【林家小館】干[火扁]苦瓜

【林家小館】干[火扁]苦瓜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

素揚げニガウリの漬け物風味炒め
干[火扁]苦瓜(gan1bian1 ku3gua1)
P1160693.jpg
【データ】とき:7月18日/ところ:西大望路・林家小館/ねだん:16元

いったん素揚げにしたり炒めたりして水分を飛ばして素材そのものの旨味を凝縮、
その後でカラリと炒めるのが干[火扁]。

▼干[火扁]についてはこちらから。
【鑫鑫愉園餃子館】干[火扁]土豆条

この調理法、ニガウリによく合う!
苦みもかなりなくなっていて、油を吸ったニガウリが旨味だけを爆発させている。
ニガウリの調理法の理想型に近いかも。

母方の実家の家庭菜園でニガウリが大豊作で「処理に困っていた」時に、
「揚げるとおいしいのよ。」
と叔母から聞いていたが、確かに!と大いに納得した。

インゲンやもやしの時と同じように
挽き肉と一緒に唐辛子、漬け物の風味でカラッと仕上げてあるのも、
ニガウリとマッチしていて実にいい。

この日は、茶旅人さん主催の茶話会に続くローカルグルメ会で、
山ほど山ほどお料理を頼んだのだけれど、
個人的にはこの干[火扁]苦瓜がピカイチだった。
目から鱗が落ちるおいしさだった。

その山ほど頼んだ料理は後ほど列記するとして、
まずは初登場のものだけ抽出してご紹介。

香辣鴨下巴(xiang1la4 ya1 xia4ba):28元
アヒルの下あごのスパイシーピリ辛煮込み

P1160685.jpg

大振りだったのでガチョウかと思ったが、アヒルだった。
くちばしのところを持ち手にしてかぶりつく。
よく煮汁がしみていて美味。

肉松巻(rou4song1juan3):22元
肉そぼろと野菜の卵ロール

P1160687.jpg

これは新メニュー。
勧められたので頼んでみたけど、なんということもなかったかな。
次は頼まないかも。

麻醤冬笋(ma2jiang4 dong1sun3):28元
タケノコのゴマだれ炒め

P1160688.jpg

これはずっと気になっていたメニューだ。
人数の多さ(お子さんを含めて17人!)を頼みに、思い切ってオーダーしてみた。

麻醤というとかけダレにすることが多いのだけれど、これは炒めもの。
少しだけ辛味も利かせてあり、
その辛味とゴマのこくとでなかなかに深みのある味だった。

白果扒娃娃菜(bai2guo3 pa2 wa2wacai4):28元
銀杏とベビー白菜のとろとろ煮

P1160694.jpg

扒(pa2)は、とろ火で長時間煮込むこと。
娃娃菜の甘味がよく出ていてやさしい味に仕上がっていた。
一つこういう野菜ものがあると、食卓に「逃げ場」があっていい。
特に四川ベースのお料理の時には。

絲瓜墨魚腐(si1gua1 mo4yu2fu3):48元
ヘチマとイカ団子の炒めもの

P1160690.jpg

ヘチマがぽくぽくのふしゅふしゅ。
イカ団子はふんわり。
「腐(fu3)」には、どうやら「すり身団子」の意味があるらしい。
腐っている訳でも発酵してる訳でもないよ。

爆炒鴨舌(bao4chao3 ya1she2):48元(これは二皿分)
アヒルの舌と杭州ししとうの炒めもの

P1160686.jpg

アヒルの舌、炒めたのはお初。
肉付きのいいやわらかい舌で、なかなか食べであり。
舌の根のほうが取り除かれているのでゲテモノ色も薄まり、
視覚的にも食べやすかったのだろうか。
皆さんの箸もよく進んでいた。

この他に、何度も頼んでいる定番物をどっさり注文。

P1160692.jpg

・芽香笋片(ya2xiang1 sun3pian4):18元
・蝦肉雪菜豆泥(xia1rou4 xue3cai4 dou4ni2):26元
・水晶牛筋(shui3jing1 niu2jin1):28元
・葱酥小黄魚(cong1su1 xiao3huang2yu2):18元
・芒果沙拉(mang2guo3 sha1la1):32元
・椒麻百葉(jiao1ma2 bai3ye4):22元
・紅薯沙律(hong2shu3 sha1lv4):12元
・林式紅焼肉(lin2shi4 hong2shao1rou4):58元
・鮮椒鱸魚(xian1jiao1 lu2yu2):101元(2.1斤)
・蛋酥茉莉花(dan4su1 mo4li4hua1):26元
・麻婆脳花(ma2po1 nao3hua1):32元
・糖醋[火倉]蓮花白(tang2cu4 qiang4 lian2hua1bai2):12元
・九層塔焼茄子(jiu3ceng2ta3 shao1 qie2zi):22元
・担担麺(dan1dan1mian4):4元
・鶏絲涼麺(ji1si1 liang2mian4):4元


*どれも下のほうにリンクした過去記事で書いたことがありますので、
 よろしければ読んでみてくださいね。
 単品として記事になっていなくても、一度どこかで登場していると思います。

ところで、この日のローカルグルメ会の会場を林家小館に決めたのは、
以前北京に住んでいらしたIさんが北京に遊びにいらしたから。
このお店、Iさんからリクエストがあったのだ。

その時に
「どうしても『ハヤシヤコガン』と読んでしまう」
とIさんがおっしゃるので、私まですっかり刷り込まれてしまい、
それ以来、「ハヤシヤコガン」で定着してしまった。

「林家」と見ると反射的に「ハヤシヤ」と読みたくなるのは、
やっぱり日本人としてのサガだろうか。

ハヤシヤコガン。
林家一門の新しい噺家さん?
探偵ナイトスクープあたりに出てそう。

▼これまでの「林家小館」関連記事:
【林家小館】蒜泥涼茄
【林家小館】麻婆脳花
【林家小館】蛋酥茉莉花
【林家小館】鮮椒鱸魚
【林家小館】刀撥麺
【中国の食文化】吃什[ノム]補什[ノム]
【林家小館】葱酥小黄魚
【林家小館】水晶牛筋
【林家小館】紅薯沙律
【林家小館】糖醋[火倉]蓮花白
【林家小館】[朶リ]椒腰花
【林家小館】麻婆脳花蓋飯
【林家小館】麻団
【林家小館】林式紅焼肉
【林家小館】芽香笋片
【林家小館】芒果沙拉
【林家小館】椒麻百葉
【林家小館】滑子焼肉
【林家小館】胡椒肚
【林家小館】蝦肉雪菜豆泥
【林家小館】水煮牛肉
【林家小館】白灼芥蘭
【林家小館】鶏絲涼麺


■お店情報■
林家小館
朝陽区西大望路20号
010-8777-5855
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
  線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。
  面酷(Noodle Loft)の入り口左側にある通路のような入り口から入ります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ハルピンです
長春-大連-ハルピンと複雑な動きをしております。ハルピンといえば、ハルピンビールと餃子、豚料理です。あしたは堪能しようと思っております。
2009/08/08(土) 21:59 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
出張、お疲れ様でございます。
ハルビンは豚料理が名物なのですね。
地方に行くとご当地名物が楽しめていいですね。
2009/08/09(日) 20:05 | URL | ayazi #-[ 編集]
北京
北京に戻りました。ちょっとゆっくりします。
2009/08/10(月) 17:07 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
お疲れさまでした。
ご出張の疲れがはやく取れるといいですね。
2009/08/10(月) 18:28 | URL | ayazi #-[ 編集]
先日はありがとうございました!
写真をみていると美味しかったお料理が記憶がよみがえってきます。
また北京に行く機会があればご一緒させてください☆
2009/08/12(水) 00:04 | URL | しゃんしゃん #-[ 編集]
しゃんしゃんさんへ
こちらこそ、ありがとうございました!
あの日は無理無理ワンテーブルに17人(でしたっけ?)の大所帯、賑やかな食卓でしたね。
いろいろ頼めて私も楽しかったです。
北京にいらっしゃる時はまたぜひ!
2009/08/12(水) 07:23 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。