【四川省駐京弁餐廳】川菜大餐~熱菜篇

【四川省駐京弁餐廳】川菜大餐~熱菜篇
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

川菜大餐~熱菜篇
四川料理大会~あたたかい料理篇
川菜大餐~熱菜篇(chuan1cai4 da4can1~re4cai4 pian1)
P1150725.jpg P1150723.jpg
P1150718.jpg P1150715.jpg
【データ】とき:5月30日/ところ:建国門内・四川省駐京弁餐廳/ねだん:記事参照

前菜だけでかなりの品数になってしまったが、
これからがいよいよ本番である。

麻婆豆腐(ma2po1dou4fu):10元
P1150715.jpg

いきなり登場!
「日本人は(馬鹿の一つ覚えみたいに)これしか頼まない」
と中国人の間でもっぱらの評判、
になっているかどうかは定かではないが、
それほど日本人の中華料理概念になくてはならないもの。
が、うっかりしてオーダー忘れするところだった。

一通り料理を頼んだ後ではっと思い出して慌てて追加したら、
真っ先に運ばれてきた。
やはり日本人が麻婆豆腐好きだということが情報徹底されているのだろうか?

しかし、ここの麻婆豆腐はもちろん本格派。
成都の陳麻婆豆腐店には及ばないが、
山椒の粉がたっぷり盛られた刺激たっぷり版だ。
辛さは見た目ほどではなく、
それを包み込むような複雑で多層的な味わいが見事。

これが登場したとたんに、
「ご飯がほしい」
「頼んでいいですか?」
の声があちこちから。
急遽、白米飯(bai2mi3fan4)を追加した。
マイ麻婆丼をこしらえる人多数。

もともとそんなにポーションが大きい訳ではないので、
麻婆豆腐はすぐに底をつき、なんと、というか、
やはり、というか、もう一皿追加。
白いご飯を温存して
お代わりした麻婆豆腐の到着を待つ御仁の笑顔がまぶしかった。

樟茶鴨(zhang1cha2ya1):28元
ダックの燻し揚げ

P1150718.jpg

ダックを使った料理というと北京ダックばかりがやたらと有名だけど、
これも旨い。
私はむしろこっちのほうが好き。

樟=くすのきと、茶=花茶(ジャスミン茶)でスモークしたダックを
油で揚げた料理。
スモークの風味と、揚げた肉の香ばしさが楽しめる。

山薬牛柳(shan1yao4 niu2liu3):28元
山芋と牛肉の炒めもの

P1150719.jpg

山芋炒めたの、大好き。
この意外な食材の使い方と食感を知ってほしくて、
グルメ会で山芋を使った料理があるとたいてい頼んでしまう。

水煮牛肉(shui3zhu3 niu2rou4):20元
牛肉スライスの激辛スープ煮

P1150722.jpg

水煮魚はよく食べても、水煮肉のほうはあまり食べる機会がないかも。
と思って頼んだ一品。
水煮魚が北京で流行る前は、水煮といえばこっちだった。

留学当時、同学と隣のテーブルにこの料理があるのに気づき、
店員さんから調理名を教えてもらって「発見」した思い出の料理。
それ以来、好物だ。
水煮魚の大流行以来、若干影が薄くなったような気がするが、
こちらもおいしい水煮もの。

スライス肉の下には、野菜が隠れている。
白菜、レタス、小白菜などが定番だが、今回はもやし。
メニュー名からは肉だけの料理のような印象を受けるけど、
実は野菜がたっぷり食べられる料理だ。

干[火扁]四季豆(gan1bian1 si4ji4dou4):15元
インゲンと挽肉の漬け物炒め

P1150723.jpg

これも定番の炒めもの。
ちょっとしっとりした炒め揚がりだったが、さすがは貫禄の味付けでおいしかった。
ただ、個人的にはインゲン豆の皮がぷくっとふくれるくらいカラリと揚がっていて、
ほくほくした豆の風味が残っているくらいが好み。

辣子仔鶏(la4zi zai3ji1):68元
ひな鶏の唐揚げの唐辛子炒め

P1150725.jpg

巨大な皿で一気に食卓が真っ赤っかに。
ここの辣子鶏は辛い。
文句なしに辛い。
どのくらい辛いかって、他の料理が甘く感じるくらい辛い。

魚香肉絲(yu2xiang1 rou4si1):18元
細切り豚肉の魚香ソース炒め

P1150728.jpg

辣子鶏のせいで甘く感じたのがこれ。
確かに魚香ソースはもともと辛いながらもやや甘みのあるソースではあるのだが、
今回はまったく辛さを感じず。

老鴨酸羅卜湯(lao3ya1 suan1luo2bo tang1):?元
ダックと大根の漬け物のスープ

P1150726.jpg

これが実にいい味だった。
ダックを使ったスープはしっかりと出汁が出た濃厚な味で、もともと大好き。
そこに大根の漬け物の爽やかな酸っぱさが加わって、実にいい塩梅だった。

P1150727.jpg

中華料理は漬け物の使い方が実に豊富だし、上手いなあ。

毛血旺(mao2xue3wang4):38元
血豆腐とモツの激辛スープ煮

P1150729.jpg

これも、少人数で来ると辣子鶏や麻婆豆腐に押されてなかなか頼めないが、
実はこのレストランの看板料理なのだ。
血豆腐がふるふるとした絶妙の食感で、美味。
お箸の後が残る弾力と、口にした時の独特のキコキコした歯ごたえ。
一度ファンになると病みつきになる。

糯米骨(nuo4mi3gu3):18元
スペアリブの餅米蒸し団子

P1150732.jpg

たまには辛くないお料理も・・・ということで頼んだもの。
豚のスペアリブを餅米でくるんで団子状にして蒸した料理だ。
若干仕上がりの美しさに欠けるが、
お味のほうは餅米の風味が力強くスペアリブを包んでいてなかなか。

[火倉]炒蓮白(qiang4chao3 lian2bai2):8元
キャベツの炒めもの

P1150734.jpg

最後に野菜を何かと思って豌豆尖があるかどうか聞いてみたら、
もう季節を過ぎてしまったとのこと。
他に何があるか聞いてみた中で、一番食指が動いた野菜にしてみた。
蓮白(lian2bai2)、つまり圓白菜(yuan2bai2cai4)。
キャベツである。

調理法は、
「[火倉]炒はどうですか?」
と言われて即決。
唐辛子や花山椒を利かせてジャジャッと炒める調理法で、
キャベツには実によく合う。
この調理法だと、キャベツの甘みが引き立つのだ。

熱菜篇、これにて終了。
書いていて改めて思ったけど、ほんと、よく頼んだ。
次回は怒濤の主食篇へと続く!
デザートもあるよ!

▼過去の「四川省駐京弁餐廳」関連記事:
【四川省駐京弁餐廳】正宗川菜
【四川省駐京弁餐廳】口水鶏
【四川省駐京弁餐廳】麻醤油麦菜
【四川省駐京弁餐廳】橙汁藕片
【四川省駐京弁餐廳】魚香肉絲
【四川省駐京弁餐廳】樟茶鴨
【四川省駐京弁餐廳】辣子鶏
【四川省駐京弁餐廳】担担麺&酸辣粉
【四川省駐京弁餐廳】川北涼粉
【四川省駐京弁餐廳】咸焼白
【四川省駐京弁餐廳】酸菜粉絲湯
【四川省駐京弁餐廳】毛豆拌時蔬
【四川省駐京弁餐廳】椒麻鶏
【四川省駐京弁餐廳】辣子仔鶏
【四川省駐京弁餐廳】醪糟粉子
【四川省駐京弁餐廳】川菜大餐~涼菜篇


▼実はもう一つある「四川省駐京弁餐廳」。こちらも本格派です!
【北京四川五粮液龍爪樹賓館】もう一つの川弁餐廳
【北京四川五粮液龍爪樹賓館】正宗川菜
【北京四川五粮液龍爪樹賓館】正宗川菜(之二)


■お店情報
四川省駐京弁餐廳(貢院蜀楼)
東城区建国門内貢院頭条5号
010-6512-2277(内)6200
*建国門から長安街を西方向へ進み、長安大戯院の右の路地を北上します。
  そのまま突き当たりまで進み、右折。
  壁なりに進むと入り口があるのでそこを入り、
  左手に建物を見ながらぐるりと回り込むとレストランの入り口があります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ayaziさん、こんにちわ。
あぁ~、やられました!
今すぐ北京に飛んでいって、食べたいっ!
「毛血旺」、看板商品なんですね。血豆腐は豚ですか?今度たべよっと。
マイPCが故障して以来、コメントはご無沙汰ですが、毎回欠かさず拝見しています。
これから夏の料理、楽しみにしています。
2009/06/19(金) 16:04 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
お久しぶりです!
また食べに飛んでいらしてくださいっ!
毛血旺、中国人のお客さんは頼んでる人多いですよ。
血豆腐は鴨血です。
夏の料理・・・うーん、そうですね、ザリガニがもう季節を迎えてるんですがまだ食べに行けていません。
近いうちに行かなきゃ!と思ってます。
2009/06/20(土) 00:08 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。