【利群烤鴨店】北京最難找的烤鴨店

【利群烤鴨店】北京最難找的烤鴨店
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北京で一番見つかりにくいダック店
北京最難找的烤鴨店(bei3jing1 zui4 nan2zhao3 de kao3ya1dian4)
P1150918.jpg
【データ】とき:6月9日/ところ:前門・利群烤鴨店/ねだん:-

日本に帰られるというTさんの送別会。
物腰がやわらかく、その上とてもお美しくて、
いつもとても趣味のいいアクセサリーを身につけていらっしゃって、
「素敵だなあ」
と常日頃思っていた方だ。
帰国されるなんて、残念。
まだまだいろいろお話しさせていただきたかったのに・・・

会場は、利群北京烤鴨店。
胡同の中にあるオンボロのお店なのに、やたらと人気のこのお店、
「一度は行かないと」
とずっと思っていながら、ずっと機会がなく今に至っていた。
Tさんからリクエストがあって、
この度ようやく足を運ぶことができた。

待ち合わせをした地下鉄前門駅のB出口に着くと、
なぜかやたらカメラを構えている人が多いのに気づいた。
空を見上げて、納得。
きれいな虹が大きく弧を描いていた。

P1150898.jpg

北京でこんなに見事な虹がかかるのはとても珍しいこと。
なんだか気分も弾む。

P1150901.jpg

さて、前門駅から利群ダック店までは、歩いてほんの10分ほど。
が、このお店、「たどり着けない店」で有名だ。
地図や行ったことのある方のブログを参考に検討した結果、
迷路のような胡同を抜けないとたどり着けない西側からのルートはあっさりあきらめ、
二回角を曲がればいい単純な東側ルートから挑むことにする。

ではここからしばらく、実録「利群烤鴨店」への道!

まず、地下鉄二号線「前門」駅のB出口からいったん地上へ。
P1150900.jpg

出口を背にして右手斜め前方にある地下道をくぐって前門東大街へと出る。
そこから東方向にしばらく進み、最初の交差点を右折。
前門東大街と交差しているのは正義路だ。

P1150905.jpg
(交差点の北東角には華風賓館があります。)

そこから南方向へと路地を進む。
路地の左手には前門小学校がある。

P1150906.jpg

しばらく行くと、崇文門西河沿との交差点にぶつかる。
P1150908.jpg

でも目指す北翔鳳胡同はこの通りよりも南にあったはず。
さらに直進。

北京同仁堂中医医院の看板があっても、そっちに行かずまだ直進。

P1150909.jpg

あ!
北翔鳳胡同の標識発見。
P1150910.jpg

たこ揚げに興じる「膀爺(bang3ye2)=諸肌脱ぎのおっさん」に心和みつつ、さらに進むと、
P1150912.jpg

右手の壁に大きく書かれた北翔鳳胡同の標識とアヒルちゃん発見。
P1150911.jpg

あらら、やけにあっさり見つかっちゃった?
たぶん、このあたりの路地がかなり整備されて分かりやすくなったのと、
まだ日が高くて見通しが利いていたからだろう。

胡同の石煉瓦壁に描かれたアヒルちゃんに導かれるままに進むと、
P1150914.jpg
                              ↓
P1150915.jpg
                              ↓
P1150916.jpg
(アヒルにひかれて利群参り~)
                              ↓

P1150918.jpg

おお、これね、この壁。
ガイドブックやネットで何度も見たことあるわ・・・

P1150919.jpg
入り口に薪が積まれていて、なかなかにテンションが上がってきた。

店内に入ると、いきなり釜がお出迎え。
P1150920.jpg

中は想像通り、かなりのオンボロ。
P1150921.jpg

VIPルームだと言って別料金(30元)を取られた個室も、
ごくごく普通のお部屋だ。

P1150922.jpg

さて、このいかにも庶民なお店で供されるダックのお味やいかに!?
それはまた明日改めて。


■お店情報
利群烤鴨店
P1150918.jpg
前門東大街正義路南口北翔鳳胡同11号
010-6705-5578/6702-2681
*前門駅B出口から前門東大街を東へ向かい、最初の交差点を右折。
  路地を南下してしばらく行くと、右手に店名とアヒルの絵のある路地があるのでそこを右折。
  ちょっと歩くと右手にお店の壁絵が見えてきます。
  これなら二回曲がるだけで到着しますよ。
*料理代の他に、個室代が30元かかります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
烤鴨
ここはよく行きました。今は周囲の道路が整備されていますが、最初いった頃はほんとに複雑な胡同の中にありました。だんだん値上がりしているのがどうも気になっています。仕方ないのですかね。庶民的な雰囲気も味のうちといえそうですが。
2009/07/01(水) 21:30 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
以前は東側の路地もかなり細くて分かりにくい道だったようですね。
今はほぼ直線で、しかも見通しのいい広い道になっています。
かなり探しやすい店になっているかもしれません。
庶民的なお値段だったらあの雰囲気も充分楽しめるのですが、あれだけ高いと不満材料に変わってしまいます。
でも、それでもお客は引きも切らないのですから、やはりこれはお店の戦略勝ちなのかもしれないと思うと、複雑な気持ちです。
2009/07/02(木) 18:09 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。