【龍順園麻辣香鍋・和平里店】麻辣香鍋

【龍順園麻辣香鍋・和平里店】麻辣香鍋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

激辛大鍋炒め
麻辣香鍋(ma2la4 xiang1guo1)
P1130925.jpg
【データ】とき:2月16日/ところ:光煕門・龍順園麻辣香鍋・和平里店/ねだん:記事参照

あまあまレンコンの助けが必要だったのは、これ。
麻辣香鍋(ma2la4 xiang1guo1)だ。

麻辣香鍋はここ数年大流行中の「鍋もの」。
「鍋もの」と「」つきにしたのは、普通のお鍋のように出汁で煮込んだり
しゃぶしゃぶにして食べるのではなくて、
「麻辣(ma2la4)」味の調味料でいろんな具材をいっしょくたに炒めたものを
ドッカーンと大きな鍋に盛りつけて出す料理だからだ。
お客が好みの具材を選ぶことができるあたりが鍋ものっぽいので、
大皿の炒めものというよりはお鍋のイメージのほうがしっくりくる。
それでカテゴリーも半ば強引に「火鍋」に入れてしまった。

もともとは重慶のほうの田舎料理だそうだ。
要はめんどくさいからみんな一緒に炒めちゃいました、ってことなんだろうな。
家庭料理というか、賄い料理というか、そんな気取らない素朴な料理だ。

流行っているだけあって、市内にはそれこそ山ほど麻辣香鍋の店があるが、
北京っ子の一押しがこの龍順園麻辣香鍋だ。
以前アジア村にある支店に行ったことがある。
今回行ったのは新しくできた和平里店のほうだ。

龍順園の売りは、17種類ものスパイスをブレンドした調味料。
他のお店に比べるとやや汁っぽくて、複雑で深い味わいがある。
この調味料代、つまり「鍋底費(guo1di3fei4)=ベースの調味料」が18元。

さて、今回は総勢8名。
麻辣香鍋のステンレス鍋もこんなに巨大。
P1130924.jpg
横に置いたのはウェットティッシュ。

頼んだ具材は上から時計回りに、
P1130926.jpg
鶏翅中(ji1chi4zhong1)=手羽中:23元
地耳(di4er3)=キクラゲ(木耳よりぶりぶりした天然っぽいの):12元
青笋(qing1sun3)=ウオスン(セルタス、ケルン):13元
干豆皮(gan1dou4pi2)=中国湯葉(シート状):14元
(前の記事では「押し豆腐」って書いてたけど、こりゃ湯葉ですな。)
寛粉(kuan1fen3)=幅広春雨:10元
白菜(bai2cai4)=白菜:6元
生菜(sheng1cai4=レタス):6元
腐竹(fu3zhu2)=中国湯葉(棒状):12元
蓮藕(lian2ou3)=レンコン:12元
金針(jin1zhen1gu1)=エノキ:15元
午餐肉(wu3can1rou4)=ランチョンミート:20元

それから、
P1130928.jpg
平(ping2gu1)=ヒラタケ:13元
西芹(xi1qin2)=セロリ(茎細め):11元
いや、これウオスンだったかも・・・(汗)

今回も微辣(wei1la4)にしてみたんだけど、いや、やっぱ辛いね、これ!
たまらず癒しのお粥を頼む。

トウモロコシ粥
P1130927.jpg

ところが、前回はオアシスとして強力な威力を発揮したこのお粥が、
てんで癒しにならなかった。
理由は簡単。
熱かったから。

麻辣香鍋の癒しには、ぬるぬるのお粥をどうぞ。


■お店情報
龍順園麻辣香鍋・和平里店
朝陽区北三環東路12号
010-8425-2295
*地下鉄13号線光煕門駅から徒歩3分。
駅改札右手に出ると見える漢庭連鎖酒店というホテルのすぐ向こう側(西側)。

*他にも支店多数。
龍順園麻辣香鍋・亜運村分店
(long2shun4yuan2 ma2la4 xiang1guo1・ya4yun2cun1fen1dian4)
亜運村安慧里東側
010-6481-0510
P1100592.jpg

*北辰購物中心のある交差点から東へ600m行ったところ。
慧忠路と地下鉄5号線の陸橋との交差点の西南側。
*行列を避けたければ、休日のお昼12時前がねらい目。

▼亜運村分店の麻辣香鍋はこちらからどうぞ。
【龍順園麻辣香鍋】麻辣香鍋

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。こちらの鍋の味は蟹老宋香鍋の味に近いのでしょうか?(勝手にayaziさんなら行ったことがあるという想定で質問させていただいておりますが。)なんだかこの鍋と見た目が似ていましたもので。その蟹老宋香鍋に行ったときに僕もayaziさんがしたように中に入っている具を全て取り出して、お皿に並べて写真を撮りました。小肥羊などの火鍋屋さんでもよくやりました。私は今月で会社を退職することになり、懐かしの北京に行こうと思っています。2003年の北京留学以来行きたくても行ってなかったのは1週間やそこらでは却って後ろ髪を引かれる思いで帰国することになると思っていたので今度北京に行く時はまとまった時間が取れた時に行こうと思っていたからです。日本に帰国してからこの店も行って置けば良かったなんてことにならないために今、必死になってこちらのブログを読んで、北京に行ったら行くレストランリストを携帯の画面メモに作って食べ歩きしたいと思っております。。北京に着いたらまず自転車を買います。交通費浮かせたいので。
2010/06/07(月) 01:12 | URL | 北京人 #-[ 編集]
北京人さんへ
麻辣香鍋は香辣蟹とはまた別ものです。
香辣蟹のほうが汁っぽいと思います。
ここのお店のものは割合汁気がありますが、通常は蒸し焼きにしたような感じの炒め上がりです。
それに麻辣香鍋には通常蟹は入りません(入れることもできるかもしれませんが)。
少しでも食べ歩きの参考になれば幸いです。
よいご旅行になりますように!
2010/06/24(木) 01:47 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。