【老張餃子屋】老張豆醤

【老張餃子屋】老張豆醤
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

張さんちの煮こごり
老張豆醤(lao3zhang1 dou4jiang4)
P1140415.jpg
【データ】とき:3月21日/ところ:将台路・老張餃子屋/ねだん:10元

「豆醤もオススメですよ。」
と言われて頼んだのがこの老張豆醤(lao3zhang1 dou4jiang4)
厚揚げや大豆の入った豚皮の煮こごりだ。

▼過去に登場した豆醤:
【皇城根[衣荅][衣連]火焼】豆醤
【北平居菜館】木須肉(豆醤も脇役で登場)
【潮汕小館】魚飯(これはちょっと毛色の違った、というか別物の豆醤)

他のお店で頼むと、胡羅卜(hu2luo2bo)=ニンジンが入っていることが多いのだが、
ここはただの羅卜(luo2bo)=大根入りだ。

赤いサイコロが散らばったようで彩りのいいニンジンと比べると、
醤油の染みた茶色い大根は見た目では大きく引けを取る。

でも、よくよく煮込まれてやわらかくなった大根の旨さは、
日本人ならおなじみの味覚。
田舎のおばあちゃんが作ってくれたお煮染めみたいで、懐かしい。

「これ、確かにおいしいですね!」
と言うと、女将さんがはにかむように笑った。

煮こごり自体も、かなりぷるぷる。
気をつけて箸でそおっとつままないと、ほろほろと崩れてしまう。

「この加減がむずかしいんですよ。」
と女将さん。

上にのっかている青みのかかったニンニクは、腊八蒜(la4basuan4)。
P1140420.jpg

▼腊八蒜については、こちらをどうぞ。
【圓鑫餐館】腊八蒜

漬け込んだお酢をかけると爽やかさが増す。
腊八蒜は餃子のお伴にも最適。

最後にシメで砂鍋豆腐(sya1guo1 dou4fu)。
P1140428.jpg

確か10元くらいだったと思う。
スープがわりに。

老張餃子屋、通りに面していなくて目立たないけど、
地元っ子に愛されているおいしい餃子屋さん。
ご近所に住んでいる方は、一度足を運んではいかがでしょう?


■お店情報
老張餃子屋
P1140413.jpg
朝陽区高家園小区内
010-6436-5959
*ホリディ・イン・リドの北側。通りを挟んで向かい側の団地の中にあります。
P1140433.jpg
 この入り口から入って左側です。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。