【茶馬古道】香糯南瓜果&荷糖蓮藕酥

【茶馬古道】香糯南瓜果&荷糖蓮藕酥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

かぼちゃの揚げ餅&細切り蓮根入りパイ
香糯南瓜果(xiang1nuo4 nan2gua1 guo3)&荷糖蓮藕酥(he2tang2 lian2ou3 su1)
P1160949.jpg P1160947.jpg
【データ】とき:7月29日/ところ:大望路SOHO現代城・茶馬古道/ねだん:各12元

最後に何かデザートを、ということで頼んだ二品。

香糯南瓜果(xiang1nuo4 nan2gua1 guo3):12元
かぼちゃの揚げ餅

P1160949.jpg

割ると、中身はこんな。
P1160951.jpg

お味は、なんてことはないです。
色と形が可愛らしいことに存在意義がある?

荷糖蓮藕酥(he2tang2 lian2ou3 su1):12元
細切り蓮根入りパイ

P1160947.jpg

なんだこりゃ。
藁納豆みたいだな。

あ、違う違う!
レンコンの形なんだ!

さて、中身はどうなっているのかと思って箸で半分にしてみると。

P1160950.jpg

にょろりーん、中からレンコーン。

お味のほうはなんと、お醤油で味付けしたらしいしょっぱい味がする。
意外な展開。

「こっ、これは、デザートって感じではないですね。」
思わずこんな感想を漏らしてしまった。

中華料理の甜品(tian2pin3)のところには、
時折こんな風にしょっぱい味付けのものが分類されていたりするので要注意。
怪しいな、と思ったら、
「甜的?環是咸的?(tian2de?hai2shi4 xian2de?)」
(甘いの?それともしょっぱいの?)
と聞くのを忘れずに。

今回はうっかりして確かめるのを忘れてしまってドボン。
いや、レンコンパイ、まずくはないのだ。
甘いものだと思って待っていたので拍子抜けしただけ。
羅卜絲餅(細切り大根パイ)みたいな主食だと思って食べれば、これもまたアリ。


▼過去の「茶馬古道」関連記事:
【茶馬古道】野菜三拼
【茶馬古道】徐家渡香腸
【茶馬古道】過橋鱸魚
【茶馬古道】易門水豆鼓拌薄荷折耳根
【茶馬古道】黒三[朶リ]
【茶馬古道】干[火扁]土豆絲
【茶馬古道】本餐廳厳禁穿裙子
【茶馬古道】雲南汽鍋鶏
【茶馬古道】韮菜花干巴菌炒豆角
【茶馬古道】紅三[朶リ]拼黒三[朶リ]
【茶馬古道】版納百家菠蘿飯


■お店情報■
茶馬古道
朝陽区建国路88号SOHO現代城D座会所3階
8580-4286/4120
*D座はSOHO現代城の中でも一番西側のビル。
  ビルの南側にあるスポーツクラブの入り口から入り、
  すぐ左手のエレベーターで3階へ。
  プールがあってもひるまず進むと、
  右手スポーツクラブ受付のさらに奥にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。