【旺順閣魚頭泡餅】茶樹乳鴿湯

【旺順閣魚頭泡餅】茶樹乳鴿湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

茶樹茸とハトのスープ
茶樹乳鴿湯(cha2shu4gu1 ru3ge1 tang1)
P1140258.jpg
【データ】とき:3月7日/ところ:東直門外・旺順閣魚頭泡餅/ねだん:?(確認忘れ)

メニュー名はうろ覚え。
もしかしたら正確ではないかもしれないけど、たぶんこんな感じ。

茶樹(cha2shu4gu1)は福建や雲南などで産するキノコ。
その名の通り、お茶の木の下に生えるんだそうだ。
一般名称かどうか分からないが、「茶樹茸」というのネットで見つけたので拝借。
一部「茶樹きのこ」、「茶の木たけ」という名前も使われているらしい。

かの道場六三郎さんもその旨味を大絶賛しているそうだ。
なんか、日本では「不老長生の幻のきのこ」とかいう冠をかぶせて健康食品扱いだったり、
「茶樹きのこダイエット」なるダイエット法まであるらしい。

形状は、しめじの軸をみよーーんと長く伸ばした感じ。
たいていは乾燥もので、スープや煮物、炒めものに使われる。
雲南省など産地に行けば、
生の状態を炒めたものや、お鍋の具材にしたものが食べられるが、
産地以外では生の茶樹は稀少品だ。

私は雲南省の駐京弁レストランで、生の茶樹をアルミホイルに包んで焼いた
錫包茶樹(xi1bao1 cha2shu4gu1)というのを食べたことがある。
軸の部分のシャキシャキした食感がとても軽快で美味だった。

このスープは、乾燥させた茶樹と小鳩を煮込んだもの。
茶樹から出る出汁と、ハト独特のほの甘い旨味がたっぷり。

ハトと言えば、今でも忘れがたいのが安徽省の駐京弁レストランのこのスープ
山芋とハト肉が絶妙にマッチしていて実に美味だった。

安徽省駐京弁レストランのハトスープはかなり濃い口のどっしりしたスープだったが、
旺順閣魚頭泡餅のこのスープは飲み口がとてもあっさりしていて、爽やかだった。

同じハトのスープでも、こんなに表情が違うなんて。
面白い。

ただしこのスープ、お目々を閉じたハトちゃんが
スープの中で深く静かな眠りについていらっしゃるので、
そういうのが苦手な方にはオススメできない。
(なので苦手な方は、ここまでで読了されることをオススメします。)
  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓
P1140253.jpg

しかもお碗に取り分けた後に、お肉だけ取り出して別皿に盛りつけるなんていう
苦手な方にはダメ押しの余計なお世話(?)的なサービスまであるので、
お気をつけて。

P1140259.jpg

ちゃんとお肉を食べる用の調味だれまでついてくる。
まあ、旨味はスープに溶け出しちゃってるので、あくまでおまけ。


■お店情報
旺順閣魚頭泡餅(東直門店)
朝陽区東直門外大街新中街甲2号
010-5120-3232
*東直門外にあります。
東直門を背にして東直門大街を東方向へ向かうと右手、道の南側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。