも北京じゃ無理だねえ。

これでマッコリをぐびぐび。
おやじですな。

ガード下ではしごすること三軒。
(四軒行ったけど、うち一軒はお休みだった・・・)
最後の四文屋では腰を落ち着けて飲んだので(マッコリは2本飲んだ)、
お酒もつまみもそれなりにかかったけど、
締めてみればお会計はそれでも一人3500円。
やっすー。

味はどこも普通においしかったから、この値段は破格中の破格だ。
高円寺ガード下の名ガイド、e-runさんの事前情報のおかげもあったけど、
それもそもそもここの飲み屋に破格のサービスがあってこそ。
ここで飲んでると、懐具合が寂しくても心は寂しくならなくてすむ。
高円寺ガード下は貧乏人にやさしい、よいところだった。


■お店情報■
<一軒め>
場巣亭(ばすてい)2号店
杉並区高円寺南3-69-1

<二軒め>
餃子処たちばな
東京都杉並区高円寺南3丁目69-1
03-3330-2658

<三軒め>
母の味(オムニマッ)
東京都杉並区高円寺南3-67

<四軒め>
四文屋(高円寺ガード下店)
東京都杉並区高円寺南3-69
03-3330-7273

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。