【全麺倶到】番茄牛肉[火会]餅

【全麺倶到】番茄牛肉[火会]餅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トマトと牛肉スープ入りの烙餅
番茄牛肉[火会]餅(fan1qie2 niu2rou4 hui4bing3)
P1170046.jpg
【データ】とき:8月6日/ところ:朝陽門・全麺倶到/ねだん:14元

全麺倶到は、勤め先の隣のビルにあるファーストフード店。
店名に「麺」が入るのは、麺を中心にしたメニュー構成だからか。
「至れり尽くせりで、あらゆる面で周到」という意味の
「面面倶到(mian4mian4ju4dao4)」をもじってのことか。
日本人の私などは漢字につられて、
「麺も具も揃っている」とさらにお店に都合のいい超解釈をしてしまう。

初めに断っておくけれど、ものすごくおいしい店ではない。
平日の昼に、ビルの地下食堂にろくなものがない時に
「じゃあ、麺食べる?」
と行くにはまあ許容範囲に入るくらいのお店。
私たちにとっては、「麺食べる」は「全麺倶到に行く」と同義だ。

スープ入りの麺から混ぜて食べるタイプの麺、
さらには丼ものまであるメニューの中で、
私が一番よく食べるのがこの番茄牛肉[火会]餅(fan1qie2 niu2rou4 hui4bing3)だ。

番茄(fanqie2)=トマトと牛肉の入った醤油ベースのスープに
烙餅(lao3bing)を細く切ったものが浸っている。

P1170050.jpg

[火会](hui4)は、とろみをつけたあんかけ料理のことを指すので、
本来ならもっとスープがとろりとしていなければならないのだろうけれど、
これは全くとろみがついていない。

私はこのさらっとしたスープが好き。
黒酢を入れてさらにさっぱりさせて食べるのがお気に入りだ。

烙餅が結構どっさり入っているし、
烙餅自体がもともとかなり食べでがあることもあって、しっかりお腹にたまる。
午後を乗り切るパワーも充分補給可能だ。

もともとは余った烙餅を無駄なくおいしく食べるための料理だったのだろうな。
余った烙餅と言えば炒餅(chao3bing3)くらいしか知らなかったけど、
こんな食べ方もあるんだなあ。

全麺倶到で[火会]餅に出会って以来、
自分でもこれを作って食べるようになった。
スーパーであらかじめ細切りされた烙餅絲を買ってきて、
自分で適当に作ったスープでさっと煮て食べる。
烙餅絲なんてほんの数元だし、スープに入れる具材は冷蔵庫の残り物で充分。
烙餅自体に少し油が使われているので、
全体的な仕上がりにもほどよくコクが出るのもうれしい。

「ただいまから15分で“いただきます”」。
ずぼら自炊者にはありがたい料理だ。


■お店情報■
全麺倶到(朝外店)
朝陽区朝外大街16号人寿大厦1层
010-8525-2835

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。