【宏状元(坤粥店)】薏米緑豆百合粥

【宏状元(坤粥店)】薏米緑豆百合粥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ヨクイニン(ハトムギ)、緑豆、百合根のお粥
薏米緑豆百合粥(yi4mi3 lv4dou4 bai3he2 zhou1)
P1160664.jpg
【データ】とき:7月16日/ところ:朝陽門外・宏状元/ねだん:5元

ある週末、身体に赤いぶつぶつができているのを発見した。
腕、お腹、背中、おしり、足・・・身体全体にある。
しかし痒みはない。

以前、抗生物質を飲んで同じような症状が出たことがあったけど、
今回は別に何も飲んでいない。
アレルゲンになるようなものも食べてない(はず)。
時々口元からあご、耳にアレルギーが出ることがあるけれど、
それとは部位も違うし、腫れたり痒くなったりしないので症状自体が違う。

「なんだろう、気味悪。」
そんな気持ちでいたところ、
週明けにたまたまお会いした知り合いの鍼灸師さんにちょっと見てもらったら、
たぶん「湿」のせいだろうとの見立て。

最近湿気の多い日が続いているせいで、
身体に湿気がたまってしまっている状態なのだそうだ。
そうそう、私、もともとすんごくむくみやすい!

例年になく雨の多い今年の北京の夏。
雨だけでなく湿気も高くて、なんとなくムシムシ、じめじめしている。
もともと身体の水はけが悪いこともあって、
身体の中にも湿気がたまってしまったようだ。

暴飲暴食も原因の一つとのこと。
なので、それ以降は食べるほうも若干控えめにし、
そして基本的には禁酒で行くことにした。

県人会も、せっかくオホーツクビールで4種類の自家製ビール飲み放題だったってのに、
ウーロン茶。
みなさんがわいわいビールで盛り上がっているのを尻目に、
ひとり静かにウーロン茶。
涙。

さて、食療のほうは、
身体を冷やしむくみを取る食べ物の代表、緑豆にスポットを当てた。
食べたのは緑豆とヨクイニン、そして白米入りのほんのり甘いお粥。
上には百合根もあしらわれている。

ヨクイニンというのは、ハトムギの種の皮を除いたもの。
このお粥では薏米となっているが、
薏苡仁(yi4yi3ren2)というのが正式名称だ。

おかずはインゲン。
こちらも湿熱を取る食べ物だ。

味鮮扁豆絲(wei4xian1 bian3dou4 si1):16元
インゲンと豚肉の炒めもの

P1160666.jpg

ちと味付けがしょっぱかったけど、まあまあのお味。
私の身体のむくみは冷えからもきているようなので、
やたらに身体を冷やす食べ物ばかりを食べるのもまたいけないらしい。
適度にショウガやニンニクなども摂って、冷えすぎも防止。
うーむ、ややこしいことだ。

*****

宏状元の緑豆粥がなかなか美味だったので、
帰りがけに緑豆と薏苡仁を買ってきて翌朝おウチで緑豆粥を炊いてみた。

P1160671.jpg

ちょっとお米を入れすぎてしまったかな?
もう少し緑豆多めにすればよかった。

お店で食べるよりも砂糖は控えめ。
なかなかよろし。

その後、2週間ほど禁酒(いや、正確に言うと節酒かな)をして、
食べ物に少し気をつけていたら、
湿疹もどきはほぼ引いた。
ほっと一息。

【おまけ】
shenqiwan.jpg

鍼灸師さんに勧められた漢方薬。
北京同仁堂の金匱腎気丸。
一瓶13元。

今回湿疹(もどき)ができたのは、
身体に湿邪(私の場合はおそらく湿熱)がたまってしまったのと、
腎脾(中医で言うところの)が弱っているから。
それで服用を勧められたのが、この薬なのだった。

効能は、温補腎陽、化気行水。
腎虚やむくみ、腰や膝のだるさ、手足の冷えに効き、利尿作用がある。

一回20粒、一日二回服用。
写真で蓋に入っているのが一回分だ。

やや小振りながらも、ほぼ正露丸サイズ。
匂いも味も、そこはかとなく正露丸。
これを一回20粒は、結構・・・大変なのね。

飲むと、とたんに身体がカーッと火照った。
偶然?
それともそういうもの?

二瓶買ってみたが、一瓶飲んで今は様子見。
ずっと飲み続けないといけないのかしら?
とりあえず湿疹もどきがぶりかえさないから、いっか。


■お店情報■
宏状元(坤粥店)
朝陽区朝陽外街乙12号(昆泰国際中心)
010-5925-1249

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
長春
今は長春におります。
先の北京滞在では、西堂子胡同の例の店に行きました。また8/10に北京にもどりますので、またいこうとおもっております。必ずここで予習してからうかがっております。
2009/08/06(木) 10:08 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
長春はご出張ですか?
お疲れさまです。
西堂子胡同の例の店に関しては、龍心さんのほうが先輩ですね。
私はまだ通い始めたばかりで、まだまだです。
特に何がどうこうという訳ではないのですが、時々ふらっと行きたくなるお店ですよね。
2009/08/06(木) 18:21 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。