【北京の食文化】立秋貼秋[月票]

【北京の食文化】立秋貼秋[月票]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

立秋である。
貼秋[月票](tie1qiu1biao1)である。
脂身たっぷりの肉をがっつり食べる日なんである。

P1160975.jpg
(これは胡同の中にある小さな四川料理レストランの豚バラ煮込み。そのうち登場します。)

▼貼秋[月票]についてはこちらから。
【北京の食文化】貼秋[月票]
【北京の食文化】今日は立秋!貼秋[月票]

が、今年は「脂身を貼るのはちょっと待ったほうがいいんじゃない?」という説も出ている。
というのも、今年の二伏(中伏)は二回あって、三伏に入るのは13日。
立秋とは言えまだまだ暑い日が続くので、
こってりと胃腸に重たい脂身肉を食べるのはもうちょっと待ったほうがいいですよ、
ということらしい。

確かに、厳しい暑さはまだもう少し続きそう。
「苦夏(ku3xia4)=夏バテ、夏やせ」で落ちていた食欲が回復してくるのも、
実感としてはもう少し後になってからだよなあ。

中医の専門家からも、
「がっつりじゃなくて、ほどほどにしたほうがいいですよ。」
なんていうアドバイスが出ている。

北京っ子と言っても若い人たちは「貼秋[月票]」なんて気にしない人も多いだろうけど、
お年寄りの中にはこういう古くからの習慣を律儀に守る人も多いから、要注意。

本当はまだまだ食欲も回復せず胃腸も疲れ気味なのに、
無理して脂身肉を食べると胃腸に負担がかかってしまって逆効果だ。

苦夏と無縁の私なんて、なおさら食べる必要なし。
・・・なんだけど、
食べる日だと言われれば食べたくなるのが食いしん坊のサガでして。
どうなりますことやら。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。