【潮汕小館】老火例湯

【潮汕小館】老火例湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日のスープ(冬瓜と地鶏)
老火例湯(lao3huo3 li4tang1)
P1140609.jpg
【データ】とき:4月3日/ところ:関東店南街・潮汕小館/ねだん:48元

この日、友人は車だったので、お酒は抜き。
私もつきあってアルコールは抜きにしてみた。

食前と食後に工夫茶は出たが、
アルコール(お茶)がわりにスープを頼んだ。

老火(lao3huo3)は、とろ火でことこととじっくり煮込むこと。
例湯(li4tang1)は、本日のスープとか日替わりスープ。
どちらもおそらく、広東語(もしくは南方方言)の言い方で、
共通語の語彙にはなかった(と思う)。
埋単(mai2dan1)とか打的(da3di4)と同じで、広東語からの流用だろうな。

薄味であっさりとしたスープは、まさに飲み物代わりにぴったり。
じっくり煮込まれてとろとろになった冬瓜も、
身体にも気持ちにもやさしい風情でほっとする。

P1140610.jpg

そんな私たちの隣のテーブルに、赤ワインが置いてあった。
注文の主は、男性二人、女性一人の中国人のお客さん。
料理を食べ、会話を楽しみながら、
ゆっくり、ゆっくり、少しずつ赤ワインを飲んでいた。

ここ数年で、中国人は赤ワインをよく飲むようになった。
一昔前は渋みが嫌われたのか
スプライトとレモンスライスと氷を入れて飲むのが定番だったが、
最近はそんなこともなくなってきた。

ワインと言えばお砂糖の入った甘いタイプが主流だったのが、
最近は甘味の加わっていない普通にイメージするところのワイン、
「干紅(gan1hong2)=赤ワイン」、「干白(gan1bai2)=白ワイン」が増えた。
ローカルブランドの味も、かなりよくなってきたように思う。

赤はおめでたい色なので、
パーティや宴会の席での乾杯もシャンパンではなくて赤ワインが好まれる。
「乾杯におあつらえ向きのめでたい赤の液体」
くらいにしか思われていない節は確かにあって、
白酒がわりに赤ワインで一気なんていう人もいるようだが、
この日のお隣りさんは、
少しずつゆっくりとワインを楽しんでいた。

中国人と赤ワインの関係。
まだまだだと言う人もいるけれど、
それでも一時期に比べればずいぶん洗練されてきた。

でも、「まだまだ」の中から違いの分かる人が育つ訳だし、
考えてみれば日本だってワインは赤玉パンチから入門だった人もいる訳だし(<私)。

評価基準をどこの時代に置くかによって、現状の評価は変わってくる。
公共道徳もしかり。
私は何しろ評価の基点が1988年だから、
もうなんでもかんでも格段の進歩!になってしまう。

値上がりしそうなワインはほとんど中国人に買い占められていると聞く。
今は単なる投機目的かもしれないけれど、
そのうち味の分かるワイン通がたくさん出てくるかもしれない。


▼過去の潮汕小館関連記事:
【潮汕小館】潮州菜
【潮汕小館】魚飯
【潮汕小館】普寧炸豆腐
【潮汕小館】牛肉丸河粉湯
【潮汕小館】潮州特色菜
【潮汕小館】清遠鶏
【潮汕小館】油泡角螺片
【潮汕小館】干炒牛河


■お店情報
潮汕小館
P1120825.jpg
朝陽区関東店南街2号
010-6561-0693
旺座大廈北配楼1階
*ケリーセンターの北側。
  ケリーセンターの西にある通り(関東店南街)を北上し、一つ目の交差点を越えてすぐ右側。
  譚氏官府菜の右隣にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。