【麻辣香鍋(老北京春餅)】疙瘩湯

【麻辣香鍋(老北京春餅)】疙瘩湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中華風すいとん(おできスープ)
疙瘩湯(ge1da tang1)
P1140080.jpg
【データ】とき:2月25日/ところ:東直門内大街・麻辣香鍋(老北京春餅)/ねだん:

何度も登場しているし、まさにこのお店のものをアップ済みでもあるのだけれど、
写真が割とよく撮れたので再掲。

▼以前、不思議なヨーギーの先輩とご一緒した時の疙瘩湯
【麻辣香鍋】疙瘩湯

麻辣香鍋と春餅でおなかいっぱいのはずなのに、
これを飲まないとなんか締まらない感じがしてしまう。

▼春餅についてはこちらでどうぞ。
【北京の食文化】今日は春餅を食べる日!

スープと言ってもかなりすいとんみたいな粉玉が入っているので、
これだけで結構なボリュームだってのに。

P1140084.jpg

ところで、疙瘩湯ってどうしてトマト卵味なんだろう。
炒疙瘩だとニンニク醤油味なのに、
スープになると判で押したようにトマトと卵と青菜入り。
しかもこれ、ケチャップが味のベースだよな。

疙瘩湯の歴史は、あまり長くないのかもしれないな。
今度じっくり調べてみよう。
(と、今回はお茶を濁して、記事おしまい。)


■お店情報
麻辣香鍋
東城区東直門内大街156号
010-6401-5063
*東直門から鬼街を西方向へ進み、
 一つめの交差点(信号では二つめ)を越えてしばらく行ったところ。
 道の南側にあります。
 (お店の名前は「麻辣香鍋」ですが、 入り口の上に「老北京春餅」と書いてあります。)

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。