【A先生家】ワイン会(ホワイトアスパラと人生最大最厚ホタテ)

【A先生家】ワイン会(ホワイトアスパラと人生最大最厚ホタテ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1140979.jpg P1140985.jpg
P1140990.jpg P1140996.jpg
【データ】とき:4月25日/ところ:-/ねだん:-

Hさんことプリック美和子さん宅の「狗不理包子を食べる!」ランチパーティ
ずっと頭にこびりついていた夜の予定は、これ。
Aさん宅のワイン会だ。

あれだけ食ったってのに、よく胃袋にスペースがあるもんだ・・・
とあきれられてしまいそうだが、
ワイン会のAさんのお料理と言えば、
これを食べずにいられることがあろうか(いやない)。

胃袋のスペースというのは食い意地と気合いと根性でいくらでも広がるものなのだよ(<嘘)。
ふっふっふっ。

そうしてひねり出した胃袋に収まった料理は、次の通り。

前菜盛り合わせ
(春野菜のテリーヌ風、生ハムとパパイヤ、干しブドウ入りレバーパテ)

P1140979.jpg

ビタミンカラーの春野菜テリーヌが、目に鮮やか。
これがお店じゃなくて、家庭で食べられるってんだから、もう。

二色のアスパラガス
P1140985.jpg

ホワイトとグリーンのアスパラガスを使った春らしいお料理を一つずつ。

ホワイトアスパラガス(焦がしバターとトリュフソース)
P1140982.jpg

この日二度目のホワイトアスパラ。
北京でこんなにホワイトアスパラを食べることになるなんて、
想像もしなかった。
この日一日だけで日本にいた時に食べた本数の合計をすでに上回ったな。

ソースがまた!
トリュフー。
むほー。

これはシャルドネで!

グリーンアスパラガス(オレンジと粒マスタードソース)
P1140983.jpg

オレンジと粒マスタードですよ?
どうやったらこんな組み合わせを思いつくのだろう。
グリーンアスパラの風味とよく合っていた。

これがホワイトに負けず劣らず美味。
いや、ホワイトアスパラを食べた直後だからこそ、
改めてグリーンアスパラの旨さを再認識したという感じ。

これはソーヴィニヨン・ブランで!

巨大ホタテのバターソテー(クレソンのサラダ添え)
P1140993.jpg

我が人生最大にして最厚のホタテである。

どれだけでっかくて厚いかというと、
ほらこんなに!
P1140988.jpg

これをたっぷりのバターでソテー。
P1140989.jpg

たっ、たまらん、この焦げ目!
P1140990.jpg

食べ終わりたくなかった・・・

アサリとエビのパスタ
P1140996.jpg

アサリベースのスープに、
さらにボイルしたエビの頭を外してそれをつぶして取った出汁をプラス。
まずいはずがない。

これは白で!

牛肉の赤ワイン煮(タリアテッレ添え)
P1150002.jpg

おそらく赤ワインを何本も惜しげもなく注ぎ入れてじっくり煮込んだ牛肉。
これまた美味だったのだが、どうやらこのあたりからワインがかなり回ってきた模様。
写真もかなりぶれている。

桜葉のブランマンジュ
P1150003.jpg

記憶も切れ切れ。
写真もブレブレ。

で、気がついたらこの日は一枚もワインの写真を撮っていなかった!
いやあ、それだけ料理のインパクトが強かったってことだろうか。

ちなみに、この日のワイン会のテーマは、
白がシャルドネとソーヴィニョン・ブラン、
赤がグルナッシュとシラー(シラーズ)だった。

シャルドネは黄色っぽいフルーツやバター、バニラ系のあったかい感じの香り、
ソーヴィニョン・ブランは青っぽい果物やハーブなど草系の寒色系の雰囲気の香り。
頭では分かるけど、鼻と舌でどっちかを判別するのが意外にむずかしい。

すんごくはっきりした典型的なシャルドネ、ソーヴィニョン・ブランなら
分かるんだけどなあ。

で、赤のグルナッシュとシラーはと言うと、
記憶にございません・・・
いつものまだら記憶喪失に陥ったのだった。

あーあ、Aさんがきっと解説してくださったに違いないのに。
ダメ生徒ですみません。
でも、お料理はこの通りちゃんとおいしかったって覚えてますよ!
Aさん、いつも本当にごちそうさまです!

▼Aさんのブログもぜひどうぞ!
北京情報・ワイン・食べ歩き


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ちょーど飢えてるんで・・・
パスタ、めちゃくちゃおいしそう!!!

ここ数週間、開けてもくれても、沖縄料理と中華系、だったんで、無性に、洋食が食べたい私・・・。

ほたてもすげーよ~。

いいなぁ、朝からヨダレだよ~★
2009/05/24(日) 11:16 | URL | いーらん #-[ 編集]
いーらんさんへ
このアサリとエビのパスタは、危険なほど旨かったです。
というか、この日出たお料理はどれもこれもスペシャル付きでめちゃくちゃおいしかった!
口福でした~
2009/05/24(日) 23:14 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。