【A先生家】ワイン会(シャルドネ&ピノ・ノワール)

【A先生家】ワイン会(シャルドネ&ピノ・ノワール)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1160080.jpg P1160086.jpg
P1160110.jpg P1160091.jpg
【データ】とき:6月20日/ところ:-/ねだん:-

だいたい月に一度のペースで開かれているAさんのワイン会。
参加させていただくようになってから、私はほぼ皆勤賞。
毎月それはそれは楽しみにしていて、
日にちのお知らせがあり次第すぐさまスケジュールに書き込んで予定死守している。

最近は葡萄品種を指定しての旧、新世界比較がテーマになっている。
私の場合、旧世界ワインと新世界ワインの比較なんていうレベルにはまだ到達できず、
単に葡萄品種それぞれの特徴を頭と舌に刻みつけるので精一杯だけど、
それでも漠然と説明を聞くよりもかなり記憶に残りやすい。

今回のテーマは、シャルドネとピノ・ノワールだ。
テーマが分かった時点から、心がけてシャルドネを飲んだ。
シャルドネは中国でも人気品種でとても手に入りやすいし、
値段も割合お手頃のものが多い。
ハーフボトルのものも結構あって、
とにかく味をおぼえたい私にとってはありがたい。

ピノ・ノワールを北京で飲むとちと値がはってしまうので、
普段飲みするには厳しいのね。

ちなみにシャルドネは中国語でいくつか訳語があるようだけど、
霞多麗(xia2duo1li4)、夏多内(xia4duo1nei4)あたりが一般的かな。
ピノ・ノワールは、黒皮諾(hei1pi2nuo4)。
なるほど、ピノは音訳で皮諾、ノワールだから黒がつくのね。
さらにちなみに、Pinot Gris(Grio)だと灰皮諾(hui1pi2nuo4)だって。

▼この日参加者が持ち寄ったワインについては、Aさんのブログをどうぞ。
-第19回 北京ワイン会-

私はお料理中心に!

前菜の盛り合わせ
P1160080.jpg

・グージェール(チーズのシュー)
・ホワイトアスパラのトリュフバターソース
・エビのカレー風味・エビミソのソース
・小さなコロッケ・トリュフとシチリアの塩添え

コロッケがお気に入り。
ジャガイモのほこほことした素朴な風味と、トリュフの旨味、シチリア塩がマッチ。

今回のワイン会の参加者はいつもに比べると少なめ。
とは言え、それでも20人以上が参加された。
だから前菜もこうして行進。
P1160081.jpg

持ち寄りのワインを置いたテーブルの前とキッチンが私の定位置。
ワインに近い場所、お料理に近い場所、そしてAさんに近い場所、である。
何しろワイン全品種制覇が毎回自分に課しているテーマであり、
お料理の出来たてほやほやを食べることが楽しみだからだ。
Aさんに近い場所キープは、
Aさんの玉手箱のようなワイン表現ボキャブラリーの中から
魔法のように飛び出す詩的なコメントが拾えるから。
時々、口福にもあずかれるからでもありますが(<本音)。

まずはシャルドネを中心に試飲しつつ、次のお料理を待つ。

むむ?
Aさんに動きが!
ローズマリー風味でチキンをソテー開始。
P1160082.jpg

こんがりカリカリに焼けたのを、さらにオーブンでカリッパリッと。
P1160083.jpg P1160084.jpg

これをショートパスタのグラタンに乗せて、
黒胡椒をガリリと挽き、お塩をパラリ。

鶏の胸肉カリカリソテー キノコとベーコンのグラタン添え
P1160086.jpg

Aさんが「濃厚なシャルドネと。」とおっしゃるのに従って、
濃いめのしっかりしたシャルドネとのマリアージュを楽しむ。

チキンソテーも行進だ。
P1160088.jpg

シャルドネに合わせて供されたお料理が出された後は、
Aさんのワイン解説も赤、ピノ・ノワールへと進む。

ワインの色味を見たりして、知識のごちそうも忘れずに。
P1160091.jpg

そうこうしているうちに、またキッチンからいい音といい匂いが・・・
つられてキッチンに行ってみると。
P1160092.jpg
フォアグラだあ。

そしてこっ、これは、ハンバーグ?
P1160094.jpg

マッシュドポテトのお座布にちょこんと鎮座ましましたハンンバーグに
さらにフォアグラの帽子をのっけて、
P1160099.jpg P1160103.jpg

アスパラの飾りをつけて出来上がり。
P1160111.jpg

特製フォアグラハンバーグ・キノコのソテーとアスパラ添え
P1160112.jpg

これ絶品。
こんな豪勢で濃厚でこっくりと官能的なハンバーグ、
子供には食べされられまへんな。
大人のハンバーグ。

ハンガリー産フォアグラが急遽手に入ったとかで、
今回はピノ・ノワールがテーマだけどこのお料理にされたんだとか。
理想のカップルとはいかずとも、まずまずのお相手?
本当ならこのフォアグラハンバーグ×キノコソテーなら、
幸せな結婚相手はメルローさんだったみたい。

Aさんはよく
「ayaziさんはすごく勉強熱心。」
などと褒めてくださってありがたい限りなのだけれど、
いえいえ、記憶に残っているのはこの通りお料理のことばかり。
ほんと、面目ない。

評価に恥じないように、ワインのほうも少しずつ、覚えて行きます故、
今後ともよろしくお願いいたします。

▼Aさん主催ワイン会関連の記事。
【A先生家】葡萄酒聚会
【A先生家】五大シャトーセカンドワイン試飲会
【A先生家】五大シャトーセカンドワイン試飲会(お料理篇)
【A先生家】ワイン会(ホワイトアスパラと人生最大最厚ホタテ)
【某日系公寓】戸外焼烤


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/13(月) 14:32 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。