【科力淮揚村】開洋蒲菜

【科力淮揚村】開洋蒲菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ガマの干しエビ炒め
開洋蒲菜(kai1yang2 pu3cai4)
P1150891.jpg
【データ】とき:6月7日/ところ:麦子店・科力淮揚村/ねだん:48元

開洋(kai1yang2)は、塩漬けしてから干した海老。
そう言えば、上海で食べた幻の麺にも「開洋」ってついてたなあ。
入ってる入ってる、開洋。

でも、この料理の主役はなんと言っても蒲菜(pu3cai4)。
野菜料理のページを見ながら
例によって何か面白い野菜があるかどうか聞いてみたら、
いくつか挙げた名前の中に「pu3cai4」という聞き慣れない野菜があった。
なんだそりゃ?
よくよくメニューを見てみたら、蒲菜と書いてある。
「蒲」と言えば、ガマだ。

ほお、珍しい。
ガマなんて、食べたことないよ。

同行の友人に了解をいただいて、さっそく注文。
メニュー名に「開洋」とあったので聞いてみると、
海米(hai3mi3)=干し海老と一緒に炒めたものだという。
うん、おいしそう。
それに決定。

後で調べてみたら、
中国では山東、江蘇、浙江、四川、湖南、陝西、甘粛、河北、雲南、山西等に分布していて、
南方の水郷地帯が最も多いそうだ。

食べるのはガマの穂ではなくて、茎。
これがまた、面白い食感だった。
見た目は長ネギみたいなのだが、サクッと気持ちよく歯でかみ切れる。
先日食べたマコモダケは葱とタケノコの間みたいな食感だけれど、
あちらがタケノコ寄りだとすると、こちらは葱寄り。
この食感、クセになる。

味は葱のような尖った香味ではなく、とてもまろやか。
火がよく通っていて甘味もある。
干し海老からの旨味が幾層もの皮の間まで染みわたっていて、
かみ切るごとにじゅく、と出てくるのもまたいい。

ただ、若干油が多かったのと塩気がきつかったのが残念。
もう少しあっさり仕上げたら、実に日本人好みの一品になるだろう。

3番のコックさん、よろしくです。
P1150892.jpg


▼これまでの「科力淮揚村」関連エントリー:
【科力淮揚村】淮揚菜
【科力淮揚村】淮揚素脆鱔
【科力淮揚村】鴨油西葫
【科力淮揚村】生煎三黄鶏
【科力淮揚村】蝦[米子]平
【科力淮揚村】蘇北小菜
【科力淮揚村】金陵鴨血粉絲
【科力淮揚村】油淋鶏
【科力淮揚村】淮揚菜品嘗会
【科力淮揚村】自酿[口卑]酒
【科力淮揚村】鮮[口卑]羊肉
【科力淮揚村】芝麻芦蒿干



■お店情報
科力淮揚村(永安店)
朝陽区農展館北路甲5号
6501-1188(内)2844または2847
*永安賓館の2階です。
 永安賓館は、農展館北路と麦子店路の交差点の東南角にあります。
■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
おお、
コックの番号を書いた紙がこんなにキレイに!これ、店側も見られることを意識してたんですね。注文の際、「この料理は3番にお願い」とか言うことありますか?広州ではこの紙がついていること自体、少ない気がします。
 
ところで、幻の麺、先週の出張で食べてきましたよー!ayaziさんも、次こそは「幻」でなくなることを祈ってます!
2009/06/30(火) 11:02 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
なかなかきれいな番号シールでしょう!?
これ自体はそんなに珍しいものじゃないけど、ちょっと可愛らしいので撮ってみました。
コックさん指定で料理を注文したことは未だかつてありません。
マッサージ屋さんみたいですね。
今度試してみようかな。

幻の麺、食べたですって!!!???
クヤシイーッ!ウラヤマシイーッ!
私はこのところ上海に行く機会すらありません。
幻でなくなるのはいつのことやら・・・
2009/06/30(火) 18:43 | URL | ayazi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/30(火) 20:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。