【Le Little Saigon(西貢在巴黎)】越南菜

【Le Little Saigon(西貢在巴黎)】越南菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ベトナム料理
越南菜(yue4nan2cai4)
P1160672.jpg P1160674.jpg
P1160678.jpg P1160241.jpg
【データ】とき:6月29日・7月17日/ところ:旧鼓楼大街・Le Little Saigon(西貢在巴黎)/ねだん:記事参照

MOROのレモンチキン以外の料理をもっと食べたい!」
というえらく個人的な理由により、
プリック美和子さんとayaziをはめてエスニック会を結成させた
エスニック会三人娘(?)の一人であり影の番長であるOさんが
杭州へと去ってしまった。
言い出しっぺはとっとと一抜けて、はめられた二人が残された。

まあ、でも、気になっていたエスニック料理レストランを開拓し、
大人数でたくさんの料理を楽しめる機会なんてそうそうないからして、
私たち自身もこの会が楽しみになっているからね。
や、やめませんわよッ!

今回はベトナム料理の「Le Little Saigon」が会場。
鼓楼と鐘楼の近くにある小さなカフェレストランで、
フランスのカフェのような雰囲気の中で食事を楽しめる。
「西貢在巴黎」という中国語の店名からもうかがえるとおり、
少しフランスの香りのするベトナム料理もあるけれど、
今回はなるべく伝統的で典型的なベトナムらしい料理を中心に選んでみた。

以下、試食と本番で食べたベトナム料理いろいろ。

西貢料理(xi1gong4 liao4li3):68元
生春巻きと揚げ春巻きの盛り合わせ

P1160672.jpg

揚げ春巻きはハーブと一緒にサニーレタスで巻き
ヌクチャム(タレ)をつけていただくのがベトナム流。

レタスがちょびっとしか盛られて来ないので、単品で追加してもらった。
ベトナム料理は「野菜で巻く」食べ方がとても多くて、
鍋ものですら野菜で巻いて食べるんだとか。

蝦せんべいも登場。
P1160673.jpg

あるとついつい食べちゃう。

檸檬草鶏肉串拼盤(ning2meng2cao3 ji1rou4 chuan4 pin1pan2):48元
チキンのグリル・レモングラス風味

P1160680.jpg

レモングラス風味でグリルした串刺しチキンの盛り合わせ。
が、レモングラスの風味はかなり控えめだった?

西貢烤蝦(xi1gong4 kao3xia1):78元
蝦のロースト・サイゴン風

P1160678.jpg

スパイスでしっかり味をつけたエビを焼き、甘酸っぱいタレをかけたもの。
エビの味が濃厚でよかった。
個人的には、添えられてくるライスヌードルに
タレやら他の煮込み料理の汁やらをかけて食べるのがツボだった。

焦糖猪肉(jiao1tang2 zhu1rou4):48元
カラメルポーク

P1160674.jpg

豚肉をカラメルソースで煮込んだ料理。
とろりとした甘じょっぱい風味の中からふわっと香り立つカラメルの香りが新鮮。

これ、私は結構好きな味だ。
カラメルがもう少し利いていてくれると、もっといいかな。
マカオのリトラルで食べたこの発酵蝦味噌とタマリンドで煮込んだ豚肉
大のお気に入りだったからして、
私はこういう甘じょっぱい味で煮込んだ豚肉がもともと好きなんだなあ。

プリック美和子さんによると、ここのはこれでもあっさりめ。
本場ではもっとどろりとした濃厚なソースで、
これで魚を煮込んだりするとかなり日本の魚の煮付けみたいな感じになる。
現地に在住の日本人が好んで食べるそうだ。

そうね、私も紅焼黄魚(イシモチの醤油煮込み)なんかは
かなり和食っぽくて懐かしい味だと思うもんなあ。

越南咖喱鶏(yue4nan2 ga1li3 ji1):48元
ベトナム風チキンカレー

P1160675.jpg

ココナツミルクとジンジャーの風味で煮込んだ鶏肉のカレー。
あっさりしていて、インドやタイとはひと味違った趣だ。

煮込み系はジャスミンライスと一緒に。
P1160676.jpg

この土鍋がまた味がある。

羅望子炒蝦(luo2wang4zi chao3 xia1):52元
エビのソテー・タマリンドソース

P1160679.jpg

甘酸っぱいタマリンドのソースでエビとピーマン、タマネギをソテー。
タマリンドの風味が珍しかったのだけれど、
本番の時はかなりケチャップっぽい味になっていた。
なぜだ!?

餐廳特色小牛肉鍋(can1ting1 te4se4 xiao3 niu2rou4guo1):49元
特製ビーフシチュー

P1160239.jpg

フランスの影響を受けたベトナム料理でなかなか面白いメニューだったのだが、
ここのお店のはちょっと味わいが足りなかった。
なので、本番では却下。

このお店、全体的に味がマイルドというか、薄味。
北京に合わせたのか、それともオーナー(?)のフランス人の趣味か。
いや、濃い口の北京っ子に合わせたら、もっとしっかり味がつくはずだけど。

河内牛肉湯粉(he2nei4 niu2rou4 tang1fen3):35元
牛肉のフォー

P1160241.jpg

ハノイ風牛肉スライス入りのフォー。
ハーブを加えレモンを絞っていただく。
本場ではライムだけど、ここではレモンで我慢。
北京ではライムはまだ貴重品。
レモンですら、割合手軽に買えるようになったのは最近のことだ。

P1160683.jpg

こんな風にもやしをどばどばっとフォーの上にのっけて
多少しんなりさせてから食べる。

本当なら、テーブルにいろいろと味付けグッズがあって
自分好みに味を調えてから食べるみたいだけど、
ここではレモンと唐辛子くらいで我慢。
野菜や生のハーブにしても本場ではもっともっとふんだんに使うそうだが、
それも北京では全く同じようにするのは難しいようだ。

ただ、スープを後から足してくれるサービスがあったのはうれしかった。
ちょうど
「熱々だったらもっとおいしいんだけど。」
と話していたところだった。

このお店、メインはベトナム料理よりむしろフレンチなのかな。
店内もベトナム風というよりは、アメリに出てくるカフェみたい。
鼓楼や鐘楼の見えるテラスで食事をすると
もうちょっとアジアンな雰囲気になったかもしれないが、
この日はあいにく雨天だったため、1階席になってしまった。
もともとプリック美和子さんがテラス席に惚れて場所を選んだだけに、
この日の雨模様はとても残念だった。

そしてさらに、食事の途中でこんなものまで出てきて面食らった。

P1160677.jpg

フィンガーボール。
北京では初めてだ。

ところで、今回はベトナム風お好み焼きのバインセオは頼まなかった。
メニューでは「・・・薄餅」と書かれているのがバインセオだ。
英語のメニューでは、ベトナム風パンケーキと説明されているヤツ。
実はお店の人から勧められたのだけれど、
以前この店で食べたことのあるプリック美和子さん、試食でご一緒したH.Y.さんから
ともにダメ出しがあったので却下。

「ベトナムでもおいしいのにはなかなか当たらない」というバインセオ。
本場のおいしいバインセオは、このベトナム食い倒れ紀行(@酒徒さんブログ)をどうぞ。
うまそ~◎◎
こりゃ、ベトナムにも行かねばならんな。


■お店情報■
Le Little Saigon(西貢在巴黎)
P1160227.jpg
西城区旧鼓楼大街乙141号
010-6401-8465
*鼓楼の西にある旧鼓楼大街にあります。
  かなり鼓楼寄り、通りの西側です。
  鼓楼東大街から行く場合は、
 鼓楼を過ぎて最初の交差点を右折してすぐ左手。
 地下鉄二号線「鼓楼」駅からの場合は、
 旧鼓楼大街の通りの右手(西側)を南下し鼓楼東大街との交差点手前。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こうぎ
ベトナム料理は邪道です!!

個人的に嫌いでした・・・。

中華望む!!

特に辛いの。

見るだけで口水、大歓迎!!
2009/07/20(月) 00:34 | URL | いーらん #-[ 編集]
いーらんさんへ
え?あ?そうなの?
私はベトナム料理自体は嫌いじゃないけど・・・
まあ確かに、麻辣に慣れてるとちと物足りない感はあるかな。
見るだけで口水系、そのうち登場しますよん。
お楽しみに。
2009/07/20(月) 01:42 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。