【東四豆花香辣蟹】香辣蟹

【東四豆花香辣蟹】香辣蟹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

素揚げ蟹のスパイシー炒め
香辣蟹(xiang1la4xie4)
P1160127.jpg
【データ】とき:6月21日/ところ:東四・東四豆花香辣蟹/ねだん:一斤50元くらい

日本に帰られたTさんから、
「おいしい香辣蟹のお店があるんですよ。
 中国人の同僚に教えてもらって、よく連れって行ってもらうんです。」
という情報をいただいた。
ある日曜日、私のほうも中国人の友人と連れだって行ってきた。

そのお店は、東四豆花香辣蟹。
P1160120.jpg P1160121.jpg

きっともともとは豆花のお店だったのが、
香辣蟹が流行った時に香辣蟹も扱うようになったんだろう。
鬼街の老北京春餅の店が、
いつの間にやら麻辣香鍋の店になっていたのと同じ流れだな。

地面より少し下がった作りになった店内からは、
大豆腐巷ののどかな風景が眺められる。
P1160122.jpg

緑鮮やかな葉を輝かせているのは、柿の木だ。

香辣蟹は、蟹の重さで注文する。
一斤で確か50元ほど。
聞けば、一斤は三杯が目安だと言う。

それほど甲殻類好きという訳ではないので、まずは一斤だけ注文。
足りなければ途中で足せばいい。

サービスで出てくる前菜や、涼拌萵笋(liang2ban4)をつまみつつ、
蟹ちゃんの到着を待つ。
P1160123.jpg P1160125.jpg

陽光降り注ぐ胡同を眺めながら、冷たいビールで乾杯。
むふー、気持ちいい。
至福の休日。

ややあって、蟹ちゃん登場!

P1160131.jpg

真っ赤な甲羅と真っ赤な唐辛子が目に痛い。
ビニール手袋をはめて、蟹との格闘へ、いざ!

P1160132.jpg

唐辛子、ニンニク、葱、山椒、筍などなど、さらにパイナップルまで入った炒めダレは
なかなかに濃厚で複雑な味わい。

P1160133.jpg

Tさんによると、カレー風味だということだったが、
果たして、確かにほんのりとカレーのような味わいがある。
若干ターメリックが入っているのかも。

蟹はいったん素揚げにしてあるので、カリカリと香ばしい。
そこに香辣ダレがよくからんで旨い。
殻を残して中身をほじって食べてもいいが、
かなりよく揚がっているのでそのままバリバリと口の中で砕いても平気。
エキスを味わいつくしたら、プッとボウルに殻だけ出せばいい。

若干味が濃いめだけれど、口直しにこんなのを食べながらなら大丈夫。

大豊収(da4feng1shou1)
カット野菜の盛り合わせ・甘ミソ添え

P1160134.jpg

ところで、私が昔食べた香辣蟹は、蟹を食べ終わったらそこにスープを足し、
さらに火鍋にして食べるという、おいしさ二段構えだったが、
ここのはどうやら鍋ラウンドはないらしい。

いやでも、二人ならそれで充分。
蟹も一斤(三杯)で充分だった。
会話もそこそこに蟹と格闘し続けて、ちとお疲れ。
今度はもっと大人数でやって来ることにしよう。


■お店情報
東四豆花香辣蟹
P1160120.jpg P1160121.jpg
東四西大街大豆腐巷46号
010-6514-2513
*大豆腐巷は、美術館のある交差点から東に伸びる東四西大街の南側にあります。
  美術館から東に一本目の路地を南へ入ると、看板が見えてきますよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。