【酒聖居】腰果鶏丁

【酒聖居】腰果鶏丁
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

カシューナッツと鶏肉の炒めもの
腰果鶏丁(yao1guo3 ji1ding1)
P1170024.jpg
【データ】とき:8月3日/ところ:東直門内大街(鬼街)・酒聖居/ねだん:22元

メニューにあるのにふと気が向いて、久しぶりに頼んだ腰果鶏丁。

腰果(yao1guo3)はカシューナッツ、
鶏丁(ji1ding1)は鶏肉を丁(ding1)=賽の目に切ったもの。

この二つの食材と彩り野菜を塩味で炒めたものだ。
この日は、野菜はキュウリとニンジンが入った。

「やあ~、久しぶりだね~、これ!」
歓声が上がる。

鶏肉を使った炒めものというとついつい宮保鶏丁
そうでなければ辣子鶏丁を頼みがちだけど、
実はこれも悪くない。

むしろ、本場で食べる中華料理がどんだけ安くてうまいかを知るには
こちらのほうが分かりやすいかも。

だって、これだけどっさりカシューナッツが入って、一皿22元。
日本じゃカシューナッツは高い。
ミックスナッツに紛れているのを、
それこそ曲玉をいとおしむ古代人さながらに大事に大事にかじっていたものだ。

腰果鶏丁なんて、
日本の中華料理レストランで頼んだらいったいいくらするんだろう。

それがこっちじゃ二束三文。
ありがたみもすっかり薄れて、
腰果という単語まですっかり記憶の彼方に飛び去っていたほどだ。

余談になるけど、こっちはドライフルーツやナッツが安い。
ドライのイチジクなんて日本じゃ貴重品だけど、こっちじゃ気軽なおやつ。
ピスタチオもかなりお手軽な値段で手に入る。
まあ、質はそれほど優秀とは言えないけど、ね。

一皿22元の腰果鶏丁で、カシューナッツ食べ放題。
ああ、幸せ。


▼これまでの「酒聖居」関連記事:
【酒聖居】麻辣小龍蝦
【酒聖居】重慶烤魚
【酒聖居】鳳味牛蛙
【酒聖居】老醋花生米
【酒聖居】涼拌木耳
【酒聖居】麻辣小龍蝦!吃個痛快!
【酒聖居】巴山一品豆腐
【酒聖居】四季豆橄欖菜
【酒聖居】外婆菜
【酒聖居】糖醋丸子


■お店情報■
酒聖居
東城区東直門内大街15号楼
010-84061945
*東直門から東直門内大街(鬼街)を西方向へ。
  最初の交差点よりちょっと手前、道の北側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。