【阿文湯包】湯包

【阿文湯包】湯包
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スープ入り包子
湯包(tang1bao1)
P1140833.jpg
【データ】とき:4月20日/ところ:永安里・阿文湯包/ねだん:記事参照

久しぶりの月曜美食会。
今回の会場は、秀水市場のすぐ近くにある阿文湯包。
P1140814.jpg P1140816.jpg

かなり昔からあるお店のようだけど、私はこの日が初めて。

小籠包とかスープ入りの包子ってやつに、
実はあんまり興味がないんだろうな、きっと。
あれ?でも生煎は好きだなあ。
上海の小楊生煎館なんて上海に行くたびに必ず食べている。
油とゴマのおかげでスープの甘さがうまく中和されるんだろうか?
それとも肉厚の皮のせいかなあ。

だのに、あんなに有名で日本に支店まである南翔小籠包には行っていない。
もぐり?
だって、並ぶだけの価値がどうしても見いだせなくて。

北京でも、鼎泰豊の支店が2店舗あるけど、確か2回しか行っていない。
鼎泰豊の小籠包は確かにおいしい。
でも、いかんせん高すぎる。
それに予約しないと入れないっていうのが面倒くさい。
鼎泰豊の魅力として特に女性が挙げるあのでっかいかき氷系デザートも、
実はそれほど好物ではないので食指が動かない。
さらに小籠包や麺といった粉もの主食の他には野菜炒めくらいしかなくて物足りない。
もともと町の食堂だったからこのメニュー構成だというのは分かるんだけど、
それにしちゃあ高い。
このギャップが自分の中でどうしても消化できないので、足が向かないのだ。

その点、ここはお手軽でいい。
おいしさでは、そりゃあ鼎泰豊にはかなわない。
でも、まあまあアリかな?と思えるくらいはおいしいと思う。

種類は三つ。

P1140831.jpg

蟹黄湯包(xie4huang2 tang1bao1):20元
蟹入りのスープ包子

P1140835.jpg

蟹みそ、結構ぎっしり。

鮮蝦湯包(xian1xia1 tang1bao1):20元
エビ入りスープ包子

P1140836.jpg
(うーん、蟹のと変わらないっすね。)

ちゃんとぶりっとしたエビの歯ごたえも感じられる。

鮮肉湯包(xian1rou4 tang1bao1):15元
豚肉のスープ包子

P1140837.jpg
(ますます区別不能・・・)

オーソドックスに豚肉のみ。
実はこれが一番好み。

私は若干味付けが甘い感じがして数を食べられなかったが、
ご一緒した皆さんはかなり気に入っていたようなので、
きっと個人的な味の好みの問題だろう。

何より、秀水市場から目と鼻の先にあるので、
「秀水で買い物をしたついでに小籠包を食べる」
という観光案内コースとして使えばなかなかポイントが高そうだ。

わざわざ鼎泰豊を予約して行くより、断然敷居が低くて気軽だ。
「どうしても鼎泰豊で小籠包!」
という方を連れてはいけないけれど、
「中国来たし、やっぱ一応小籠包も食べとく?」
という方なら、
気軽に行ける道ばた系の庶民派レストランで小籠包というのもあり、かな。

秀水でちょこっと買い物した帰りに一息つく感覚で小籠包ランチ。
覚えておくと、意外と使えそう。

他に頼んだ料理をざっと。
菜松拌香干(cai4song1 ban4 xiang1gan1):12元/香茜豆腐絲(xiang1qian4 dou4fusi1):10元
P1140817.jpg P1140818.jpg
春菊と薫製豆腐のみじん切り和え/香菜と細切り押し豆腐の和えもの

春菊の、味がなかった。
コックさんが味付けするのを忘れた?

酸辣蕨根粉(suan1la4 jue2gen1fen3):12元/酸辣湯(suan1la4tang1):16元
P1140819.jpg P1140838.jpg
蕨粉ヌードルの酸っぱくて辛いソース和え/サンラータン

あら、スッパ辛コンビ。
蕨粉ヌードルは、かなりニンニクが盛大に入っております。

干鍋土豆刀豆(gan1guo1 tu3dou4 dao1dou4):28元/笋干腊肉(sun3gan1 la4rou4):38元
P1140834.jpg P1140828.jpg
じゃがいもとインゲンの鉄鍋炒め/干し筍とベーコンの炒めもの

どちらもまずまず。
ただしベーコンからかなりしっかりめに塩分が出ているので、
薄味好みの方にはしょっぱいかも。

春蚕銀杏(chun1can2 yin2xing4):28元
空豆と銀杏の炒めもの

P1140829.jpg

空豆が旬だけあって、これはなかなかよかった。
隣のテーブルの西洋人客からも、
「この料理なんていう名前?」
と突撃質問を受けたくらい。

この「近くのテーブルで食べているものを自分も頼む」っていうのは、
北京に来た当初オーダーに困った時に私もよく使った手。
うまくいくといろいろ教えてもらえて、「知ってるメニュー」がぐんと充実する。

(たぶん)西芹香干(xi1qin2 xiang1gan1)/油[火悶]笋(you2men4sun3)
(どちらも値段不明。)
P1140839.jpg P1140840.jpg
セロリと薫製豆腐の炒めもの/筍の醤油炒め煮

正直なところ、どれも特別おいしい!という訳ではなくて、そこそこのおいしさ。
湯包と何かをちょっと、という時の参考までに。


■お店情報
阿文湯包(a1wen2 tang1bao1)
P1140814.jpg P1140816.jpg
北京朝陽区光華西里9号楼1階
010-6591-8032
*貴陽大廈のすぐ北の路地を入った左手。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
川崎の南翔小籠包で食べましたが、値段に見合ったものとは到底思えませんでした。皮が肉まんみたいな感じで、なんか違うかなぁと・・・

北京の鼎泰豊は予約必須なんですか?台湾のしか知りませんが、回転が速いからちょっと待つ程度ですけど・・・(お昼とか混む時間は別ですが・・・)

浸けるソースは、香醋に刻み生姜なんでしょうか?ちょと気になる・・・

そらまめが美味しそうですね。緑が美しいです♪
2009/05/03(日) 00:44 | URL | おまつ #mQop/nM.[ 編集]
おまつさんへ
南翔小籠包、川崎にもあるんですか!?
北京の鼎泰豊は、ある程度の人数で夕ご飯どきに行くのなら予約が欠かせないと思います。
あ、でも2店舗出来たから今は少しよくなっているかもしれませんね。
タレは香醋に針生姜だったと思います、確か。
老陳醋ではなかったような。
不確かでごめんなさい。
何しろ行かないもんでよく分からないのです・・・

空豆、おいしかったです。
欲を言えば百合根がもっと入ってたら、さらにうれしかったですけど、それは贅沢かな。


2009/05/03(日) 01:27 | URL | ayazi #-[ 編集]
あれ?
上海にいらしたとき、なぜ南翔にお連れしなかったんでしょう??すっかりご経験済みだと思い込んでいたのかな??
私見ですが、鼎泰豊にあの超絶不可解な値段を払うなら、南翔に並ぶ価値は十分にありと保証致しますよ。ちなみに南翔にはずらりと並んでいる1階売り場の他に2~3階席があります。そちらはそれほど並びませんし、味は1階より良くなります。その分、多少値段は上がりますが、それでも値段は鼎泰豊より遥かに安いですよ。
次回の上海出張時は是非(笑)
2009/05/09(土) 00:43 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
これだけ中国にいるのに南翔を未経験っていうのもあんまりないケースだったでしょうか。
これぞ盲点ってやつですね。
日本の南翔に行くつもりはさらさらありませんが、上海の本店はやはり一度は行ってみたいと正直思っています。
2~3階がねらい目ですね。
こちらも次回の出張時に試してみます!(って言っても並ぶとなると一人だとやっぱり気後れするというか、腰が重いですねえ。)
2009/05/09(土) 01:45 | URL | ayazi #-[ 編集]
蛇足カモですが・・・
夜中についつい見ちゃったので、一人deショウロンポウ情報を追加します・・・(笑)

もし、平日お昼かつ早め(11時頃)にお時間が空くようでしたら、3階であればほぼ並ばずにいけることも多いです。
3階は、並ぶ列は1つなのですが、フロアが最低消費の決まっているエリアと、決まっていないエリアに分かれており(順番が回ってくる頃、店員にどっちが良いか聞かれます)、大人数の人は最低消費設定エリアに行くことも多いので、少々並んでいても比較的すぐに順番が来ますよ~(多分・・・)。
3階の方が2階よりもラインアップが若干多いですし(蟹粉、蟹黄、鮮肉と、ビッグサイズにした「灌湯包」)、おすすめです。
お一人様、やったのがバレちゃいますが・・・。
2009/05/09(土) 04:00 | URL | 連れ。 #-[ 編集]
上海の南翔小籠包は土産話程度で・・ 庶民の佳佳小籠包の全蟹小籠包はかなりやばいです^^;
(値段もすごいですが・・)

2009/05/09(土) 14:22 | URL | ww #mQop/nM.[ 編集]
連れ。さんへ
詳細な「一人deショウロンポウ」情報、感謝です!
「並ばずにいけることも多い」?
これはかなりの回数足を運んでいらっしゃいますね?
平日お昼の早めの時間に3階で!がコツですね。
って、出張じゃ無理そうだあ・・・
2009/05/10(日) 00:31 | URL | ayazi #-[ 編集]
wwさんへ
佳佳小籠包の全蟹小籠包、「かなりやばい」=いけてるってことですか?
これは小籠包だけで食べ歩きが終わってしまいそうな勢いですね・・・
2009/05/10(日) 00:51 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。