【時尚258広場内小吃城】麻辣タン

【時尚258広場内小吃城】麻辣タン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マーラータン
麻辣烫(ma2la4tang4)
P1130669.jpg
【データ】とき:1月20日/ところ:麦子店・時尚258広場内小吃城/ねだん:10元代だった・・・かな?

「四川風の串刺しおでん」。
うーん、こう呼ぶのはさすがに苦しいかな。

麻辣烫(ma2la4tang4)は串刺しになった具を
辛くてピリピリするスープでさっと煮にしたもの。
食事というよりも、ちょっとした小腹満たしに食べるスナック、軽食だ。

「麻(ma2)=山椒のピリピリした刺激」、
「辣(la4)=辛い」、
「烫(tang4)=チリチリで火傷するくらい熱い」
が名前の由来。

でもおどろおどろしい名前ほどには辛くないし、ピリピリ刺激もない。
いや、これは北京滞在歴が長くて辛い物耐性の高いayaziの言うことだから
差し引いて聞く必要があるかも?
最近どうも、「北京舌」、「B級グルメ舌」になっているような気もする。
たまには小ぎれいでおしゃれな店で高級なもの食べないとダメかしら。

麻辣烫はたいてい屋台で売っているので、
「匂いに抗うのはつらいが、砂埃ブレンドだと分かっていて食べるのはどうしても・・・」
と素通りするのだが、これはフードコートのもの。
怪しいしょぼしょぼフードコートだとは言え、半屋外の[月庄]麻辣烫よりはまし。
[月庄](zang1)は、汚い、汚れている、不潔っていう意味ね。

このフードコート、麦子店にあるローカル系スーパー京客隆の二階、
「時尚258広場」の中にある。
「京客隆の二階?服装市場じゃないの?」
と思われたご近所の方。
チッチッチッ。
あるんだな、その服装委市場の奥の奥に。

やる気のなーいしょぼーい服装市場のテナントの間を抜けていくと、
限りなく怪しいいけてない小吃城が姿を現す。
私はここに小吃城があることだけは知っていたけど、
足を踏み入れたのはこの日が初めて。

老北京、東北、羊肉しゃぶしゃぶなど、結構バラエティーに富んだテナント構成で、
意外にちゃんとしている。
もちろんの麻辣烫の店もある。

P1130667.jpg P1130668.jpg

店頭には具材がずらり。
P1130660.jpg

この中からほしいものを選んで店員さんに注文、
もしくは自分で勝手に選んでお皿に積み上げていくと、
奥にある麻辣スープでしばらく煮込んでくれる。

P1130659.jpg

ここは電気釜みたいなものを使っていたけど、
屋台だと専用の深めのおでん鍋みたいなので煮込む。
ここみたいにあらかじめ具材を選ぶのではなく、
すでに煮込まれたものの中からほしいものを選ぶこともある。
どっちにしても、お会計は串の本数で。

この日頼んだ具材は、
「香(xiang1gu1)=シイタケ」、白菜(bai2cai4)、「[奄鳥]鶉蛋(an1chun2dan4)=うずら卵」、
「豆泡(dou4pao4)=賽の目状の厚揚げ豆腐」、「寛粉(kuan1fen3)=幅広の中華春雨」、
そして油麦菜(you2mai4cai4)

P1130665.jpg P1130662.jpg

まさにちょっとした小腹満たしのために食べたので、これだけでおしまい。

出来上がったら串を外してお皿に盛りつけてくれるので、
好みでニンニクのみじん切りやゴマだれをかけて食べる。

このお店のはちょっとしょっぱかったかな。
最後まで食べきるのが少し辛かった。
一緒に食べた友人によると、いつもはこんなにしょっぱくないとのことなので、
たまたまなのだろう。

麻辣烫、こんなフードコートでなら少なくとも砂埃が入っている心配は減る。
屋台で食べる勇気のない方は、試してみてもいいかもしれない。


■お店情報
時尚258広場内小吃城
麦子店の交差点(永安賓館のある交差点)を朝陽公園方向へ進み、
セブンイレブン向かいの入り口を入ります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」
セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ、ayaziさん。
私、「マーラータン」は「マーラーな湯」だとばっかり思っていました!
東方新天地のフードコートで食べたときは、
洗面器みたいなボウルに具とスープも沢山入っていたから。
「マーラー香鍋」は湯なしで、「マーラータン」は湯ありだと。
2009/03/04(水) 15:21 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
アッチッチ!のタン!なんです。
スープは飲まないですしね。
今回はしょぼいフードコートで食べましたが、やっぱり専門店で食べたいなあ。
屋台じゃないちゃんとした店構えのところも増えてきたので、今度はそこを攻めてみます。
2009/03/04(水) 19:38 | URL | ayazi #-[ 編集]
上海のマーラー湯もスープ仕立てです。逆に、具だけ食べるっていうのにびっくり!
2009/03/07(土) 11:01 | URL | 花猫 #PgtEBqSc[ 編集]
花猫さんへ
おおっ!?
上海ではスープ仕立てで、しかもスープも飲むとな?
私は逆にスープを飲むってことにびっくり!です。
確か成都で食べた時もスープは飲まなかったような・・・
スープも飲むのは上海風?
2009/03/07(土) 12:16 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。