【北京の食文化】三伏烙餅摊鶏蛋

【北京の食文化】三伏烙餅摊鶏蛋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

三伏には烙餅と卵焼き
三伏烙餅摊鶏蛋(san1fu2 lao4bing3 tan1 ji1dan4)
P1170172.jpg
【データ】とき:8月12日/ところ:朝陽門・北京宮/ねだん:記事参照

8月13日から三伏(末伏)に入る。
暑い盛りが、あと10日ほど続く。

頭伏につるりと餃子、
二伏にひんやり麺を流し込み、
酷暑を乗り切ってきた胃袋も、
ここらでようやく、どれ、卵でも食べてぼちぼち精をつけようか、
という気分になっただろうか。

▼これまでの「三伏」、立秋の関連記事:
【北京の食文化】頭伏餃子、二伏麺、三伏烙餅攤鶏蛋
【北京の食文化】貼秋[月票]
【北京の食文化】今日から三伏!(お詫びと訂正)
【北京の食文化】烙餅攤鶏蛋
【北京の食文化】今日は立秋!貼秋[月票]
【北京の食文化】いよいよ今日から!・・・三伏です。
【北京の食文化】今日から二伏、麺を食べよう!
【鑫鑫愉園餃子館】水餃
【北京の食文化】立秋貼秋[月票]

という訳で、烙餅摊鶏蛋。
「北京食の歳時記」という企画の企画主である茶旅人Sさん、
我が食友にして食の師匠であるプリック美和子さんと
(長い前書きだ・・・)
一日早く12日に食べてきた。

選んだお店は、北京宮。
北京宮に行くのは、実に10年ぶり?
留学時代に一度来たっきり、ずーーーっとご無沙汰していた。
昔は入り口からして暗くて、
店内もなんだかくすんだような薄暗い内装だったのが、
改装されてすっかり生まれ変わっていてびっくり。

この日北京宮を選んだのは、
このお店がこんなプロモーションをやっているらしいとの情報を得たから。

P1170183.jpg

三伏の行事食をこんな風に売りにしているお店、初めて見た。
こんなことなら頭伏の時からここに来ればよかった・・・

で、烙餅摊鶏蛋である。
前回食べた時は烙餅にあらかじめ卵焼きを挟み込んだこんなのだったけど、
北京宮で聞いてみるとそれはないと言う。

家常餅や葱花餅、薄餅を頼み、
さらに香椿摊鶏蛋(香椿入りの卵焼き)とか、
尖椒入りの摊鶏蛋(卵焼き)、
もしくは摊黄菜というのを頼んで、
それを自分で巻いて食べるんだそうだ。

で、一番伝統的だという家常餅と摊黄菜を頼んでみた。

家常餅(jia1chang2bing3):12元(1枚)
P1170165.jpg

摊黄菜(tan1huang2cai4):26元
野菜入り卵焼き

P1170171.jpg

中に入れる野菜はその時によって変わるんだとか。
この日は葱。

まあ要は、卵焼き。
それにしちゃあ、高いのお。

家常餅はちょっとパイみたいになっていてこんな風に開くことができるので、
P1170174.jpg
卵焼きを間に挟み込んで食べてみた。

うん、悪くないよ。

すごく美味って訳でもないけど、なかなかいける。
これ、中にニラ玉なんかを入れて食べてもいいな。

頭伏餃子、二伏麺、三伏烙餅摊鶏蛋。
長かった三伏天もいよいよ終盤。
精も付いたことだし(あたくしの場合は付けすぎですね・・・)、
後もう少し頑張って夏を乗り切ろう!


■お店情報■
北京宮
朝陽区朝陽門内大街130号
010-6523-6320
*朝陽門から西へしばらく歩き、漢庭酒店を通り過ぎてすぐ。道の南側。
P1170147.jpg P1170148.jpg
このゲートから中に入り、すぐ左に曲がって右手側に入り口があります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
糊餅の妙
一昨日帰国しました。おかげさまで収穫がとても多いものでした。さて、北京を発つ前の晩に「到家嘗」(光熙门北里)で糊餅を最後にいただきましたが、これはやみつきになりそうですね!小麦や玉蜀黍の主食、やはり粉食文化圏の面目躍如たるおいしさでした!
2009/08/13(木) 17:56 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
伏日膳単
猪肉白菜水餃、老北京炸醤面、家常餅が各伏日の筆頭ですね!
2009/08/16(日) 10:53 | URL | ジミー荒川 #-[ 編集]
芝麻醤面
芝麻醤面、二伏面のメニューにありますね。
青島と煙台で食べましたが、他のお店ではあまり見かけていません。
私の食べたのは、大蒜と香菜のたっぷり入った拌面でした。
北京でもそうなのでしょうか。

餅系も種類が多く、どこか大阪の粉もん文化にも通じるものがあるかも。
北京(あるいは中国)では「お好み焼き」は売れないのでしょうか。ピザは一時期、上海で流行したように思いますが。
2009/08/24(月) 07:47 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
涼面のタレが芝麻醤だったことは多々ありますが、芝麻醤面ズバリそのものを食べたことはありません。
あ、台湾系のレストランでなら食べたことあるかも。
それにはキュウリがどっさり入ってました。

ピザは北京でもだいぶ根付いていますよ(特に若い世代)。
といっても、アメリカタイプの分厚いピザですけれど。
2009/08/24(月) 19:02 | URL | ayazi #-[ 編集]
龍心さんへ
糊餅はいいですよね。
私も大好きです。
個人的に「中華風ニラ玉ピザ」と読んでいます。
2009/08/24(月) 19:04 | URL | ayazi #-[ 編集]
ジミー荒川さんへ
筆頭にあるってことは、やっぱりそれが代表的メニューってことなんでしょうか。
いや、別に深い理由はなくて、単にメニュー順に抜粋したっていう説もありますが(笑)。
2009/08/24(月) 19:07 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。