【酒聖居】香辣土豆絲

【酒聖居】香辣土豆絲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

細切りジャガイモのピリ辛香り揚げ
香辣土豆絲(xiang1la4 tu3dou4si1)
P1170012.jpg
【データ】とき:8月3日/ところ:東直門内大街(鬼街)・酒聖居/ねだん:8元

実はもう何度かアップ済みのメニューなんだけど、
このお店のがかなり激旨だったので、思わず再掲。

▼これまでにアップした香辣土豆絲
【聞香趣】香辣土豆絲
【北平居菜館】香辣土豆絲

塩味、辛さ、香菜の風味ともに絶妙の加減で、
千切りじゃがいもがサクッパリッカリッと揚がっていて実によかった。

いやもう、箸の伸びるのの速いこと、頻繁なこと。
あっという間にジャガタワー消滅。
これじゃあ物足りないってんで、お代わりまで頼んでしまった。

ただし、二回目のは塩がきつすぎたのか味のバランスが悪く、
さらに揚がり具合も今ひとつ。
一皿目の味には遠く及ばなかった。

教訓:
「中華料理は一期一会。一度食べた味に次も出会えるとは限らない。」

この日の主役、麻辣小龍蝦(ma2la4 xiao3long2xia1)もしかり。

P1170014.jpg

あんなに私を魅了した愛しのザリーは、
去年よりなんだか一回り小振りになって、心なしか旨味も若干足りない。

P1170021.jpg

今までならば、手を麻辣だれまみれにしながら
エンドレス・ザ・ザリーだったのに、今回は2匹で満足。

むー。

さて、この日の月曜美食会で頼んだ料理はこちら。
P1170032.jpg

その中から印象に残った料理をいくつか。

小黄瓜蘸醤(xiao3huang2gua1 zhan4jiang4):6元
ちびキュウリの味噌づけ

P1170010.jpg
(伝票には12元って書いてあるけど、お代わりしたのでたぶん6元)

鴛鴦重慶烤魚(yuan1yang chong2qing4 kao3yu2):192元
炭火焼き魚のスープ煮
P1170026.jpg

数年前に大流行した烤魚。
ここの店は半身ずつ別々の味で食べられるのが売り。
だから鴛鴦(yuan1yang)。

お魚は烏江魚(wu1jiang1yu2)を選んだ。
草魚やナマズよりは高いけど、江団よりは安い。
味はかなり江団より。
江団のようなぷるぷるした感じはないけど、ふっくらやわらかい身がとてもおいしい。

***

さて、東直門内大街をもうすこし東に進むと、そこがまさに鬼街。
この日、鬼街でえらく繁盛している超人気店を発見。

P1170006.jpg

胡大飯館と言うらしい。
これが行きたいお店その1。

行きたいお店その2は、ここ。
P1170007.jpg

重慶孔亮火鍋。

我が「食友」酒徒さんが広州で発見した麻辣パラダイス。
四川料理不作地帯広州で生活する麻辣中毒者にとっての救世主。

▼酒徒さんの喜びはこちらから。
『重慶孔亮火鍋』 - 麻辣火鍋は当分この店に通うことにした!
『重慶孔亮火鍋』 - 毛肚と鴨血に関する重要なお知らせ。

その重慶孔亮火鍋の北京支店を発見したのだ。
これはもう、行ってみるしかないだろう!

大変だ。
鬼街に「行きたいお店」が二つも出来てしまった。


▼これまでの「酒聖居」関連記事:
【酒聖居】麻辣小龍蝦
【酒聖居】重慶烤魚
【酒聖居】鳳味牛蛙
【酒聖居】老醋花生米
【酒聖居】涼拌木耳
【酒聖居】麻辣小龍蝦!吃個痛快!
【酒聖居】巴山一品豆腐
【酒聖居】四季豆橄欖菜
【酒聖居】外婆菜
【酒聖居】糖醋丸子
【酒聖居】腰果鶏丁


■お店情報■
酒聖居
東城区東直門内大街15号楼
010-84061945
*東直門から東直門内大街(鬼街)を西方向へ。
  最初の交差点よりちょっと手前、道の北側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
香辣土豆絲の追憶
香辣土豆絲は13年前に始めて北京に行ったときからあちこちで試した料理の一つです。あのかりかり感と絶妙な塩加減、そして香菜や唐辛子を絡めてあるところはまさに北方の雄とも言うべき一皿だと思います。燕京も弾む一品です。画像を拝見するとまたたべたいなあと思ってきました。
2009/09/13(日) 18:27 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
香辣土豆絲、私は割と最近になってから食べるようになりました。
おっしゃる通り、香菜と唐辛子が利いているあたりがポイントですよね。
ジャンキーだとは思いつつ、ついつい箸をのばしてしまう一品です。
2009/09/14(月) 18:21 | URL | ayazi #-[ 編集]
ものすごい
タワーですね!
大好きですが、これは大人数じゃないと頼めないな。。(笑)

チェーン店でも店ごとに味が違うのが中国なので「行っちゃってください!」と言っていいのか分かりませんが、是非ともモツ系を中心に試してみてください!
2009/09/16(水) 13:36 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
いい盛りしてますよね~。
一皿目はほんとに出色の旨さでした。
ビールが進む!進む!

重慶孔亮火鍋、モツ中心ですね!
もう少しして肌寒くなったあたりを狙って行ってみます。
当たりのお店であることを願ってます。
2009/09/16(水) 18:08 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。