【孔乙己尚宴】龍井蝦仁

【孔乙己尚宴】龍井蝦仁
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

川海老の龍井茶炒め
龍井蝦仁(long2jing3 xia1ren2)
P1140870.jpg
【データ】とき:4月22日/ところ:朝陽公園西門・孔乙己尚宴/ねだん:108元

川海老の龍井茶炒め。
龍井茶という日本人にも有名な中国緑茶と海老の組み合わせは
日本人には絶大な人気を誇る。
日本から来た人を案内する時にこれを頼むととても喜ばれる。

が、私自身は実はそれほど興味がないのであまり食べない。
これ、下手なところで中途半端なものを頼むと、
言うほどに、値段ほどにおいしくはないからだ。

▼とかなんとか言いつつ、それなりに食べている・・・
【咸亨酒店】紹興菜(熱菜篇)
【孔乙己尚宴】新春宴
【天香楼】杭州名菜

でもこの日は同席した方から
「新茶の季節だし、頼んでいいですか?」
とご要望があって注文してみた。

そう、確かに龍井茶(に限らずだけど)は今が新茶の季節。
いただきものの西湖龍井の板栗香に酔った記憶も新ただったし、
「年に一度、お茶の一番おいしい季節に食べても罰は当たらないかな・・・」
と思ったのだ。
孔乙己尚宴なら大きく外すこともないだろうというのも理由。

P1140868.jpg

盛りつけも美しく登場した龍井蝦仁は、
うす桃色の大振りの海老に緑の茶葉が鮮やか。
ぶりぶりの海老の食感もうれしい。

P1140869.jpg

奥に見えるガラスの茶壺(cha2hu2)=急須に入っているのはお酢。
これをたらすと、また風味が変わって面白い。

108元という値段はちょっとハードルが高いし、
ホントに新茶を使ってるかどうかはなんとも言えないところだろうけれど、
まあいいのだ。
季節を愛でると思えば、財布のひももゆるむ。
この季節には、「安くてうまい」がモットーの私も心動かされる一品だ。

▼今までに登場した龍井茶:
【富春山居】龍井茶(フーチュンリゾートにて)
【望湖楼】龍井茶(西湖のほとりで)
【ayazi的家】明前西湖龍井

■お店情報
孔乙己尚宴
朝陽区朝陽公園路八号公館内
010-6508-2228

*よりローカル色の強いお店が好みなら、老店のほうへどうぞ。
孔乙己酒店(老店)
東城区東四北大街322号(六条西口南20メートル)
6404-0507/6401-3855

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。