【科力淮揚村】淮揚菜品嘗会

【科力淮揚村】淮揚菜品嘗会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

淮揚菜あれこれ
淮揚菜品嘗会(huan2yang2cai4 pin3chang2hui4)
P1140768.jpg
【データ】とき:4月18日/ところ:麦子店・科力淮揚村/ねだん:記事参照(でも初出のものはチェック忘れました・・・)

「茶旅人」Sさんが主宰されている茶話会の流れでやっているローカルグルメ会。
今回のテーマは、淮揚菜。

淮揚菜(huai2yang2cai4)は、淮安(huai2an1)と揚州(yang2zhou1)の料理のこと。
江蘇料理の仲間に入る。
日本人がイメージする上海料理あたりがまあ近いと言えば近いだろうか。

この淮揚菜は、中国四大菜系(zhong1guo2 si4da4 cai4xi4)、
つまり中国の四大料理体系の一つ。
数ある中華料理の系統の中でも、とびきり伝統的で由緒正しい(?)料理体系だ。

ちなみに四大菜系は、この四種類の料理を言う。
・川菜(chuan1cai4)=四川料理
・粤菜(yue4cai4)=広東料理
・魯菜(lu3cai4)=山東料理
・淮揚菜(huai2yang1cai4)

その淮揚菜を大人数でいろいろ食べちゃおう!というのが今回のテーマ。
まずは前菜から。

淮揚素脆鱔(huai2yang2 su4cui4shan4):22元
細切り椎茸のフライ鰻風

P1120334.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】淮揚素脆鱔

蝦[米子]平(xia1zi3 ping2gu1):18元
ヒラタケの煮染め・蛯子風味
P1140233.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】蝦[米子]平

蘇北小菜(su1bei3 xiao3cai4):16元
江蘇北部風野菜の和えもの

P1140234.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】蘇北小菜

これ、ホントはナズナなんだろうけど、やっぱり香菜だったような気もするなあ。

杭椒牛柳(hang2jiao1 niu2liu3):?元
牛肉と杭州シシトウの炒めもの

P1140754.jpg

杭椒(hang2jiao1)は、杭州産の細長いシシトウみたいな野菜。
尖椒(jian1jiao1)より辛いのに当たる率高し。
というより、まず間違いなく辛い。
牛柳(niu2liu3)は、牛ヒレ肉。
特に細切りになってる状態のものを指す(と思う)。

肉質もやわらかいし、しっかり下味がついていてなかなか美味。
ただし、飾り付けは微妙。
P1140755.jpg

大燙干絲(da4tang4gan1si1):38元
細切り押し豆腐の温かい和えもの

P1140758.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】淮揚菜

テーブルに持ってきてから、店員さんがたれと混ぜ混ぜしてくれる。
混ぜ混ぜ後。
P1140760.jpg

これ、かなり好評。
キュウリのQちゃん風味だもんな、納得。

響油鱔糊(xiang3you2 shan4hu2):?元
田鰻のうま煮

P1140759.jpg

これも大好評。
しょっぱすぎず、油っぽすぎず、ほどよい味加減だった。

淮安平橋豆腐(huai2an1ping2qiao2dou4fu):28元
平橋風・豆腐のスープ仕立て

P1140762.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】淮揚菜

関口知宏さんが「中国鉄道大紀行」で食べていた平橋豆腐。
前回食べた時は実に美味だったのだが、今回は今イチ。
がっかり。

鴨油西葫(ya1you2 xi1hu2):22元
西葫蘆のダックオイル炒め
P1140764.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】鴨油西葫

蘆蒿炒笋干香干(lu2hao1 chao3 sun3gan1xiang1gan1):?元
リーハオと干し豆腐の炒めもの

P1140766.jpg

ここのメニューでは蘆蒿(lu2hao1)となっていたけど、藜蒿(li2hao1)のこと。
うどと芹の風味のある、細ーいアスパラみたいな野菜。
大好きな中国野菜の一つ。

そこにこれも大好物の干し筍が合わさったのだからたまらない。
(干し筍ではなく、干し豆腐でした。
 後日食べたのが干し筍だったので、混同してしまいました。2009/6/25訂正)

これ、たぶん私が一番食べました。

金陵鴨血粉絲(jin1ling2 ya1xue3 fen3si1):38元
鴨血豆腐と春雨のスープ煮込み

P1140767.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】金陵鴨血粉絲

これも大好評。
鴨血は苦手だけどここのは大丈夫という声もあった。

ザーサイの酸味がポイント。

科力油淋鶏(ke1li4 you2lin2ji1):56元
科力風パリパリ鶏の唐揚げ・香味ソース(ユーリンチー)

P1140770.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】油淋鶏

席を押さえる時に一緒に予約した油淋鶏。
たっぷり30分かかって、満を持しての登場。

P1140772.jpg

お子ちゃんたちにも大人気。
よかったー、気に入ってもらえて。
おばちゃんはほっとしたよ。

最後に主食を2種類。

揚州炒飯(yang2zhou1 chao3fan4):?元
揚州風チャーハン

P1140775.jpg

これまた大人気。
ザ・チャーハンとも言うべき、揚州風チャーハン。

ところで、揚州チャーハンの定義ってなんだろう?
ここのは卵チャーハンだけど、五目のところもあるなあ。
そのうちじっくり調べてみよっと。

陽春麺(yang2chun1mian4):4元
江南風素うどん

P1140779.jpg

▼詳細はこちらの過去記事で。
【科力淮揚村】淮揚菜
(↑なんでこの麺が「陽春麺」なのかは、この過去記事をどうぞ。)

前回アップした時に比べると、麺が手打ち風になり、スープが胡椒風味になっていた。
チキンラーメン度はやや低下。
でもやっぱり大人気。

以前グルメ会をやった潮汕小館の潮州料理も日本人ウケする中華料理だが、
この淮揚菜もすこぶる日本人の口に合う。

この日参加された皆さんからも、
「おいしいこれ!」
「これ好き!」
という声が二つの円卓のあちこちから上がった。

Sさんなど、
「やっぱりこういうのがいいですねえ。北京はダメですな。」
と、北京ローカルグルメにダメ出しまで。

くうう。
でもね、粗野でおおざっぱな北京のローカルグルメだって、おいしいんですっ!
そりゃあ、多くの日本人が好むのは南のほうの料理だってことは認めるけど、
こういう地方のお料理がほぼ現地の味で楽しめるのは
首都北京ならではの醍醐味だと考えれば、
これもやっぱり北京の魅力ってことになるのでは?

ねっ?ねっ?


▼これまでの「科力淮揚村」関連エントリー:
【科力淮揚村】淮揚菜
【科力淮揚村】淮揚素脆鱔
【科力淮揚村】鴨油西葫
【科力淮揚村】生煎三黄鶏
【科力淮揚村】蝦[米子]平
【科力淮揚村】蘇北小菜
【科力淮揚村】金陵鴨血粉絲
【科力淮揚村】油淋鶏


■お店情報
科力淮揚村(永安店)
朝陽区農展館北路甲5号
6501-1188(内)2844または2847
*永安賓館の2階です。
 永安賓館は、農展館北路と麦子店路の交差点の東南角にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。