【孔乙己尚宴】清炒紅莧菜

【孔乙己尚宴】清炒紅莧菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

赤いヒユナの炒めもの
清炒紅莧菜(qing1chao3 hong2xian4cai4)
P1140878.jpg
【データ】とき:4月22日/ところ:朝陽公園西門・孔乙己尚宴/ねだん:42元

孔乙己の野菜ものは侮れない。
メニューには載っていなくても、
意外な「時令菜(shi2ling4cai4)=旬の野菜」を置いてあることがあるからだ。

これまでに食べたものの中で面白かったのは、
エゾキスゲのつぼみ、サツマイモのつる。
どちらも他のレストランではあまりお目にかかれない珍しい野菜だ。

だから、ここで食事をする時は必ず、
「今日はどんな野菜がありますか?」
と聞いてみることにしている。

この日は紅莧菜(hong2xian4cai4)というのがあるというので、
それをお願いした。
莧菜(xian4cai4)はヒユナだから、それの赤い版ということになる。

炒めあがった紅莧菜は、ほとんど莧菜と変わらない見た目。
違うのは、お皿にたまった赤紫の汁だ。

味はヒユナに少しだけ苦みを加えたような感じ。
茎の部分がしっかり歯ごたえがあって、「葉っぱ感」たっぷり。
草食動物よろしく、もきゅもきゅと咀嚼。
しっかり食物繊維を摂取した気分。

ヒユナ自体も日本人には珍しい野菜だけど、
赤いヒユナとなるともっと新鮮。
赤紫が見た目にもきれいなので、
食卓のワンポイントとして頼むといいかもしれない。


■お店情報
孔乙己尚宴
朝陽区朝陽公園路八号公館内
010-6508-2228

*よりローカル色の強いお店が好みなら、老店のほうへどうぞ。
孔乙己酒店(老店)
東城区東四北大街322号(六条西口南20メートル)
6404-0507/6401-3855

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。