【科力淮揚村】鮮[口卑]羊肉

【科力淮揚村】鮮[口卑]羊肉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

羊肉のビール炒め
鮮[口卑]羊肉(xian1pi2 yang2rou4)
P1150885.jpg
【データ】とき:6月7日/ところ:麦子店・科力淮揚村/ねだん:48元

気づけばこの店もかなりのヘビーローテーションで通っている。
もともと気に入っているし近所だということもあるが、
「油淋鶏が食べたい」という方が結構多くて、
ならばとご案内することが多いのも一つの原因だ。

これがその油淋鶏(you2lin2ji1)。
P1150894.jpg

相変わらずおいしいのだが、以前よりもパリパリ感が若干落ちた。
それに、スパイスの味が強くなってクセもあるかな。
私は以前の油淋鶏のほうが断然好みだ。

【科力淮揚村】油淋鶏

油淋鶏はさて置き、本日のエントリーは鮮[口卑]羊肉。
油淋鶏よりはむしろこちらのほうが看板料理のようで、
メニューでもかなり前のほうのページに大きな扱いで載っている。

淮揚菜で羊料理というのもまた珍しくていいか。
と思って注文してみたら、確かに今まで食べたことのない羊肉ものだった。

鮮[口卑]の[口卑]は、言うまでもなく[口卑]酒(pi2jiu3)=ビールだろう。
下ごしらえの際にビールで煮てあるのかなあ。
羊肉がとてもやわらかくまろやかになっている。
それをいったん揚げて、たっぷりの長ネギと一緒に炒め合わせてある。

若干油っぽいが、なかなかおいしい。
が、あまりにも羊肉がやわらかく、しかも臭みがなくなっていて、
羊肉らしさが失われてしまった感は否めない。
ちょっと物足りないかな。

羊肉料理を評価する時に、
「臭みがなくて、まるで羊肉じゃないみたい。」
なんてことが言われたりするが、
それなら羊肉を食べる意味がないじゃないか。
と思うのは羊肉好きだからだな、きっと。

同じ葱と羊肉なら、葱爆羊肉のほうがパンチがあって好みだ。
というくらい、羊臭さのない羊料理。


▼これまでの「科力淮揚村」関連エントリー:
【科力淮揚村】淮揚菜
【科力淮揚村】淮揚素脆鱔
【科力淮揚村】鴨油西葫
【科力淮揚村】生煎三黄鶏
【科力淮揚村】蝦[米子]平
【科力淮揚村】蘇北小菜
【科力淮揚村】金陵鴨血粉絲
【科力淮揚村】油淋鶏
【科力淮揚村】淮揚菜品嘗会
【科力淮揚村】自酿[口卑]酒


■お店情報
科力淮揚村(永安店)
朝陽区農展館北路甲5号
6501-1188(内)2844または2847
*永安賓館の2階です。
 永安賓館は、農展館北路と麦子店路の交差点の東南角にあります。
■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。