【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】広西菜

【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】広西菜
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

広西料理
広西菜(guang3xi1cai4)
P1140190.jpg
【データ】とき:3月2日/ところ:双花園・広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)/ねだん:記事参照

月曜美食会で、広西チワン族自治区の料理を食べに広西駐京弁餐廳へ。
このお店、国際貿易センターからほんのちょっと南に下ったところにあるのだが、
あんまりその存在を知られていない。
実際、以前このすぐ近くに住んでいた美食会メンバーも
「こんなのあったなんて知らなかった!」
と言う人が複数。
割りと近いのに、穴場なレストランだ。

店内はおしゃれでもすごく清潔でもなく、
ほどよく場末感があるのがB級びいき心をくすぐる。
でも、広西出身の(と思われる)店員さんたちはとても親切で、
行き届きはしないまでも好感が持てて気持ちがいい。

お料理もちょっと毛色の変わったものがあって、
普通の中華に厭き気味の時に食べると新鮮。
そのせいか、美食会メンバーの食いっぷりも絶好調。

冒頭の食前写真(再掲)
P1140190.jpg

                           ↓

P1140194.jpg

                           ↓

P1140201.jpg
きれいさっぱり!!

さてもさても、まずよく食べたこと!
では、その食べっぷりを順を追ってどうぞ。

芥末拌地耳(jie4mo4 ban4 di4er3):10元
キクラゲのわさび風味和え
P1140172.jpg

キクラゲは木耳(mu4er3)なんだけど、ここでは地耳。
広西あたりではこう言うんだろうか。
あるいはキクラゲとはまた別のもの?
確かに、普通のキクラゲより肉厚でコリコリとしっかりした歯ごたえだった。

白斬檸檬鴨(bai3zhan3 ning2mng2ji1):30元(1/2羽)
レモン・ダック
P1140176.jpg

レモン風味の骨付きダック肉。
なんとなーくあったかいのがまた不思議。

南寧酸泡菜(nan2ning2 suan1 pao4cai4):8元
南寧風大根の漬け物
P1140179.jpg

好評。
なんちゃってキムチ風。
北京に住んでいる方は、
韓国系ファーストフードに付け合わせに出てくる大根のキムチ風漬け物を
想像してくだされば、ほぼそれです。

酸笋炒仔腸(suan1sun3 chao3 zai3chang2):28元
発酵タケノコとコブクロの炒めもの
P1140171.jpg

記念すべき臭臭同盟北京支部の第一回会合で食べた臭臭アイテム。
発酵したタケノコの風味が、臭いと言えばまあ臭い。
ゴリンゴリンのコブクロと合わせるのは広西の定番料理らしい。

酸笋[火悶]鶏(suan1sun3 men4 ji1):38元
発酵タケノコと骨付き鶏肉の鉄鍋炒め煮
P1140174.jpg

これも臭臭同盟の集まりで食べた

しかし、今回は前回と違うオプションも。
ある程度食べ進んでから生のレタスをもらって鍋に投入、
しんなりしたところをいただいた。

P1140195.jpg P1140196.jpg

レタスは生よりほんのちょっと火を通したほうが断然おいしい。
P1140197.jpg

蒜蓉芥菜(suan4rong2 jie4cai4):10元代
芥菜のニンニク炒め
P1140182.jpg

野菜は何があるか聞いてみたら、芥菜があった。
芥菜は南方の野菜で、ほんの少しだけカラシナのような辛味(苦み)がある。
私は蓋菜(gai4cai4)と同じものかなと思っているのだが、
さてどうだろう。

酸辣魔芋絲(suan1la4 mo2yu4 si1):20元
糸こんにゃくのスープ煮込み
P1140180.jpg

これ、つまり糸こん?
日本向けのパック入りのヤツ、使った?
あんまり広西っぽくなくて拍子抜け。

酸辣(suan1la4)ってことだけど、ほとんど辛さはない。
ほんのちょっと、薄荷のようなスーッとした感じがあって面白かった。

豚紅炒肉末(zhu1hong2 chao3 rou4mo4):?元
豚の血豆腐と挽肉の炒めもの
P1140183.jpg

韮菜煎豚紅を頼んだら、ニラがおしまいとのこと。
他に豚紅を使った料理は何があるか聞いてみたら、
「挽肉と一緒に炒めたらどうでしょう?」
と勧められたので、試してみた。

これが爆ヒット!
豚の血と豚挽き肉なんて、どんだけ豚づくしなんだ。
ぶりむに豚紅の旨さは言うまでもなかったが、
特筆すべきはむしろ挽肉。
この挽肉が実にうまかった。

次に行ったら、挽肉を使った料理を何か頼んでみよう、と心に刻む。

京族脆皮鱸魚(jing1zu2 cui4pi2 lu2yu2):58元
京族風鱸のパリパリ姿揚げ
P1140185.jpg

広西チワン族自治区に住む少数民族「キン族」風の魚料理。
魚はスズキ。
スズキを丸ごと、皮がパリッパリになるくらいしっかり揚げて、たれをかけてある。

これ、一番人気。
魚を丸ごと一尾って持てあましてしまって、
ほんのちょっと身をむしって食べた後は、
お腹や背中をかじられたお頭つきの魚がテーブルの上にさみしく残っていたりする。
が、この日は例外。
あれよあれよという間に骨ごときれいになくなってしまった。

後で調べたら、キン族はニョクマムを調味料に使うらしい。
そう言われてみれば確かに、そんな風味があったかも。
大好きな発酵系調味料、豆[豆支]も入っている。

鴨黄香芋条(ya1huang2 xiang1yu4 tiao2):25元
タロイモのフライ・塩漬けダック卵の黄身風味
P1140191.jpg

この塩漬けダック卵の黄身をまぶした野菜の揚げものは
カボチャで作ることが多い。
今回はタロイモというのが珍しくて注文。

一口食べて、
「むん?微妙・・・」
と思ったのだけれど、
二口、三口食べるうちに
「はぬ?うまいかも・・・」
と思い始めた。
最後は病みつきに。

桂林米粉(gui4lin2 mi3fen3):5元(だったような)
P1140198.jpg

シメはやっぱりこれ。
前回食べた時よりも汁っぽかった。
http://ayazi.blog75.fc2.com/blog-entry-352.html
そしてちょっと味が濃かった。
しかしお味自体はとてもよい。

辛いタレをのっけてしまうと、塩気もいっぱいなので控えめに。
P1140200.jpg

ああよく食べた。
女子限定の月曜美食会ならでは。
こんな豪快な食いっぷりは、とても殿方には見せられませんわ。
おーほほほほ。


▼これまでの広西省駐京弁餐廳(広福縁酒家)関連エントリー:
【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】酸笋燜鶏
【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】桂北醋香鶏
【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】韮菜煎猪紅
【広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)】桂林米粉


■お店情報
広西駐京弁餐廳(広福縁酒家)
朝陽区東三環中路双花園南里6号(桂京賓館1階)
010-67760911-700
*国貿橋から東三環を南下し、線路をくぐってちょっと行ったところ。
道の右手(西)側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。