【圓鑫餐館】砂鍋豆腐湯

【圓鑫餐館】砂鍋豆腐湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

白菜と豆腐の土鍋スープ
砂鍋豆腐湯(sha1guo1 dou4fu tang1)
P1130682.jpg
【データ】とき:1月21日/ところ:王府井・圓鑫餐館/ねだん:12元

この日は日本から旅行でいらしたHさんご夫妻との会食。
餃子だの、肉団子だの、キャベツ炒めだのを頼んで、
お腹がそこそこ満たされた後、シメに頼んだのがこのスープ。
土鍋でさっと煮込んだ豆腐と白菜のスープだ。

あまり余計な味がついていないものの、
海米の風味がかなり出ていてベースはしっかりしている。

P1130684.jpg

長いこと香港にはまっていたというHさんご夫妻だが、
最近は北京がお気に入りで、ここ数年は毎年訪れているそうだ。
お二人によると、
「北京はスープがおいしい。」

普段北京にいる私からすると、
香港、というか広東のほうがスープの本場のようなイメージがある。
一回の食事で二種類はスープを飲むというくらいだから、
よっぽどこだわりがあるんだろうに・・・

北京で飲むスープは、拍子抜けするくらい薄味のものが多くて、
「味ないじゃん。」
と思うことも多い。
最近は、他の料理の味が濃いので、
お茶がわりに飲むには薄味のほうが相性がいいと思えるようになったが、
最初は慣れなかった。

具だくさんの砂鍋ものは、それでもちょっとおかず色が強いので
割合しっかり味がついているほうだ。

同じ中華料理でも、違う地域のものを食べ歩いてきた方との会話は楽しい。
自分の中では定説化していたものがぐらついたり、
まったく新しい観点を示唆してもらったり。
マンネリになりがちな中華料理観に風穴が開き、新風が吹き込む。

ついつい、「いつもの味」に落ち着きがちな自分。
視野を広げて、さらなる食いしん坊道に精進しなければ。
決意を新たにしたことだった。

って、大げさだぁ。


▼「圓鑫餐館」関連記事:
【圓鑫餐館】譲人懐念的北京家常菜
【圓鑫餐館】大餡餃子
【圓鑫餐館】小二鍋頭
【圓鑫餐館】腔骨
【圓鑫餐館】煮花生米
【圓鑫餐館】干炸小黄魚
【圓鑫餐館】海米冬瓜
【圓鑫餐館】爛蒜肥腸
【圓鑫餐館】餃子就酒,越喝越有
【圓鑫餐館】拌豆腐絲
【圓鑫餐館】[火倉]炒圓白菜
【圓鑫餐館】砂鍋白菜丸子湯
【圓鑫餐館】[月昔]八蒜
【圓鑫餐館】砂鍋豆腐湯


■お店情報
圓鑫餐館
P1110187.jpg
東城区西堂子胡同(和平飯店北側胡同内)
010-6527-9561/6512-3631
*圓鑫餐館のある西堂子胡同は、
  王府飯店(ペニンシュラ)のある金魚胡同の一本北にあります。
  和平賓館と台湾飯店の間の路地を北に入り、西堂子胡同にぶつかったら右折。
  しばらく歩くと左手に圓鑫餐館の看板が見えてきますよ。



■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
そうるふーど
>まったく新しい観点を示唆しても>らったり。
>マンネリになりがちな中華料理観>に風穴が開き、新風が吹き込む。

おおー、これは、まさに常々私がayaziさんとお話している時に感じていることです。
食友との語り合いは楽しいですよね。

そして、まさに、これこれこれです!砂鍋豆腐湯!(特に、+春雨のもの)
私の北京のソウルフードその5
(トータル幾つあるかは分かりません、笑)。
腊八蒜も、です。
留学時代、きゅっと寒い北京の大好きだった老北京料理の店で
大量に漬けてあったのが思い出され、胸がきゅーんと来ます。
老北京への初恋の味!?です。笑。
2009/03/06(金) 10:17 | URL | もぱぐぅ。 #-[ 編集]
もぱぐぅ。さんへ
はい、食友との語らいは、ほんと楽しいですね。
食べてる間、食べ物のことしか話してないもんなあ。
それでも話題が尽きません。

おー、砂鍋豆腐がソウルフードその5!
(後日じっくり1~4、6以降について語りましょう。)
そして腊八蒜が老北京初恋の味?
しぶいですなあ。

またおいしいものを食べながらおいしいものについて語り尽くしたいですね。
2009/03/06(金) 20:34 | URL | ayazi #-[ 編集]
この時はお世話になりました。
みれんの旦那でございます。
食と言うのは、面白いもので 場所も人も代われば評価も味付けも変わっちゃいますからねぇ。
チャーハンだって 北京の人の評価はイマイチっぽいですけど、私的には、かなり行けてるんですけどね。日本と同じうるち米で作ってるチャーハンとしてはカナリ美味しいと思います。香港のチャーハンはタイ米なのでパラパラでいい感じですが、いかんせん香りがタイ米ですから、好みが出ますしね。
また 北京に行ったときは、ご飯食べに行きましょう。
2009/03/07(土) 23:36 | URL | 旺角 #-[ 編集]
旺角さんへ
先日はみれんさん、旺角さんと食事をご一緒できて楽しいひとときでした。
おみやげありがとうございました!おいしくいただきました。

私は北京のチャーハンがあまり好きではなくて、タイ米のチャーハン派。
あの香りが大好きなもので。
北京は米の炊き方自体が納得できなくて、芯が残ったり水っぽいことが多いんです。

そんなこんなも含め、また食事をしながらいろいろとお話できるといいですね。
食は究極のところ個人的な行為ですけれど、交流がなかったら寂しい行為になってしまいますものね。

2009/03/08(日) 01:59 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。