【安徽省駐京弁餐廳】安徽菜(一)

【安徽省駐京弁餐廳】安徽菜(一)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

安徽料理
安徽菜(an1hui1cai4)
P1140851.jpg P1140846.jpg
P1140848.jpg P1140854.jpg
【データ】とき:4月21日/ところ:恵新西街・安徽省駐京弁餐廳/ねだん:記事参照

先日日本に帰国した広東少女さんが、ちょっと所用があって北京に「里帰り」した。
里帰り当日に、お友だちに声をかけて囲む会を開いた。

場所は安徽省駐京弁餐廳、つまりは安徽省の北京駐在事務所レストラン。
以前アップしたハトと山芋のスープをぜひ飲みたい!
との熱いリクエストにお応えしたのだ。

円卓を囲んだのは、本人を含めて10人。
「よーし!安徽省グルメをどしどし頼むぞ~!
まずはあのスープと、それからあのスペアリブのと、クワイ入り肉団子と・・・」
と張り切ってメニューを繰ったのだが・・・

ない!

何度も何度もメニューを繰りなおし、隅々まで探したのだが、ない!
ハトと山芋のスープはあったものの、
今まで食べたことがあっておいしかった料理が、ことごとくない!

どうやら、メニューの大幅な刷新が行われた模様。
うーむ、どうしたものか・・・

実はこのレストラン、安徽省駐京弁レストランとは言え、メインは広東料理。
おまけになんちゃって刺身なんてのまであって、
安徽料理はごく一部にすぎない。

各省や自治区、地方都市の駐京弁レストランには大きく分けて二通りのタイプがある。
一つはそこのご当地料理を本場の味で楽しめるタイプ。
地元から出てきた人の胃袋を満足させるための食堂みたいな位置づけだろうか。
有名な四川省駐京弁のレストランはこっちのタイプの代表格だ。
それから貴州省のレストランあたりもこっちに入る。

もう一つが、地方から出てきた人のために
せっかく首都に来たんだからおご馳走をどうぞ、というタイプ。
このタイプの場合、やたらと広東料理が幅を利かせていて、
その土地のローカルグルメはメニューのはじっこや真ん中あたりに
申し訳程度に2ページか3ページくらいに押し込められている。
こうしたレストランでは、ご当地グルメの味も期待できない。
駐京弁レストランだからと言って、本場の味が楽しめるとは限らないのだ。
福建省なんかはこっちの部類かなあ。

でも、この安徽省駐京弁レストランは、
二つめのタイプに入っていながらも、
まずまずおいしい安徽料理が食べられるところが気に入っている。
いや、安徽省でじっくり味わったことがないから本場の味とは言えないが、
出てくる料理はどれもおいしい。

だからこそこの日の会場に選んだのだけれど、
こう「なじみの料理」が姿を消していてはなあ。
点菜担当ayazi、さすがに途方に暮れてしまった。

仕方ない。
後は酒徒さんが安徽を旅した時に食べた料理のイメージや、
なるべく安徽ならではの雰囲気のあるものを名前や食材から探して頼むしかない。

これからご紹介するのは、
こうして頭を悩ませつつなんとかかんとか頼んだ料理。

・・・が、ここまでですでにかなり長くなって力尽きてしまった。
オーダーしたお料理についてはまた明日


▼過去の「安徽省駐京弁」関連記事:
【安徽省駐京弁餐廳】黄山[火屯]鴿
【安徽省駐京弁餐廳】馬蹄圓焼排骨


▼旧ブログの「安徽省駐京弁」関連記事:
安徽省駐京弁でポンポコリン~その壱
安徽省駐京弁でポンポコリン~その貳


■お店情報
安徽省駐京弁餐廳
朝陽区恵新西街1号安徽大厦1階
6496-5588(89)
*四環路と恵新西街がぶつかる交差点の西南角。
 イトーヨーカドーよりちょっと西に行ったところです。
 地下鉄「恵新西街北口」駅のすぐそばです。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。