【圓鑫餐館】四合院の藤棚の下で北京家庭料理

【圓鑫餐館】四合院の藤棚の下で北京家庭料理
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

王府井のすぐ側にある小さな四合院レストラン、圓鑫餐館。
今、お庭の藤が満開だという話を聞いて、
北京へ「里帰り中」の広東少女さんと二人で出かけてきました。

P1150029.jpg

このレストラン、大好きなので何度か通っていましたが、
お庭に藤の木があったんですね。
全く気がついていませんでした。

あいにくと藤の花を見ながら食事のできるお庭の席はいっぱいで
花の下での食事とはなりませんでしたが、
暮れなずむ空にぼんぼりのように下がる薄紫の花房を見ることができました。

涼菜二品をつまみにビールをぐびび。
P1150035.jpg

豆花鶏片と酸菜粉絲をがっついて、
P1150038.jpg P1150037.jpg

最後は餃子で締めくくりました。
P1150050.jpg

もやしと卵と蝦皮入りを二両と、豚肉とセロリのを二両。
とても女二人の食卓とは思えませんな・・・
あ、餃子は食べきれずにお持ち帰りしましたよ。

ところで本題の藤の花。
満開をちょっと過ぎた頃でしょうか。
ぼちぼち散り始めそうな気配です。

P1150030.jpg

ご興味のある方は一両日中にどうぞ!

過去の「圓鑫餐館」関連記事はこちらから。


■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
  和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
  しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
西堂子
この3月は北京に行けずじまいですが、藤の花があったのですね。全く気がつきませんでした。また出かけてみたいなあと思っています。酸辣湯と餃子の組み合わせが経済的でボリュームがありますね
2009/05/01(金) 22:09 | URL | 龍心 #iOCS38IQ[ 編集]
龍心さんへ
そうなんです、藤の花、私も全く気がついていませんでした。
この季節は気持ちよいですよ。
お庭にテーブルも出ていたので、しばらくは屋外席で食事もいいですね。
2009/05/02(土) 17:50 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。