【圓鑫餐館】腐竹芹菜

【圓鑫餐館】腐竹芹菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中国湯葉とセロリの和えもの
腐竹芹菜(fu3zhu2 qin2cai4)
P1150033.jpg
【データ】とき:4月29日/ところ:王府井・圓鑫餐館/ねだん:5元

藤の花が見事だというウワサを聞きつけて、
居ても立ってもいられなくなってかけつけた圓鑫餐館。

私が行った時は夜7時すぎで薄暮に浮かぶ藤棚だったけど、
昼間はこんなに美しいお庭。

yuanxinレストラン
(写真は藤の花情報を教えてくださったIさん提供。ありがとうございました!)

藤棚席はこの時期予約しないと座れない人気ぶり。
私たちはおとなしく室内のテーブル席に就いた。

「じゃあ、まず前菜は何にする?」
「これなんかどう?」

日本から北京へと「里帰り」した広東少女さんと私が選んだのは、
腐竹芹菜(fu3zhu2 qin2cai4)。
中国湯葉とセロリの和えものだ。

いやあ、ベタっすね。
なかなかローカル色の高いオーダーです。
花丸。

なんてーことはない和えものだけど、
これがまたしみじみとローカル中華っぽくていいのだ。
大好きな前菜だ。
そして、5元という激安価格もまた最高ではないか。

合わせるのはやっぱり、これ。
普[口卑](pu3pi2)。

P1150034.jpg

北京のローカルビール、燕京ブランドの中でもいちばんの庶民派ビール。
通称「普通[口卑]酒(pu3tong1 pi2jiu3)」、略して「普[口卑](pu3pi2)」

「普通」と呼ばれていることからも分かるように、これがオリジナル。
昔はこれしかなかったのだ。

最近、これを置いてあるレストランがめっきり少なくなった。
どこも11~12元の純生ばっかり。
ぷぅぴぃはあまりに安くて売り上げに貢献しないんだろうなあ。

どれだけ安いって、お店で飲んでも4~5元。
何本テーブルの上に空瓶を並べても、ちっともお財布に響かない。

5元の前菜に4~5元のビール。
ローカルグルメ、バンザイ!である。


▼「圓鑫餐館」関連記事:
【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
【圓鑫餐館】大餡餃子
【圓鑫餐館】小二鍋頭
【圓鑫餐館】腔骨
【圓鑫餐館】煮花生米
【圓鑫餐館】干炸小黄魚
【圓鑫餐館】海米冬瓜
【圓鑫餐館】爛蒜肥腸
【圓鑫餐館】餃子就酒,越喝越有
【圓鑫餐館】拌豆腐絲
【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
【圓鑫餐館】砂鍋白菜丸子湯
【圓鑫餐館】[月昔]八蒜
【圓鑫餐館】砂鍋豆腐湯
【圓鑫餐館】四合院の藤棚の下で北京家庭料理


■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
  和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
  しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
そういえば、餃子!!
そこの近くに、おいしい餃子屋さんがあるんだよ。林兆華の息子曰く、北京で一番おいしい餃子屋さんだそうだ。聞いたことある?
でも、私は交道口の餃子屋さんのファンです。
美味しいよね~、あそこ。
レポートお願いしますぜっ☆
2009/05/26(火) 00:20 | URL | いーらん #-[ 編集]
ビールギンギンに冷えてるのがよく分かります(笑)
そう言えば昔は冷えたビールを探すのに苦労しましたよね~
全部常温!なんてことは当たり前だったし あっても高いビールだけで安いノーマルビールは常温・・・

特に冬でも冷たいビールで羊肉串を食べたい私は結構苦労しました。
テーブルに持ってきたビールの栓を開けずにそのまま店の玄関の外に置いて北京の冬の天然冷凍庫を利用して飲みましたよ

2009/05/26(火) 06:49 | URL | ww #mQop/nM.[ 編集]
いーらんさんへ
交道口の餃子屋さん、鰻の寝床みたいな間口の狭いお店だよね。
あそこ、たぶんいーらんさんに連れていってもらった1回しか行ったことないの・・・
なんか私のよく行くお店リストには入っていなかったのですよ。

で、林兆華ジュニアおすすめの餃子屋さんの店名教えて!
(この店も餃子が名物で、「大餡餃子」って看板に書いてあるんだけどね。ココとは違うの?)
2009/05/26(火) 18:54 | URL | ayazi #-[ 編集]
wwさんへ
よく冷えたビールでしたよ。
確かに昔はなかなか冷えたビールが飲めませんでしたよね。
ただ、冬場は「常温」でも天然冷蔵庫効果でそれなりに冷えてたりしますよね。
でも、実は私、最近は冷えてないビールにも慣れてきました。
ないと言われれば、「ま、いっか」と普通に飲んだりもします。

2009/05/26(火) 18:58 | URL | ayazi #-[ 編集]
まさにそこかも!!
私はこの店の名前が「大餡餃子」だと思っていた。まさにここでしたよ。

交道口のお店は、ちょっと大きくなっていたよ~。
今度行ってみてくださいな。
お店の名前は、見たらわかるんだけど・・。「愈」という字が付いていたような・・・。
日中友好賓館のの胡同の向いあたりだったと思いまする。
2009/05/28(木) 16:29 | URL | いーらん #-[ 編集]
いーらんさんへ
おお、このお店なのね!
確かに餃子が名物みたいで、ほとんどの人が食べてます。
ただ、私はもう少し厚めの皮でどっしりした感じの餃子のほうが好みなので、ストライクゾーンにどんぴしゃり!ではないですねえ。
交道口、今度行ってみます。
友好賓館の胡同口の向かいあたりね・・・探してみまーす。
2009/05/28(木) 18:10 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。