【利群烤鴨店】鍋塌豆腐

【利群烤鴨店】鍋塌豆腐
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中華風豆腐ピカタ
鍋塌豆腐(guo1ta1 dou4fu)
P1150928.jpg
【データ】とき:6月9日/ところ:前門・利群烤鴨店/ねだん:20元

豆腐入り卵焼き。
卵の量が少なめなので、豆腐ピカタと言ってもいいかも。

▼過去の鍋塌豆腐関連記事:
【貴春居餐廳】鍋塌豆腐

▼茄子バージョンもある。
【海碗居】鍋塌茄子

▼「塌(ta1)」ものだとこんなのもある。
【北平居菜館】糊塌子
これは老北京菜でもあり、北京小吃でもある。

話戻って、鍋塌豆腐。



北京のレストランで出される「鍋塌豆腐(guo1ta1dou4fu)」には、
実は二つのタイプがある。

一つは薄切りにした豆腐入りの卵焼き。
もう一つがこの汁なしの揚げだし豆腐みたいな豆腐の旨煮だ。

「鍋塌豆腐」と言えば、通常は前者を指す。
薄切りにした豆腐を中華鍋に並べて焼き(打ち粉もしてあるかな)、
そこに葱などの薬味を入れたごくごく薄い溶き卵を注ぎ入れて焼いたものだ。




貴春居の鍋塌豆腐は後者だったが、利群のものは前者のタイプ。
このタイプは卵焼きを作った後に、
さらに薄い醤油味のあんがかかっていることがほとんどなのだが、
今回は単なる卵焼きタイプだと言うので頼んでみた。
つまり、私はあんがかかっていないタイプが好きなのだ。

なんてことはない料理で、味もまあなんてことはないのだが、
時折無性に食べたくなる。
お母さんがウチで作ってくれるような、家庭料理っぽさのせいだろうか。


■お店情報
利群烤鴨店
P1150918.jpg
前門東大街正義路南口北翔鳳胡同11号
010-6705-5578/6702-2681
*前門駅B出口から前門東大街を東へ向かい、最初の交差点を右折。
  路地を南下してしばらく行くと、右手に店名とアヒルの絵のある路地があるのでそこを右折。
  ちょっと歩くと右手にお店の壁絵が見えてきます。
  これなら二回曲がるだけで到着しますよ。
  詳しい行き方は、こちらをどうぞ。
*料理代の他に、個室代が30元かかります。
*さらに、1時間の時間制限あり!

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。