【潮汕小館】上湯莧菜

【潮汕小館】上湯莧菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ヒユナの炒めもの・スープ仕立て
上湯莧菜(shang4tang1 xian4cai4)
P1140905.jpg
【データ】とき:4月23日/ところ:関東店南街・潮汕小館/ねだん:18元

最近ヘビーローテーションの潮汕小館。
すっかりお気に入りのレストランになってしまった。

そこで頼んだ野菜ものがこれ。
莧菜(xian4cai4)は、ヒユナという葉物野菜。

とは言え、ヒユナ自体があまりなじみのない野菜かもしれない。
インド原産のヒユ科の一年草で、別名はバイアム、ジャワほうれん草。
味にくせがなくて、おひたしにしてもいいらしい。
日本でも明治の頃は栽培されていたようだけど、今はすたれてしまった。
あまりにくせがなくてさっぱりしすぎているのが敬遠されたらしい。
でもほうれん草の2倍の鉄分を含んでいるんだって。

日本ではお目にかかったことはないけど、
こちらでは主に南方の料理を出すレストランで結構見かける。

これまでにも、飲茶レストランのスープ仕立てにしたものや、
上海食い倒れ紀行で行った老舗レストランのもの
それから孔乙己尚宴で食べた赤紫のヒユナをアップ済み。

北京ダックの名店大董烤鴨店でも
花しいたけや揚げニンニクと一緒にスープ仕立てにしたものを食べた。

さらに、ヒユナの茎を発酵させたものと臭豆腐の
たぐいまれな芳香のハーモニーに酔いしれたこともあった。

この野菜、若干粘りけがあるけどクセはなく、
わしゃわしゃ食べられて草食動物気分を味わえる。
意外に噛みごたえがあって、もきゅもきゅと咀嚼しないといけないところも
食物繊維を摂ってるような気がして、精神健康上よろしい。

上湯(shang4tang1)は極上の(コンソメ)スープ。
日本では「上湯スープ(“極上スープ”スープ)」なんていう用語で定着している。
「アイヤー・・・!」である。

これ、最初からスープに入れるのではなく、あくまで炒めもの。
ざっと炒めてほぼ火が通ってから上湯を注ぎ、スープっぽくしてあるのだ。
だから油が入っていない訳ではありません、念のため。

でもヒユナみたいに緑の鮮やかな野菜は、スープ仕立てにすると見映えがいい。
それにやっぱり、油にまみれているよりは健康的に見えるしね。


▼過去の潮汕小館関連記事:
【潮汕小館】潮州菜
【潮汕小館】魚飯
【潮汕小館】普寧炸豆腐
【潮汕小館】牛肉丸河粉湯
【潮汕小館】潮州特色菜
【潮汕小館】清遠鶏
【潮汕小館】油泡角螺片
【潮汕小館】干炒牛河
【潮汕小館】老火例湯


■お店情報
潮汕小館
P1120825.jpg
朝陽区関東店南街2号
010-6561-0693
旺座大廈北配楼1階
*ケリーセンターの北側。
  ケリーセンターの西にある通り(関東店南街)を北上し、一つ目の交差点を越えてすぐ右側。
  譚氏官府菜の右隣にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。