【鑫鑫愉園餃子館】干[火扁]土豆条

【鑫鑫愉園餃子館】干[火扁]土豆条
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ジャガイモの香り揚げ
干[火扁]土豆条(gan1bian1tu3dou4tiao2)
P1160634.jpg
【データ】とき:7月14日/ところ:交道口・鑫鑫愉園餃子館/ねだん:10元代だったかな?

干[火扁](gan1bian1)というと
つい「四季豆(si4ji4dou4)=インゲン」(又の名を「扁豆(bian3dou4)」を頼んでしまうが、
実は「土豆(tu3dou4)=ジャガイモ」も捨てがたい。

▼これまでに登場した干[火扁]もの。
【渝郷人家】干[火扁]四季豆
【茶馬古道】干[火扁]土豆絲
【渝郷人家】干[火扁]黄豆芽
(実はニガウリ版もあるのだが、それはしばらく後で登場予定。)
                  ↓
                  ↓
▼ニガウリ版、アップしました!!
【林家小館】干[火扁]苦瓜

久しぶりにジャガイモの干[火扁]ものを食べたので、記念にアップ。

干[火扁](gan1bian1)という調理法。
いろいろ食べたり説明を読んだりしたところによると、
材料を切ってから、少量の油で炒める、または油で揚げて、
素材に含まれている水分をすっかり出し切ってカラリとさせてから
調味料を加えて炒めるということのようだ。
食材の水分を出させてしまうことで、
その素材そのもののうま味を凝縮させるのが目的だ。

あまりにもインゲン豆バージョンの干[火扁]四季豆のイメージが強すぎるのか、
ただ単に
「素揚げした素材を挽肉と漬け物(たいていの場合プラス唐辛子)風味で炒めたもの」
というふうに定義が変わってきているような気もしていたが、
どうやらそういうことではないみたい。

仕上がりがカラリとしているか、
味付け用の副材料に何が使われているか、
ということとは関係なしに、
調理の過程でまず素材の水分を出し切っているか、
というところがポイントなんだな。

この干[火扁]土豆条は、
「土豆条(tu3dou4tiao2)=ジャガイモの拍子木切」を素揚げにして
水分を出し切ってカラッとさせてある。
味付けのために使われた唐辛子、山椒、葱、ニンニクなどの薬味の香りが
ホクホクとしたジャガイモのうま味を実によく引き立てていた。

干[火扁]四季豆は大好きだけど、
そればっかり食べてないで時には土豆に浮気してみるのもいいかも。


■お店情報■
鑫鑫愉園餃子館
P1160631.jpg
東城区交道口南大街18号
010-6406-1518
*交道口と寛街の間。道の東側にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。