【東興順爆肚張】再訪爆肚張

【東興順爆肚張】再訪爆肚張
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

爆肚張再訪
再訪爆肚張(zai4fang3 bao4du3zhang1)
P1150128.jpg
【データ】とき:5月8日/ところ:前海・東興順爆肚張/ねだん:記事参照

シンプルの極致のような叩きキュウリを食べたのは、
『胡同の理髪師』の舞台にもなった東興順爆肚張。

再開発で取り壊しになったものの、
移転先が元の場所から目と花の先だったのはまさに不幸中の幸いだ。

先日はお店を覗くだけで素通りだったが、
今回ようやく新規開店なった絶品のゆでモツ屋さんを再訪することができた。

前海は目と鼻の先、
窓からえいやっと思い切り踏み出せばそのまま前海に飛び込めるかのような
ウォーターフロント(?)感こそなくなってしまったが、
窓際の席に陣取れば前海が望める。
P1150127.jpg

以前のような掘っ立て小屋感はなくなったけど、
ひなびた風情はなぜか残っていて、いい感じ。
(新築なのに・・・??)
店内も、新築とは思えない風情で、
これはまあ、かなり元の雰囲気を引き継いでいると言っていいのではないだろうか。

P1150135.jpg

はだかの親父も出没していた。
「膀爺(bang3ye)=諸肌脱ぎのおっちゃん」の季節到来だ。

ああ、北京だなあ。

雰囲気はまずまず、肝心のモツのお味はどうだろう?
基本中の基本、牛百葉と羊肚仁を頼んでみた。

牛百葉(niu2bai3ye4):15元くらい?
P1150133.jpg

牛のセンマイ。
変わらず旨し。

ただ、やはり最初に酒徒さんと北京小吃紀行を敢行した時の
黒さが鮮烈でとげとげまで美しいお姿には及ばず。
あれはまさに口福だったなあ。

正直なところ、ほんの少~おし、臭みが気になった。
もう一、二回食べてみないとなんとも言えないけど、
少し気がかりだ。

羊肚仁(yang2du3ren2):30元
P1150132.jpg

これ、おそらくミノの一部ですぼまった管のような部分。
ゴムのようなムニムニした弾力のある食感と、
シャクシャクっとした歯切れのよさが同居する不思議なモツだ。
牛のものより、羊のほうが鞠の弾むような生きのいい弾力があっていい。

これは実に美味だった。
私はもともと肚仁好きなんだな、きっと。

他にも例のおでき炒めに麻豆腐、芥末白菜なんていう、
愛すべきどローカルグルメをぽちぽちと頼んで、
燕京の普通[口卑]酒を並べてご機嫌さん。
P1150131.jpg

ああ、よかった。
移転後も変わらずこの雰囲気を味わえる。

そっけない客対応も健在。
さらには夜8時閉店という強気(?)の営業時間も健在。

ご主人の張さんも、ちょっとお年は召されたけど、
まだお元気で帳場に座っていらっしゃった。

いつまでもお元気で。
また張さんちのゆでモツを食べに来ますね。


■お店情報
東興順爆肚張
P1140154_1.jpg
西城区前海東沿
010-6405-7412
*銀錠橋から前海沿いに地安門外大街に向かうと、左手。
  階段のある広場に向かって右手にある建物の、一番左にあるお店です。
  地安門外大街から行く場合は、地安門商城の北の路地を西に入り、
  前海にぶつかったら右方向へ向かうと、右手にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
中国の接客
>そっけない客対応も健在

まだこれは残ってるんですか?
またまた思い出しました
およそ当時の中国では接客サービスという概念はまったくなかったですよね
最初におどろいたのが北京空港での入国審査でパスポートの検閲を終わってこちらに返す時、手首のスナップを使ってパスポートをポイっと投げ返してきたのには驚きました。
まず日本じゃありえないふるまいで。
そして店の店員のこれ以上ないというぐらいの無愛想さ(笑)
明らかにイヤイヤな仕事をやっているんだという態度が100%全開!!!
でもなぜかそんな嫌な感じがしなかったのです。日本的にみると最低の接客サービスと言われるかもしれませんが、考えてみると日本の接客サービスはもう店員その人の個性を消し去ってしまって機械的な行為と化してしまっています。
作り笑顔か本当の笑顔が分からないし口ではありがとうございますと言っても心で何を考えているかも分かりません。
それに比べ当時の中国の人々の対応は”素の対応”で無愛想で不機嫌そうでも会話中、可笑しくて笑ったり困った顔するとそれは本当に面白かったり困ったりしているんだと明らかに分かります。
人と人が接する時、相手が本当に素のまま接してくれたらある意味嬉しいものですよね。
日本の接客サービスが好評な高級旅館が外国人に喜ばれているという話題を良く耳にしたりしますが、行きすぎたサービスはどうかと思ったりもします。夫婦だけで営んでる小さな宿なんかで素のまま接してくれた方がよっぽど心安らげたりしますよね
近年、日本企業の中国進出も多くなりコンビニ店員に日本と同じくお辞儀させながら「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます!」
と画一的なサービスを訓練させている映像を見たりすると、あぁまた中国の一部分が消えてしまうんだなぁ~となんだか寂しく感じます。
なかなか本心をすぐに出さない日本にいると、あのふてぶてしいほど無愛想な接客が恋しくなったりします(笑)
2009/06/04(木) 19:49 | URL | 北海公園 #-[ 編集]
北海公園さんへ
そっけない客対応を特別好んだり、推奨している訳ではないのですが(笑)、こういうお店だとあれはあれでいい味かなあと思うのでした。
こちらで暮らしていると、そっけなかったり、日本基準で言えば失礼な対応を取られても、いちいち怒ったり気にしていたりしては身も心も持ちません。
そうしているうちにこちらのスタンダードに慣れてしまい、今度は逆に日本の接客に違和感を感じるようになってしまったりもします。
どちらも極端ですかね。
(最近日本のサービスも言うほどよくなくて、「日本なのにー!?」と憤ることもありますけれど。)
うまく中間あたりで落ち着いてくれるといいのですが。
2009/06/05(金) 19:06 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。