【ayazi的家】櫻桃

【ayazi的家】櫻桃
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さくらんぼ
櫻桃(ying1tao2)
P1150748.jpg
【データ】とき:5月31日/ところ:-/ねだん:30元(500gで)

さくらんぼが季節だ。
これは友人からのいただきもの。
一斤(500g)で30元だったとのこと。
これって高いのかな?安いのかな?

さくらんぼ狩りに行くともっと高くて、50元もするそうだ。
でも、熟れたのを選んでもげるのが利点。

いずれにしても、日本では高嶺の花のさくらんぼも、
こちらではほとんど値段を気にしなくてもいいくらいの安さだ。
おかげでパクパクとお腹いっぱいさくらんぼを食べられて実に幸せな気分。

P1150750.jpg

余談だけど、櫻桃(ying1tao2)と来るとどうしても続けて
「小丸子(xiao3wan2zi)」と言いたくなる私。
「櫻桃小丸子」は、「ちびまる子ちゃん」の中国語タイトル。
これの台湾吹き替え版は、吹き替えのお手本みたいな傑作だ。
あの口調も声質も、かなりオリジナルの雰囲気そのまま。

ちなみに大陸吹き替え版は説教臭い感じになっちゃって全然ダメだった。
ああいう日本っぽさをそのまま中国語版に置き換えるのって、
断然台湾のほうが上手いよなあ。

【おまけ】
別の日に食べたドリアン。
P1150099.jpg
あんまりフォトジェニックじゃないので、【おまけ】扱いで。

最近はドリアンも割と普通に売っているようになった。
例のとげとげ鎧に包まれた状態でも売ってるけど、
それはさすがに手が出せないのでパックを購入。
この量でだいたい20元くらい。

私はドリアン、嫌いじゃない。
あのぬめりも、バターのようなこってりした脂っこさも、
そしてほとんど腐臭のようなあの匂いも、
慣れれば旨い。
しかし、翌日トイレでも同じ匂いをかぐことになるとは思わなかったけど。
(尾籠な話題で失礼!)

ドリアンは中国語で、榴蓮(liu2lian2)。
あれ?
ザクロ(石榴)の時は榴の字、四声なのになあ。
なんで二声?
と思って辞書を引いてみたら、
ザクロは「石榴(shi2liu)」で、四声じゃなくて軽声だった。
いつまでたっても、声調の覚え違いってあるのね・・・ぐす。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
懐かしついでにもう少しコメント(3本)させてください
北京の地に降り立った時、ホテルまでの道中タクシーで街並みを見た時は、あぁもう日本に一刻でも早く帰りたい!と思いました。でも3日たったらもう日本に戻りたくない!と思いました(笑)とにかく当時の北京は日本が過去に忘れ去った懐かしい忘れ物がいっぱい詰まってました
私が幼少の頃、ちょうど高度成長時代突入したての日本全土が前向きに活気ある生活感がありました。
私の田舎は特に鉱山町だったので特にその活気が際立ってました。もちろん裕福ではないけれど皆、それぞれの希望に向かって前向きな活気があふれてました。今日本はそれなりに成熟してその貪欲さは町の雰囲気には感じられません。
それが北京にあったのです。その当時も中国の人々は皆裕福ではなかったと思いますが、皆、何かを掴むために必死に生きる生活感が残っていました。それが一昔前の日本を思い出してとても懐かしかったです。
2009/06/02(火) 11:33 | URL | 北海公園 #-[ 編集]
面白かった出来事
ある朝、仕事に向かう途中、町中にある川を通ると昔日本にあった3輪自動車にスイカを一杯積んだ車が橋から川へ落っこちてしましたした。
回りは仕事に向かう人々で一杯でしたが、ある人が川に飛び込むと連れだって10人ぐらいの人が川へ飛び込んで流れるスイカと拾って笑顔で川から上がって来ました。私は感激しました。他人にもやさしいのは海外逃亡が出来ない地形が生んだ日本民族の良さだと思ってましたが、個人主義が色濃い大陸の中国で困った人を助ける気概が彼らにもあることに物凄く感激しました・・・・が・・・川に飛び込んでスイカを拾った人々は皆、それぞれどこかへ散って行きました(笑)
学びました。何かあって失敗して他人が助けてくれるほど甘い世界は無い!他人の失敗でも自分の利になることは大いに生かす!と。あ、別に中国の方々を悪く言ってるのではありませんよ。大陸系の民族ではそれが当然でしょうし、常々そういう思考を持ってないと生きていけないと思いますし。日本とかイタリアは八方海に囲まれたまたま悪さが出来にくい風土になっただけだと思います(世界で一番騙しやすいのは日本人とイタリア人と良く言われてます)それに他人に向かない分、身内や仲間意識は断然日本人より大陸系の人々の方が強いと感じましたし。
2009/06/02(火) 11:34 | URL | 北海公園 #-[ 編集]
ビールジョッキ
つまらないことですけど、中国の店で生ビールを注文すると樽の様にジョッキの中腹が膨らんだものが多く無いですか?
日本では収納の効率からかストレートな形のジョッキが多いんですが、断然、樽型のジョッキがビールを数倍美味しく飲めました。飲食は食器の見た目も大事ですよね!
ビールが一番進んだおかずは、日本では見たこともないトウガラシの親分みたいにでかい虎皮ナントかというものすごーく辛い炒め物。虎がつくんだから相当なものだろうなとは予想してましたが、あの辛さは強烈でしたがビールの友には最高でした!
ちなみに中国の友人(カラオケで仲良くなった少姐(笑)の家(胡同))に遊びに行った時、その友達が皆ビール瓶を抱えて集まってくれましたが当時、燕京瓶ビール1本、2元でした。そして彼女らは栓抜きなど使わず皆、歯でビールの蓋を開けました。
あぁ、これも小さい頃、親父たちが酒飲むとき、皆、そうしていたなぁ~とまたまた懐かしい一場面を見せてもらいました。
2009/06/02(火) 11:35 | URL | 北海公園 #-[ 編集]
北海公園さんへ
おっしゃっていること、とてもよく分かります。
「うん、うん」と頷きながらコメントを拝読しました。
北京は今も前向きで活力にはあふれていますが、あの頃の「日本が忘れ去った懐かしい忘れ物」はここでもだんだん忘れ去られようとしている感じがします。
90年代の最後にこの場所にいられた私のことをよく友人は「古き良き北京にぎりぎりで間に合ったね」と言います。
2009/06/02(火) 18:15 | URL | ayazi #-[ 編集]
北海公園さんへ(2)
いかにも!な展開に、大笑いしてしまいました。
ただ私はこの国の人たちのこういうところ、嫌いではないんです。
なんかこう、気持ちいいほど利己的で。
でも、他人を助ける心やさしい方々もたくさんいらっしゃいますよ、もちろん。
席を譲ったり、お年寄りを助けたり、社会的に美徳とされていることをするのを、変に人の目を気にして躊躇したりことさらに胸を張ることもなく、さらりと普通にするところなんか、日本人が見習うべきだと思います。
2009/06/02(火) 18:20 | URL | ayazi #-[ 編集]
北海公園さんへ(3)
ジョッキの形、そう言われてみればそうですね。
最近はストレートなのも増えてきましたが、昔よく飲んだ北京ビールのジョッキは樽型主体でしたねえ。
虎皮の正体は、尖椒ですね!
あれ、ほんとに尖椒だけ炒めてあるけど、うまく炒めてあると実においしいです。
私のベストは、友人が作ってくれたもの。
目から鱗のおいしさでした。
ビールの栓、割り箸で開ける方法を習得したいと思って早ン年。
ウィグル族のあんちゃんたちがやってるのを見てかっこいいと思ったのでした。
未だ習得できておりませんが。
2009/06/02(火) 18:31 | URL | ayazi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/04(木) 15:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。