【北京宮】松仁玉米

【北京宮】松仁玉米
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

松の実とトウモロコシの炒めもの
松仁玉米(song1ren2 yu4mi3)
P1170170.jpg
【データ】とき:8月12日/ところ:朝陽門・北京宮/ねだん:22元

「北京食の歳時記」で三伏の烙餅摊鶏蛋を食べに行った北京宮は、
北京でも結構昔からある老北京菜のレストラン。
(少なくとも10年前にはあった。)

その時に他に食べた料理の中で、なんだかとっても懐かしかったのがこれ。
松仁(song1ren2 )=松の実と、玉米(yu4mi3)=トウモロコシを炒めた料理だ。

この料理、どのレストランで食べても結構高めの値段設定になっていて、
なのにメイン料理というよりも箸休めみたいな色合いが濃いので、
そんなに頻繁には頼まない。
が、この日はなぜか気が向いて頼んでみた。

いや、「なぜか」というのは本当はウソだ。
この料理が目に留まった理由はこれ。

P1170161.jpg

「マツの実はトウモロコシを炒めます|」

ああ、マツの実が主語に。
そしてなぜ「ですます調」?
最後の「|」は?
「!」マークならまだしも、なぜに「|」??

この日本語メニューの迫力に押されて、うっかり注文しちゃったのだ。

味はもう、見たまんま。
松の実の香ばしさとこっくりした滋養のある味、
ぷつぷつ、ほつほつとした食感と、
トウモロコシのぷちゅんと弾ける甘さを楽しむ料理だ。

***

この日頼んだ他のメニューをざざっとご紹介。

麻豆腐(ma2dou4fu):16元
緑豆おからの羊油炒め

P1170153.jpg

大変上品。
つまり、パンチ不足。

芥末墩(jie4modun1):16元
白菜のカラシ和え

P1170152.jpg

これはパンチ充分。
ツーンッ!

拌萵笋(ban4wo1sun3):12元
細切りウオスン(セルタス)の和えもの

P1170149.jpg

やっぱりうまい。

炸灌腸(zha2guan4chang2):16元
揚げ澱粉ソーセージ

P1170150.jpg

他の店のと一風変わった食感。
小五にして炸灌腸ファンのAちゃん、
「これはあんまり好きじゃない。」
うん、私もこの食感はいけてないと思う。

肉片絲瓜(rou4pian4 si1gua1):38元
豚肉とヘチマの炒めもの

P1170168.jpg

あんまり北京っぽくない料理。
まあまあかな。
この間林家小館で食べたイカボールとのコンビネーションのほうが断然よかった。

鶏蛋韮菜(ji1dan4 jiu3cai4):22元
卵とニラの炒めもの

P1170167.jpg

これは文句なし。
うまい。

炒腰花(chao3 yao1hua1):32元
腎臓肉の炒めもの

P1170159.jpg

これも美味。
濃すぎず、薄すぎずでなかなかよかった。
キクラゲとタケノコの歯触りもいいアクセントになっていた。

鍋塌豆腐(guo1ta1 dou4fu):22元
中華風豆腐ピカタ

P1170176.jpg

あれ?
あんかけにはなっていないって聞いて頼んだような記憶があるんだけどなあ・・・
あんかけも悪くないんだけど、
私はただ卵液につけて焼いただけのタイプのほうが好き。

摊黄菜(tan1huang2cai4):26元/家常餅(jia1chang2bing3):24元
葱入り卵焼き/家庭風平焼きパン

P1170172.jpg

この日のメイン。
詳しくはこちらの過去記事をどうぞ。

干炸小黄魚(gan1zha2 xiao3huang2yu2):40元
イシモチの唐揚げ

P1170177.jpg

「小」と言いつつ結構大振り。
カリッと揚がっていてかなりおいしかったのだけれど、
いかんせん出てきたタイミングが遅すぎてみなさん手が出ず。
というか、正確には私が頼みすぎたのだ。

ふう。


■お店情報■
北京宮
朝陽区朝陽門内大街130号
010-6523-6320
*朝陽門から西へしばらく歩き、漢庭酒店を通り過ぎてすぐ。道の南側。
P1170147.jpg P1170148.jpg
このゲートから中に入り、すぐ左に曲がって右手側に入り口があります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ!
ayaziさん!
思いっきり、ウケました。
そりゃぁ、思わず頼んでしまいますね。
でも、よく見るとゴロもいいし(?)、
なんか可愛らしくにも思えてきます。
それから、「ニラ玉」ってあるんですね、中国にも。

お忙しい出張中にもかかわらず、おもしろいネタ、ありがとうございました。
お体に気をつけて。
2009/09/22(火) 12:29 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
遅くなりましたー。
無事北京に戻りました。

なんちゃって日本語メニュー、他にもいろいろあったんですが、やっぱりこれが最強でした。
日本語メニューを用意している店で、ちゃんとしているところは皆無ですね。
ネタとして狙っているとは思えないだけに、努力が実っていない哀しい感じが漂います・・・

ニラ玉、確かにメニューに載っているところは意外と少ないです。
このお店は珍しくありましたね~。
ただ、頼めばきっと作ってくれますよ。
2009/09/28(月) 18:21 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。